中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ご検討ありがとうございます。全体的に良好状態です。表面など中品ですので多少のダメージが残っている場合があります。ご理解の上検討お願いします。☆通常、防水梱包により迅速(当日・翌日)に発送いたします。◆土日祝日休業:金曜(休日前日)PM注文は翌平日発送となります。◆30分経過後のキャンセル・住所の変更はできません。(アマゾン注文規約より)◆配達不可:マンション名・部屋番号の未記載/配達先の表札違い・無し/住所間違い(市町村名称変更含む)などは配達不可となる場合があります。配送は主にヤマトDM便の為ポスト投函です。着日指定・郵便局留・私書箱、配送センター(営業所)留めでの配送はできません。上記配送不可の場合は配送費を除き商品代金のご返金を致します。安価商品の為再発送はご勘弁ください。ご注意をお願い致します。◆検品は注意をしておりますが、新品の品物以外はあくまで中古品である点御了承ください。どうぞ宜しくお願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

部下は育てるな! 取り替えろ! ! Try Not to Develop Your Staff (光文社ペーパーバックス) 単行本(ソフトカバー) – 2007/9/22

5つ星のうち 4.0 26件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

優秀な上司であるあなたの仕事は、会社が勝ち残れるように采配をふることであって、部下を育てたりかわいがったりすることではない。部下を取り替えて勝っていくのである!......ラスベガスでコンサルタントとして活躍中の著者が提案する、「勝つ組織」を作るための、ちょっと過激で超ロジカルなノウハウ!

■態度の悪い部下はすぐに取り替えろ!
■もう職場に「協調性」なんかいらない
■「エグジット・インタビュー」で情報王になる
■「質問1000本ノック」の雨あられ
■部下がシビれる! 革命上司の「褒める技術」
■「ヘタクソな会議」を今すぐヤメさせろ!
■あなたを勝てるチームのボスにする人事戦略 ほか

著者について

長野慶太[Keita Nagano]
対米進出コンサルタント。1965年生まれ。慶應大学経済学部卒。米国ウォーデン大学院修士(MBA)卒。株式会社三井銀行にて約10年の勤務のあと、ラスベガスの法律事務所Woods, Erickson, Whitaker, Miles & Maurice勤務。その後、対米進出のためのビジネスコンサルティング会社(進出相談・英文契約等)NEVADA JAPAN CONFERENCE, Inc.を起業。同法律事務所を戦略パートナーとして対米進出をサポート中。米国会社設立および国際交渉の支援・コンサルティング実績約250社。クライアント数約2000社。著書に『ラスベガス 黄金の集客力』(ダイヤモンド社)、『ビジネスライティングの英語表現』(ジャパンタイムズ・共著)、『お客には絶対に謝るな!』(光文社ペーパーバックス)など多数。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 255ページ
  • 出版社: 光文社 (2007/9/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334934218
  • ISBN-13: 978-4334934217
  • 発売日: 2007/9/22
  • 梱包サイズ: 18.4 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 596,101位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
 「焚書」というコピーもついており、衝撃的なタイトルを見て思わず手にとり、興味をもって読んでみた。前書きでは、「プロの世界では部下は自分で育つもの」、「ついて来れないような部下は取り替えてしまえばよい」、「管理職は部下が自分で自分の殻を打ち破って行く様を見守ればよい」、というようなことが書かれている。

 しかし読み進んでいくと、「叱るけれども怒鳴らない」、「褒めよ」、「相手が受け入れやすいように1クッションおいて話せ」、「部下が相談できる場をつくれ」、「社員の動機付けには深く関与せよ」、など、「部下が自分で育つ環境作り」が語られており、部下は育てるのではなく、部下が育つようにせよと言っているのである。
 
 結局この本は、内容的には管理職が自分の意識と行動を変えて、部下も自分も育っていくというビジネスコーチングの類書と内容的にはあまり変わらないように思う。しかしながら、過激な表現を多用しながら、小気味良く部下への接し方をポンポンと投げてくるところがいい。このリズム感は読者を厭きさせないであろう。また部下に厳しくするには、それに値するだけの上司になれという根底に流れる考えが、読者の心を引き締めるであろう。管理職になって、いろいろこの手の本は読んだけど、いまいち行動に結びついていないという人には、あらためて気づきを与えてくれる本であると思う。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
書店で見かけて、少し迷って、手に取った。

表紙のデザインに「焚書」とある。

・部下とわかりあえるようになる必要など全くない
・ついてこれないような部下は(育てるのではなくて)取り替えてしまえばいい
・会社に民主主義はいらない、部下の一票と上司の一票が同じでは組織はなりたたない

こんな具合である。
こんなことを面と向かって部下にいう上司はいない。
しかし本書に書かれていることは、極めてまっとうである。
経験のある上級管理職にとっては、当たり前のことである。
だからこそ「焚書」なのである。

無能で、反抗的で、批判はしても提案はちっともしない、そういう部下は切り捨てればいい。
そう、本書はいう。
しかし無能な部下を切り捨てよ、ということが本書の主題ではない。
逆に、上司は無能な部下を容赦なく切り捨てるだけの能力を維持せよ、というのが本書の主題である。

・部下を育てることではなく会社の業績を上げることが上司の使命だから「部下が自分で育つような環境づくり」には全力をつくせ
・部下を育てない代わりに、部下のモチベーションには深く深く、真剣勝負で関与することが求められる
...続きを読む ›
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 I am that I am. トップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2007/12/18
形式: 単行本(ソフトカバー)
タイトルは「部下は・・・」ですが、その実上司に覚悟を求めている本です。

またタイトルは過激ですが、内容は極めてまともであり、かつ当たり前のものです。
逆に著者がこれだけ過激に煽らなければならない状況自体がまともでないといえるでしょう。

更に具体的な例がふんだんに盛り込まれており、本書の本質を理解するうえでも活用するうえでも役に立ちます。

著者のストーリー展開や表現力が凄いのでしょう、飽きずに一気に読み終えることができました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
管理職向けと銘打って、部下に見せるな等々書いてありますが、内容は割とマトモです。
でも、無能な管理職が自分を慰めるための道具以上には使われないような気がします。

鮮烈なタイトルで目を引いて、あとは、それっぽい内容で、自己満足させる。
タイプ的には、細木○子のように、叱咤激励とちょっとしたTIPSを織り交ぜながら説明するって感じです。

人間は、無意識下で、自分に都合の良いように解釈し、行動するという性質(自己奉仕的バイアス)を持っていて、それを助長させるという意味で、焚書だと思います。

決して部下や他人ではなく、自らを戒めるために読むなら意味があるかもしれませんが・・・

まあ、たいしたサンプルにもなりませんが、
私が見てきた人(中堅コンサルの取締役だったり、社長だったり)や
知り合いから聞いた話(事業部長だったり、統括責任者だったり)では、
出世する管理職の共通点を洗い出してみると、
・部下を早々簡単に取り替えない
・出来ない部下を粘り強く育ている
・自分の部下に対する批判を(少なくとも)会社では同僚や他の人には決して言わない
・部下が成功するように、部下の手助けやアピールの機会を作る
そんな感じな
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー