酔いがさめたら、うちに帰ろう。 [DVD] がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご観覧ありがとうございます。★ケース交換済み。レンタルで使用されたDVDを研磨、クリーニングを行いメーカーの許諾を得て販売している正規品です。 ディスクに管理シールが貼られている場合もございますが、 ほとんど傷もなく新品に近い状態でご提供できます。 ★ジャケット付ケースとディスクだけで他付属品等はございません。ご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

酔いがさめたら、うちに帰ろう。 [DVD]

5つ星のうち 4.5 15件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 3,175より 中古品の出品:9¥ 1,134より
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 酔いがさめたら、うちに帰ろう。 [DVD]
  • +
  • 毎日かあさん(通常版) [DVD]
  • +
  • 酒とバラの日々 [DVD]
総額: ¥7,332
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 浅野忠信, 永作博美, 市川実日子, 光石研, 香山美子
  • 監督: 東 陽一
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: バップ
  • 発売日 2011/04/20
  • 時間: 118 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 15件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B004OR0GYU
  • EAN: 4988021135757
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 29,088位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

やっとみつけた、どん底での希望。それは“心の居場所”に帰ること。
「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」DVD&Blu-ray4月20日発売!

★アルコール依存症をのり越えた戦場カメラマン鴨志田穣と別れた妻・西原理恵子。
家族の絆がつむぎだす“大きな愛の物語”。
★浅野忠信と永作博美を迎え「監督として最高に幸せ」、主題歌は忌野清志郎。

監督・脚本は原作に惚れ込んだ巨匠・東陽一。
そして自分勝手だけど憎めない主人公を、日本映画を代表する名優・浅野忠信が圧倒的な存在感で演じきっている。
由紀役の永作博美は女優として鮮烈な輝きを放ち、“母”であり“妻”であることの強さと弱さを見事に体現。
エンディングに高らかに響く、忌野清志郎の歌声は私たちの心に温かく沁みる。
(c)2010シグロ/バップ/ビターズ・エンド

◆特典映像◆
・メイキング「酔いがさめたら、現場に帰ろう。」
・浅野忠信×永作博美 スペシャルインタビュー
・予告編

◆封入特典◆
・16Pブックレット
・西原理恵子イラストポストカード4枚組(劇中に使用した描き下ろしイラスト)
※初回生産分のみ

◆仕様◆
片面2層/カラー/ドルビーデジタル5.1ch&2.0ch/ 16:9ビスタサイズ/本編118分+特典映像
2 枚組(本編+特典ディスク)
バリアフリー仕様
(視覚障害者対応日本語音声ガイド・聴覚障害者対応日本語字幕収録)

◆出演者◆
浅野忠信 永作博美
市川実日子 利重剛 藤岡洋介(子役) 森くれあ(子役) 高田聖子 柊瑠美
  北見敏之 螢雪次朗 光石研 香山美子


◆スタッフ◆
監督・脚本・編集:東 陽一
原作:鴨志田穣「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」(スターツ出版刊)
主題歌:忌野清志郎「誇り高く生きよう」アルバム『夢助』より(ユニバーサル ミュージック)
製作:シグロ バップ ビターズ・エンド
(C)2010シグロ/バップ/ビターズ・エンド

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

人気漫画家・西原理恵子の元夫・鴨志田穣の小説を浅野忠信、永作博美主演で映画化したドラマ。戦場カメラマンの塚原は漫画家の由紀と結婚するが、いつしか酒に溺れてアルコール依存症となり…。特典ディスク付きの2枚組。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

居酒屋で酒を飲む安行、突然意識を失い床に倒れる。『また・あの客だよ』と迷惑そうな店員たち・・・。
その後・帰宅するが、トイレで吐血し救急車で病院へと運ばれる。医師の診断に絶句する安行。

断酒中に入ったすし屋で、一切れの奈良漬を食べたことで、再飲酒が始まってしまう。
最初はビール、そして日本酒とエスカレートし再び意識を失う。そんなことで、アルコール専門病棟へ入院することになった。
アルコール病棟へ入院してから作品は盛り上がる。過去には酒が原因で、妻への暴力、吐血、失神、幻覚を繰り返し、
アルコール依存症の恐ろしさを伝える場面だった。

専門病棟へ入院したことで、ユニークな患者と医師との関係が面白い。
安行を支える妻・由紀と子どもたち。
最初はダメ男でイライラする作品だが、飲まなければよい夫であり父親だ。
専門病棟での治療で回復の希望が見えるが、過去の暴飲酒で内臓はボロボロ状態であり、死のカウントダウンが始まっている。
アルコール依存症の恐ろしさと、その視点から見た作品だった・・・。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/10/2
キャスティングが良かったと思います。
特に浅野忠信さんが素晴らしかったです。
カモちゃんその人が魅力的な方だったのでしょうけれども、浅野さんでなければこの映画は成り立たなかったのではないかと思います。

『酒とバラの日々』のようにアルコール依存症を描いた映画がありますが、この作品は「家族」がより強いテーマであったと思います。
家族の絆から、子供たちが手を離しませんでした。

サイバラさんも出演されていましたよ。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
新作の頃、一度観たのですが、今回、断酒をするつもりで購入しました。
アルコールでシラフでは恥ずかしくて出来ない事でも平気で行い、言ってはイケナイ事でも言ってしまう。このような事は一概に悪いとは言えない。
例えば、アルコールの力で出会いが有ったとか、シラフでは言えない事が言えて気が済んだ、みたいな。しかし、幻覚を見たり、吐血したり(脳と身体が犯される)するほどになっては、もう ”完全な病気” で断酒するか死か、いやもう手遅れかもしれない。そうなる前に、この作品を観てアルコールの怖さを知りましょう。断酒には、良い作品だと思います。
断酒をする為には、夕食の時、何回も何回も見て、頭に焼き付けましょう。
なお、同類作で、 ”毎日かさん” の方は、キョンキョン(小泉今日子)が毎日寝酒をするので、飲みたくなるから眼の毒です。おすすめは、デンゼル・ワシントン主演の ”フライト” が良いです。
PS.バイアフリー音声解説が入っていて音声解説がナカナカ良い、バイアフリー音声解説で観ると、細かなことにも気づき良い!
観終わったら、なんかすご〜くカレーライスが食べたくなっちゃう〜〜〜〜!禁酒20140922
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ストーリーもいいけど、とにかく永作博美がいい。というか断トツの演技力。こんなにうまい役者だったのかと思いました。
当然、星は5個です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ユーモア溢れる微妙な細かい演出がすばらしい。
無駄なカットがなく、時間の省略の仕方も上手い。
ワンシーンワンシーン丹念に作られていました。

回復に向かって行く家族、それが短い時間だからこそ切なく感じました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
かつて、「アジアパー伝」と「鳥頭紀行」シリーズを何冊か読んだことがあります。
そこには、並みならぬ体験を通じて、ボロボロになったからだに、脱力系で、支離滅裂ではあれども、そこにはどこかにふっとこころを解放されたいというゆらぐきもちが描写されていました。
このドラマでのいちばんのお気に入りは、子どもの「おとしゃん」と、素朴に発せられる言葉と、アルコール依存症のおやじを純粋なまなざしで見つめるところです。
おやじも、子どもに優しく、そっと耳を傾けるのです。
グッと熱く、こころに響く瞬間です。
家族は離れ離れの生活ではあっても、いつもこころはひとつにつながっていき、小さな小さなふれあいが、至上のシアワセにつながっていくという感動作です。
あばれまくるというシーンよりも、むしろ自戒する孤独なおやじと、それを優しく包み込む家族のアツい愛情、家族で支えていくところが美しく描かれています。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック