通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
部下を持ったら必ず読む 「任せ方」の教科書 「プ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 エブリ堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため、使用・経年による劣化(折れ、ヤケ等)付属品なしなどがある場合がございます。カバーのデザインが、商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。アマゾンの基準にて販売させていただいております。書き込み、しみ、やけなどがまれにあるものもございますので、その際はご了承くださいませ。■こちらの商品は、メール便(追跡機能がございません)で発送予定でございます。あらかじめご了承ください。ゆうメールやDM便にて配送させていただいておりますが、局留は配送トラブルをさけるため受け付けておりませんのでご了承ください。配送は土日祝日においては配送されないこともございますので到着が注文確定から商品到着まで最長3から7営業日を要する場合がございます。また値札ラベルがあるものの販売をしている商品もございますので、そちらについてはあらかじめご了承くださいませ。住所間違いによる返品、決済後既に配送した後のキャンセルにつきましては発送後の返金は送料はお客様負担となりますが、商品返却後商品代金のみの返金させていただきます。ご住所はお間違いのないようにご確認をよろしくお願いいたします。※配送業者によっては宛名が不明の際は到着が遅れたり、届かない場合がございますので十分にご注意くださいませ。48時間以内に発送をとらせていただいております。誠意のある対応を心がけておりますのでよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

部下を持ったら必ず読む 「任せ方」の教科書 「プレーイング・マネージャー」になってはいけない (ノンフィクション単行本) 単行本 – 2013/11/22

5つ星のうち 4.2 45件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 399

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 部下を持ったら必ず読む 「任せ方」の教科書  「プレーイング・マネージャー」になってはいけない (ノンフィクション単行本)
  • +
  • 図解 部下を持ったら必ず読む「任せ方」の教科書
  • +
  • 「働き方」の教科書:「無敵の50代」になるための仕事と人生の基本
総額: ¥4,104
ポイントの合計: 125pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

なぜ「部下の相談」に乗ってはいけない?――60歳でライフネット生命保険を起業・成功させた著者が、部下マネジメント論を展開! “任せたいのに、任せられない"と嘆く人への特効薬。あなたの仕事をラクにする本。

内容(「BOOK」データベースより)

60歳で起業―そこから、最強のチームをつくりあげた「マネジメントの原理原則」!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 207ページ
  • 出版社: 角川書店 (2013/11/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041106176
  • ISBN-13: 978-4041106174
  • 発売日: 2013/11/22
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 45件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 6,003位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
マネージャーやプロジェクトを進めていく上で、どのようにして人を動かすのか?常に意識して動いているが、どのように指示出すのか?迷うことがある。ライフネット生命のトップを務める出口氏はそこのところをわかりやすく説明していて、取り入れられそうな箇所が多かった。面白かった箇所として

1)権限と責任の明確化(役職ごとに権限の範囲を明確化)
2)仕事を任せたら、権限を大事に(権限とは、部下の固有のものであり、上司も口を挟まないこと)
3)仕事のプロセスには細かく首を突っ込まない
4)部下には100点を求めず60点を求める
5)人を任せられる人は、人に対する理解が必要(そのために、人と出会うこと、本を読むこと、旅を重ねて、人間とその社会に対する洞察力を高め、「人間」と「社会」の本質を読み取ること)、
6)協議のルールは、話し合いはするけど、最終決定は一人が行うこと
7)丸投げ→指示があいまい。
8)任せる→指示が明確、権限が明確(権限の範囲を明確にしたうえで、的確な指示を与えること)
9)マネージャー→部下に仕事を分配する、プレーヤー→任された業務を遂行する
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
素晴らしい内容でした。

私が常日頃感じていること、考えていることと全く同じなうえに、65歳というご年齢でこれほどまでの国際感覚、柔軟性をお持ちなのにびっくりしました。

「人間はあほである、ようするに自分一人でできることはたかが知れている」
「多様な人材に任せることでしか会社は成長しない」
「マネジメントとは突き詰めると人を使うことだ」
「ホウレンソウは部下からではなく上司から」
「部下の創意工夫を引き出すためにも目的と背景をきちんと伝えるべき」
「サボっている部下がいたらそれはサボっている部下が悪いのではなく(仕事を与えられず、人材を活用していない)上司が悪い」

など、現在未だに日本企業にのさばっている「おじさん方」に読んでいただきたいですが、それよりはこれからの日本経済を担う若い世代にこそぜひ読んでほしい本です。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
というか「常識的な人だからこそ、起業して自分を貫く」のかもしれない。

(1)内容は「よくある啓発書」。特筆すべき点は無い。

(2) 印象的だったのは以下。

"部下を動かす3つの方法 = 上司を好きにさせる+圧倒的な能力の違いをみせる+必死に働いている姿をみせる"

この点は「自分もまだまだだ!」と痛感する点。
「お前はわかってない」的な態度を部下にとってしまう自分に活を入れる一文。

(3) 「ニッセイのエリート+起業家がどう考えるか」という点を感じるのが購読の目的でしょう。

(4) 著者は最近、連続出版されているようなので、出版方面の「起業精神」に火がついたのか。
「著者作品の中で一冊選ぶとしたら本書か」という点は自信が持てず「標準的な3点」。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「やってみせて、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば、人は動かじ。」

山本五十六のこの名言は良く引用されているが、続きがあった。
「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。
やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず」

本書はこの続きの部分について書かれたものだ。

企業においては
経営と業務執行の分離が必要であり、
会社の方針を決めるCEOに対し、
決めたことを実際に執行するCOOという役割分担が重要。
Googleにおいて
経営はプロのエリックシュミットに任せ
創業者のラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンは
ビジネスのアイデア実現に注力したことも同じ考えによる。

同様にアウトソーシングが進む背景には
ビジネスラインで最も付加価値の高い上流(商品企画)と下流(営業)に注力
し、中流(アセンブリ等)を「任せる」ことも同じ考えである。

本題の上司・部下の関係も同様で

上司は部下に仕事を分配し(任せる)
部下は任された業務を遂行する(任される)

ここで重要なことは、上司が部下よりも良い仕事
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック