この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ピロリ菌検査キット(送料無料・自宅で簡単・胃がん予防・採便シート付き・便中抗原定性検査) 精度が高い検便によるピロリ菌検査

5つ星のうち 4.8 10件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 3,680 通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、郵送検査キットセンターが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
  • ダイレクトにピロリ菌を検出する高精度の抗原検査を抗体検査並みの価格で実施します。
  • 自宅で手軽に検査が可能です。採便容器に便を採取して返送ください。お届けする検査キットは病院で使用するものと同じで、医療機関から届く検体と同じ臨床検査センターで管理検査技師のもと抗原検査を実施、検体到着3営業日後には検査結果をご自宅へ発送します。
  • ピロリ菌が胃粘膜で発がん物質を生成するメカニズムが解明されました。一般的にピロリ菌は胃酸の酸性度が低く無防備な幼少期に感染し、胃粘膜の内側に住みつきます。感染を放置すると30代以降に3割の方が胃潰瘍に8%の感染者が75歳までに胃がんを発症すると見られています。感染者は除菌することで胃がんは予防できます。
  • 感染者はピロリ菌が排泄されるため便を調べればダイレクトにピロリ菌を検出できます。血液や尿による間接的な抗体検査に比べて精度の高い検査です。胃カメラで組織を採取して調べるよりも高感度です。除菌後の再検査で除菌に失敗していた人の10%程度が除菌後の検査で陰性と判定されたために感染を放置されています。以前の呼気検査がアジア型のピロリ菌に対応できていなかった事や抗体検査で済ましてしまった場合があったためです。便中抗原検査は除菌後の2重チェックにも有効です。
  • 大腸がん検査(便潜血検査)とのセット割り・4900円も併せてご検討下さい。

よく一緒に購入されている商品

  • ピロリ菌検査キット(送料無料・自宅で簡単・胃がん予防・採便シート付き・便中抗原定性検査) 精度が高い検便によるピロリ菌検査
  • +
  • 【2名様用】郵送型ピロリ菌検査キット(自宅で簡単・胃がんリスクチェック・簡単で失敗しない検便検査)
総額: ¥10,070
選択された商品をまとめて購入


商品の情報

詳細情報
商品重量40.8 g
梱包サイズ23 x 1.6 x 16.5 cm
  
登録情報
ASINB06XYFFYX9
おすすめ度 5つ星のうち 4.8 10件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング ドラッグストア - 10,071位 (ベストセラーを見る)
発送重量40.8 g
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2017/3/30
  
ご意見ご要望
さらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

ピロリ菌感染者の8%が75歳までに胃がんを発症すると言われています。  

 胃がん患者の98%がピロリ菌に感染していたという報告があります。ピロリ菌に感染すると胃粘膜が破壊され30代以降に3割くらいの方が胃潰瘍を発症したり、そのまま放置していると75歳までに8%位の方で胃がんを引き起こすとされています。WHOはピロリ菌をタバコやアスベストと同様に発がん因子と認定しました。胃潰瘍、十二指腸潰瘍や胃炎などの患者さんを対象とした10年間の追跡調査ではピロリ菌に感染していない人では0%(280人中0人)であった胃がんの発症が、ピロリ菌感染者では2.9%(1246人中36人)もあったとの報告もあります。

ピロリ菌感染者は除菌を行うことで胃がんを予防できます。早期胃がんの治療と同時にピロリ菌を除菌した患者さんは、除菌をしなかった患者さんと比べ、3年以内に新しい胃がんが再発した数が約3分の1だったとの報告もあります。

胃がんの早期発見のため、「胃カメラ」や「バリウム検査(胃レントゲン)」を繰り返し受けておられる方がいます。胃カメラは「確定診断」「治療方針決定」に必要不可欠な検査であり、「バリウム検査」も企業検診などで数多くの胃がん早期発見の実績があります。しかしバリウム検査は被爆を心配ですし、胃カメラは偶発症と呼ばれる検査事故が起きています。国立がんセンターのサイトによると重篤なトラブルが2万検査に1件、死亡事例が50万検査に1件の確率で起きています。そのため内視鏡検査に当たっては検査事故に対する対応の範囲や補償免責について書かれた同意書にサインを求められます。ピロリ菌検査で感染の有無を調べ感染者には除菌を行うことで、胃がんは予防でき、リスクのある内視鏡検査を抑制することも可能です。

 ピロリ菌の感染をチェックし、陽性の方は除菌処置を行うことで胃がんを予防できると私たちは考えています。

返送いただいた検体は、一般の医療機関と同じ流れ、同じ臨床検査センターで検査を実施します。
 お届けする検査キットは医療機関で実施する便中ピロリ菌抗原検査と同一です。ご自宅で採便いただいた検体を返送いただきますと、一般の医療機関と同様に大手の臨床検査センターで管理臨床検査技師のもと抗原検査を実施し、検体到着3営業日後に結果票をご自宅に発送します。(当センターと契約しています臨床検査センターはいずれも多くの医療機関や検診施設の検査を委託されている大手の臨床検査センターです。実際に検査を実施しました臨床検査センター・ラボについては結果票に記載します。)

 

「自宅で・誰でも・簡単に」ピロリ菌検査を受けていただくために、
私たちは3種類の検査方法から「糞便中ヘリコバクターピロリ抗原定性検査」を選択しました。

 ピロリ菌の検査には胃カメラを使って粘膜を採取して培養する検査法と、呼気・尿・血液・便から調べる胃カメラを使わないで行える検査法があります。当センターではリスクがなく、胃カメラによる培養検査よりも見落としが少ないとされる、便中抗原定性検査を実施しています。血液や尿による抗体検査と違って抗原検査はダイレクトにピロリ菌の有無を調べる高精度な検査ですので除菌後の再感染の有無も調べることができます。コストの関係で保険点数の低い抗体検査を採用した検査キットが多いですが、郵送検査キットセンターでは、ダイレクトにピロリ菌の存在を検出する抗原検査を運用を工夫し抗体検査並みのコストでお届けしています。抗体検査で一度、陰性と判定された方も重複チェックとして便中抗原検査をお受けください。


主なピロリ菌検査法
1)尿素呼気試験法(呼気)
  診断薬を服用し、服用前後の呼気を集めて診断します。 糞便中ピロリ菌抗原検査と同様に精度の高い診断法です。 簡単に行える方法で、感染診断前と除菌療法後 6 週以降の除菌判定検査に使用できます。検便に比べれば精度は若干下がりますが、その場で検査が実施でき結果が出るため医療機関で広く行われています。

2)抗体測定 (血液・尿)
 人はピロリ菌に感染すると、抵抗力として菌に対する抗体をつくります。血液中や尿中などにはピロリ菌は存在しませんが、ピロリ菌に感染すると抗体が血液中で生成され増加することが多い事から、この抗体の血液中の濃度を測定し、感染の有無を推定する方法 です。過去の感染の有無や抗体の状況によって値にバラつきがありますが、検査コストが安く他の検査で使用した血液や尿を流用できるため手間がかからず、検診時の追加検査としてよく使われます。ピロリ菌によって作られる抗体は人種や環境によって異なりますが、近年は日本人にあった検査薬が開発され検査精度も上昇してきています。

3)糞便中抗原測定(便)
  当センターで使用している検査法です。便中のピロリ菌の抗原の有無をダイレクトに調べる方法です。ピロリ菌をダイレクトに調べるため精度は感度も特異度も優れており、通常の検便と同じで簡単で安心です。感染診断前と除菌療法後 6 週以降 の除菌判定検査にも推奨されています。

当センターでは便潜血検査の運用システムでの経験を活かしてコストを削減し、抗体検査並みのコストで、高精度な便潜血抗原定性検査を可能としました。

 

 

ピロリ菌と胃がんについて

●広島大学と北海道大学で行われた3000人の胃がんの患者さんへのピロリ菌検査では陰性の方は1%もいなかったと言われています。ほとんどの胃がんはピロリ菌と密接な関係があると考えられています。堀江氏との対談にリンク


●独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センター調べでは毎年11万人以上が胃がんに罹患し、死亡者数は5万人以上。

●WHOは2015年9月に「胃がんの主な要因はピロリ菌である」と報告。全世界の胃がんの約80%はピロリ菌によるもの」と報告しています。また「除菌治療によって30~40%の胃がん発生を抑えられる」としています。

●厚生労働省は2000年に、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の患者さんに対してのピロリ菌除菌治療を保険適用とし、さらに2015年2月からは胃カメラ検査をして慢性胃炎と診断され、胃炎の治療の一環としてピロリ菌の検査や除菌を行う場合は保険適用としました。ピロリ菌感染者は除菌処置を行うことで、胃がんのリスクを下げることが出来ると考えられています。ただし、慢性胃炎の診断なく「胃がん予防」のために行うピロリ菌検査や除菌は、たとえピロリ菌に感染していても健康保険の適用はなく自費診療となります。
 
●胃がんに関しては、ピロリ菌に感染している人(1246人)とピロリ菌に感染していない人(280人)を対象に10年間調査したところ、感染している人の2.9%が胃がんになったのに対して、感染していない人で胃がんになった人はいなかったという報告があります(Uemura N.: N. Engl. J. Med, 345, 784, 2001)。またピロリ菌感染者が除菌を行わず感染したまま放置していると75歳までに8%が胃がんを起こしているとの学会報告があります。
 
●早期胃がんで内視鏡治療を受けた患者に対して3年間、定期的にチェックを行ったところ、治療後にピロリ菌の除菌を行わなかった場合は9.6%の人に新たな胃がんが発生したが、除菌を行った場合はその約3分の1(3.5%)に発生を抑えることができたという報告があります(Fukase K.: Lancet 372, 392, 2008)。
 
●WHO国際がん研究機関は1994年に「ピロリ菌をもっとも危険の高い発がん因子」と規定しています。ただし、非常に頻度は低いですがピロリ菌がいなくても胃がんになる人もいますので、胃の具合が悪い場合は必ず医師の診察を受けてください。

 

当センターの「糞便中ヘリコバクター・ピロリ抗原定性検査(検便)」について


自宅で手軽に検査が可能です。お届けする、検査キットの「採便容器」で便を採取してください。

 便中に含まれるh.ピロリ菌を直接検出する検査で、ピロリ菌によって作られる抗体を測定する血液や尿による検査や呼気による検査よりも感度・特異度とも高く信頼性の高い検査です。受診者にとって便中からピロリ菌が検出されることは、胃がんリスクの高いグループに属するということになりますので、定期的なバリウム検査や胃カメラ検査が推奨されますし、ピロリ菌の除菌治療の検討も考えてください。

 医療機関で使用されているものと同一の検査キットを使用します。当センターにお送りいただいた検体は、医療機関から回収した検体といっしょに、大手の臨床検査センターで管理検査技師のもと検体検査を実施し、結果を郵便または電子メールで受診者にお届けします。結果が陽性の時は書留または配達記録郵便で発送します。陽性の方は最寄りの医療機関で除菌されることをお勧めします。

 胃の調子の悪い方、職場などでの検診で「バリウム検査(胃レントゲン)」「胃カメラ」などの検査項目がない方にお勧めします。

郵送検査キットセンターでは大腸がん検査(便潜血検査)も取り扱いしています。
 
便潜血検査
(2日法・定量検査) 2460円
(2日法・定量検査)2名様用 3990円  

ピロリ菌検査+便潜血検査
(2日法・定量検査)4900円
(2日法・定量検査)2名様用 9200円

ピロリ菌検査
(便中抗原定性検査) 3480円    
(便中抗原定性検査)2名様用 6500円
      

 

 



カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(10)

トップカスタマーレビュー

2017年8月17日
Amazonで購入
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年9月22日
Amazonで購入
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年9月29日
Amazonで購入
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年9月30日
Amazonで購入
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年10月10日
Amazonで購入
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年10月29日
Amazonで購入
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年6月28日
Amazonで購入
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年10月30日
Amazonで購入
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告

賞味期限または消費期限のある商品: Amazon.co.jp ではお客様に十分に残存期間のある商品をお届けするようつとめております。お届けの商品にご満足いただけない場合は、各ストアの返品についてヘルプページ でご確認ください。

ご注意: Amazon.co.jpでは正しい商品情報をお届けするようつとめておりますが、メーカーが告知なしに成分を変更することがごくまれにあります。したがって実際お届けの商品とサイト上の表記が異なる場合がありますので、ご使用前には必ずお届けの商品ラベルや注意書きをご確認ください。さらに詳細な商品情報が必要な場合は、メーカーにお問い合わせください。商品のご使用にあたっては、用法、用量を必ずご確認ください。当サイトの商品情報は、お客様が商品を選ぶ際に参考にしていただくためのものであり、医師や薬剤師およびその他の資格をもった専門家の意見に代わるものではありません。この商品情報は病気を治すための自己診断に使うことはできません。アレルギー体質の方、妊婦の方などは、かかりつけの医師にご相談のうえご購入ください。


注文した商品はどこ?

配送と返品について

ヘルプデスク