通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
都市型集中豪雨はなぜ起こる? ‾台風でも前線でもな... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに使用感があります。カバーに日焼けがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

都市型集中豪雨はなぜ起こる? ‾台風でも前線でもない大雨の正体‾ (知りたい!サイエンス) 単行本(ソフトカバー) – 2008/9/13

5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,706
¥ 1,706 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 都市型集中豪雨はなぜ起こる? ‾台風でも前線でもない大雨の正体‾ (知りたい!サイエンス)
  • +
  • ヒートアイランドと都市緑化 (気象ブックス)
総額: ¥3,650
ポイントの合計: 89pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

数時間という短い時間に爆発的に降る雨が、東京、大阪など大都市で増えています。2005年9月に東京・杉並を襲った激しい豪雨は記憶に新しいところ。予告なしの大雨は交通を寸断し、都市機能を麻痺させます。大都市の空では何が起こっているのかを、過去の実例を検証しながら、ヒートアイランドや高層ビルによる風の変化なども交えて考察していきます。基本知識として、雲の活動と雨が降るしくみ、台風と前線についても解説、最近気になる地球温暖化による雨の変化についても触れていきます。

内容(「BOOK」データベースより)

さっきまでの快晴が突然の豪雨に。都市を襲う爆発的な豪雨は年々増える一方。なぜ大都市の狭い範囲に集中的に降るのか、その原因を、ヒートアイランドや風の流れ、林立する高層ビルなどとの関係を通じて、探っていく。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 192ページ
  • 出版社: 技術評論社 (2008/9/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4774136212
  • ISBN-13: 978-4774136219
  • 発売日: 2008/9/13
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 691,879位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 θ トップ1000レビュアー 投稿日 2011/5/7
形式: 単行本(ソフトカバー)
最近「ゲリラ型豪雨」と呼ばれる集中豪雨が都市を襲うことが多い。
だが、これは台風や梅雨、通常の大雨とはメカニズムがずいぶんと異なるのだ。
本書はこの「都市型集中豪雨」の謎をわかりやすく解き明かそうとする。

とはいえ、わりと「一般の雨や豪雨の解説」や背景でもある「ヒートアイランド現象の解説」にスペースをとっているという印象だ。
一つ一つはわかりやすいので、上手く本丸に迫っていく印象。
ただ、気象の基礎を知っていると復習になってしまうかもしれない。

大雑把には、「ヒートアイランド」と「海風の収束(複数の方向の海風が一か所に集まる)」によって上昇気流が出来ていることが原因と見られているようだ。
これが練馬付近で起きやすいので、練馬では集中豪雨が起こりやすい。

ただ一つ、巻頭7p(解説p116〜119)で「緑化による温度低下の効果」を示すサーモカメラの写真が出ているのだが、これがあまりよくない。
というのも、緑化前後でサーモカメラに温度と対応させる色をずらしているのだ。
二枚の写真をとった日の温度が違ったということもあるのだろうが、これでは「視覚トリック」と言われても仕方がないような気がした。

そこだけ減点だが、全体としてはコンパクトで読みやすかった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
気象の知識をある程度持っていると、すらすら読めるだろう。この本を読む前に、「図解雑学よくわかる気象のしくみ」を読んでいたので、まあまあ進み具合は良かった。全体的に、科学的な裏付けで勧めていて、エコに偏向していないのが良いと思う。
全8章からで、1-3の章は、台風や過去の集中豪雨の例や説明、6-7章は地球温暖化関連性についてと、防災について。
この本の肝なのが、4章のヒートアイランドと、5章の都市型集中豪雨だと思う。
現状は、この2点に関係があるのではないかという状況なので、決して断定的ではないが、
ヒートアイランドと都市型集中豪雨の関係としくみは、わかりやすく理解できた。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
夏になると新聞紙面を賑わす「ヒートアイランド」「ゲリラ豪雨」などのメカニズムについて判り易く解説した一冊。特に東京において何故集中豪雨が増え続けているのかを、具体例から理解したい人にお薦めの内容。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
近年、東京で多く発生している局地的集中豪雨のメカニズムについて解説してあります。図やグラフも多く、理解しやすいです。
都市型集中豪雨の具体例は東京都が多いですが、他の都市でも考え方は同じだと思うので、都市型集中豪雨に興味・関心がある方はぜひ読まれると面白いと思います。

ヒートアイランドとの関係もよくわかり、今後の都市化について悩まされる本でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
素人の私でもわかりやすくまとめられた本です。文献などをあさる前にこの本をまずは読んだのですが,予備知識を得ることができ,その後の文献調査では思った以上にはかどりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック