¥3,880 (¥3,880 / 個)
ポイント: 39pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送 5月21日 土曜日詳細を見る
または 最も早いお届け日 配送 本日 6 時間 42 分以内にご注文の場合。 詳細を見る
在庫あり。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon
ピロリ菌検査キット(精度が高い便中抗原検査・自宅で... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
おすすめ商品の読み込み中

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
現時点では、おすすめはありません
ショッピングを続ける

ピロリ菌検査キット(精度が高い便中抗原検査・自宅で簡単・胃がん予防・ピロリ菌検査・便中抗原定性検査) 検便による胃がん検査キット

5つ星のうち4.2 237個の評価

¥3,880 (¥3,880 / 個)
ポイント: 39pt  (1%)  詳細はこちら

購入を強化する

  • ダイレクトにピロリ菌を検出する高精度の抗原検査を抗体検査並みの価格で実施します。便中抗原検査の感度は97%と血液検査などに比べて見落としは少なく、抗体検査のように過去に暴露しただけで陽性となることもほとんど起きない検査です。
  • 自宅で手軽に検査が可能です。採便容器に便を採取して返送ください。お届けする検査キットは病院で使用するものと同じで、医療機関から届く検体と同じ大手の臨床検査センターで管理検査技師のもと抗原検査を実施、検体到着3営業日後には検査結果をご自宅へ発送します。
  • ピロリ菌が胃粘膜で発がん物質を生成するメカニズムが解明されました。一般的にピロリ菌は胃酸の酸性度が低く無防備な幼少期に感染し、胃粘膜の内側に住みつきます。感染を放置すると30代以降に3割の方が胃潰瘍に8%の感染者が75歳までに胃がんを発症すると見られています。感染者は除菌することで胃がんは予防できます。
  • 感染者はピロリ菌が排泄されるため便を調べればダイレクトにピロリ菌を検出できます。血液や尿による間接的な抗体検査に比べて精度の高い検査です。胃カメラで組織を採取して調べるよりも高感度です。除菌後の再検査で除菌に失敗していた人の10%程度が除菌後の検査で陰性と判定されたために感染を放置されています。以前の呼気検査がアジア型のピロリ菌に対応できていなかった事や抗体検査で済ましてしまった場合があったためです。便中抗原検査は除菌後の2重チェックにも有効です。
  • 大腸がん検査(便潜血検査)とのセット割りも併せてご検討下さい。

よく一緒に購入されている商品

  • ピロリ菌検査キット(精度が高い便中抗原検査・自宅で簡単・胃がん予防・ピロリ菌検査・便中抗原定性検査) 検便による胃がん検査キット
  • +
  • 【セット割】胃/大腸がん検査キット( 便潜血定量検査 ピロリ菌検査キット )手軽な検便による 大腸がん検査 と 胃がん検査キット のセット
  • +
  • 郵送型 大腸がん検査キット2回法 (自宅で検便) ・定性検査 便潜血検査
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
一緒に購入する商品を選択してください。

重要なお知らせ

ご注意(免責)> 必ずお読み下さい

日曜・祝日・年末・年始を休業日とさせていただき検査をお休みします。夏季を除く土曜日の一部について、検査を休業させていただく事があります。キットは購入後6か月以内に提出いただけますようにお願いいたします。

ご注意: 当サイトの商品情報は、お客様が商品を選ぶ際に参考にしていただくためのものであり、医師や薬剤師およびその他の資格をもった専門家の意見に代わるものではありません。ご使用前には必ずお届けの商品ラベルや注意書きをご確認ください。この商品情報は病気を治すための自己診断に使うことはできません。アレルギー体質の方や妊婦の方などは、かかりつけの医師にご相談のうえご購入ください。


商品の説明

ピロリ菌感染者の8%が75歳までに胃がんを発症すると言われています

胃がん患者の98%以上がピロリ菌に感染していたという報告があります。ピロリ菌は発がん性物質をばらまきながら胃粘膜を痛めつけます。食べたものを溶かす胃酸から胃袋を守る胃粘膜がピロリ菌によって萎縮してしまうと胃袋の内壁が胃酸に侵され、放置していると感染者の2割が胃潰瘍を発症、また加齢やストレスによって免疫機能が低下していくと胃壁が変性し75歳までに8%の感染者が胃がんに進みます。ピロリ菌に感染してしまっても、胃粘膜の萎縮が進む前に除菌することで胃がんは予防できます

WHOはピロリ菌をタバコやアスベストと同様に発がん因子と認定しました。胃潰瘍、十二指腸潰瘍や胃炎などの患者さんを対象とした10年間の追跡調査でピロリ菌に感染していない人では0%(280人中0人)だった胃がんの発症が、ピロリ菌感染者では2.9%(1246人中36人)もあったとの報告もあります。

.

ダイレクトにピロリ菌を検出する便中抗原検査で精度の高い検査をご自宅で。  感染者が排泄するピロリ菌を糞便中からダイレクトに検出する便中抗原検査は感度97%と血液検査などに比べて見落としの少ない検査です。ピロリ菌はその大きさから血液や尿から検出することはできません。そのため血液検査では感染によって体内で作られる抗体濃度を測定し感染を判定する抗体検査が広く使われていますが、抗体反応の鈍い人は感染しても抗体が作られず、なかなか数値が上がらないことから見落しが多発、このため2016年頃より抗体濃度の基準値を10→3U/mlに引き下げたの結果、見落としは減りましたが、感染してなくても、身の回りに感染者がいるなど、過去にピロリ菌に一時的に感染したり、暴露経験があっただけで陽性となる人が多発。特に免疫抗体反応が敏感な人は感染してなくても非常に高い数値が出てしまうようです。

ピロリ菌をダイレクトに検出する便中抗原検査は精度が高く、見落としも50代以下で300人に1人、70歳で100人に1人程度と少なくなります。日本ヘリコバクター学会の報告では便中抗原検査の感度は96%以上と、人間ドックなどで広く行われている抗体検査よりも見落としは少なく、感染していない人を誤って陽性としてしまう事もほとんどありません。佐賀県の自治体検診では抗体検査で陽性と判定されても除菌前に便中抗原検査で確認検査をしており、その結果、抗体検査での陽性者の4人に1人が実は感染していなかったと報道されています。(下表参照)

.

返送いただいた検体は、一般の医療機関から届いた検体と同じ臨床検査センターで検査を実施します。  お届けする検査キットは医療機関で使用している便中ピロリ菌抗原検査と同じものです。細菌を不活化し輸送中の検体を安定させる保存液の入った容器を使用しています。ご自宅で採便いただいた検体は厳重な4重包装を実施しクッション封筒で返送していただきます。医療機関から回収したものと同様に大手の臨床検査センターで管理臨床検査技師のもと抗原検査を実施し、検体到着約3営業日後に結果票をご自宅に向けて発送します。(検査結果を医療機関に提出することに備えて、当センターは多くの医療機関や検診施設の検査を委託されている全国に名前の通った大手の臨床検査センターと契約して検査を依頼しています。実際に検査を実施しました臨床検査センター・ラボは結果票に記載します。)

.

胃がんは「早期発見」から、「予防の時代」に移りました

胃がんは国民病と呼ばれるほど日本人の死因に占める割合は高く、バリウム検査による集団検診や胃カメラを使った人間ドックなど官民をあげて胃がんの早期発見・早期治療をすすめてきました。1990年代になってWHOはピロリ菌が胃がんの主たる危険因子であると報告。ピロリ菌と胃がんの関係が注目されるようになってきました。日本でこれだけ多くの人が発症する胃がんですが、ピロリ菌感染者の少ない欧米では、ほとんど胃がんは発生していません。胃がん検診さえ行われていません。ピロリ菌が口から侵入しても基本的には胃酸によって殺菌されるので感染は起きません。しかし胃酸の酸性度の低い幼少期に家族やお友達に感染者がいると、その食べ残しや使った食器などから比較的簡単にピロリ菌は胃酸の届かない胃粘膜の内側にまで住み着き、胃粘膜を破壊しながら発がん物質を撒き散らし、胃潰瘍や、何らかの理由の感染者の免疫機能が下がった時に胃がんを引き起こします。胃粘膜の萎縮が進む前にピロリ菌の検査をして、ピロリ菌に感染している人は除菌していくことで、胃がんは予防できます。また除菌することで新たな感染者となって子供たちへピロリ菌を感染させてしまうことも防ぐことができます。

ピロリ菌に感染していても、胃粘膜の萎縮が進む前に除菌を行うことで胃がんは予防できます。また早期胃がんの治療と同時にピロリ菌を除菌した患者さんは、除菌しなかった患者さんと比べ、3年以内に新しく胃がんが再発した数が約3分の1に減ったという報告もあります。

.

ピロリ菌と胃がんについて

●広島大学と北海道大学で行われた3000人の胃がんの患者さんへのピロリ菌検査では陰性の方は1%もいなかったと言われています。ほとんどの胃がんはピロリ菌と密接な関係があると考えられています。

●独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センター調べでは毎年11万人以上が胃がんに罹患し、死亡者数は5万人以上。

●WHOは2015年9月に「胃がんの主な要因はピロリ菌である」と報告。全世界の胃がんの約80%はピロリ菌によるもの」と報告しています。また「除菌治療によって30~40%の胃がん発生を抑えられる」としています。

●厚生労働省は2000年に、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の患者さんに対してのピロリ菌除菌治療を保険適用とし、さらに2015年2月からは胃カメラ検査をして慢性胃炎と診断され、胃炎の治療の一環としてピロリ菌の検査や除菌を行う場合は保険適用としました。

ピロリ菌感染者は除菌処置を行うことで、胃がんのリスクを下げることが出来ると考えられています。ただし、胃カメラによる慢性胃炎の診断がなく「胃がん予防」のために行うピロリ菌の検査や除菌は、たとえピロリ菌に感染していても健康保険の適用はなく自費診療となります。

●胃がんに関して、ピロリ菌に感染している人(1246人)とピロリ菌に感染していない人(280人)を対象に10年間調査したところ、感染している人の2.9%が胃がんになったのに対して、感染していない人で胃がんになった人はいなかったという報告があります(Uemura N.: N. Engl. J. Med, 345, 784, 2001)。またピロリ菌感染者が除菌を行わず感染したまま放置していると75歳までに8%が胃がんを起こしているとの学会報告があります。

●早期胃がんで内視鏡治療を受けた患者に対して3年間、定期的にチェックを行ったところ、治療後にピロリ菌の除菌を行わなかった場合は9.6%の人に新たな胃がんが発生したが、除菌を行った場合はその約3分の1(3.5%)に発生を抑えることができたという報告があります(Fukase K.: Lancet 372, 392, 2008)。

●WHO国際がん研究機関は1994年に「ピロリ菌をもっとも危険の高い発がん因子」と規定しています。ただし、非常に頻度は低いですがピロリ菌がいなくても胃がんになる人もいますので、胃の具合が悪い場合は必ず医師の診察を受けてください。

商品の情報

詳細情報

登録情報


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
237 件のグローバル評価

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年2月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
125人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2018年11月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
65人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2018年6月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
51人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年2月1日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年10月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2017年9月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
33人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2017年8月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年10月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する