通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
郊外へ (白水Uブックス―エッセイの小径) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。■Amazon専用在庫につきキャンセルはありません。 ■全品簡易クリーニング済み。 ■ビニール包装のうえ毎日発送しています。 ■通常はポスト投函なので、不在でも受け取れます(但し商品の大きさやポストの大きさによって一部例外あり)。 ■付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。 ■シンプル梱包なのでゴミが少なく済みます。 ■Amazonの登録状況によってはカバーデザインが異なる場合があります。 ■不具合がありましたら対応いたしますのでご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

郊外へ (白水Uブックス―エッセイの小径) 単行本 – 2000/7/1

5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,026
¥ 1,026 ¥ 37

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 郊外へ (白水Uブックス―エッセイの小径)
  • +
  • おぱらばん (新潮文庫)
  • +
  • 雪沼とその周辺 (新潮文庫)
総額: ¥2,019
ポイントの合計: 61pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

パリを一歩離れるといつも新しい発見があった。郊外を愛した写真家や作家に寄り添いながら、ときに幸福な夢想に身をゆだね、ときに苦い思索にふける。三島賞作家鮮烈のデビュー作。

内容(「BOOK」データベースより)

パリを一歩離れるといつも新しい発見があった。卓抜した仕掛けによって、パリ郊外を語りつくした魅惑の書。ドワノーやモディアノなど郊外を愛した写真家や作家に寄り添いつつ、ときに幸福な夢想に身をゆだね、ときに苦い思索にふける、「壁の外」をめぐる物語の数々。三島賞作家鮮烈のデビュー作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 190ページ
  • 出版社: 白水社 (2000/7/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4560073473
  • ISBN-13: 978-4560073476
  • 発売日: 2000/7/1
  • 梱包サイズ: 17.5 x 11 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 308,757位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
さすがアマゾン
必要な本が安価で、良い状態で届いて満足でした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
―パリを一歩離れるといつも新しい発見があった。―
これはエッセイなのか?それとも自伝風の散文(フィクション)なのか。あるいは、30歳前後の著者がフランス文学の研究者としてすごしたフランス滞在経験をふまえて綴った実話とでも言えばいいのか。
実はエッセイのようでありながら郊外を愛した実在する写真家や作家に寄添いながら創作した物語(フィクション)であり、郊外を主題とするイマジネーションの産物なのだ。
そればかりか“あとがき”を読んで驚いた。なんと、一人称で語られる私でさえ「郊外的」な立ち位置の代弁者にすぎないとあったからだ。
郊外とは何か。それは日本の城下町みたいなものなのか。光と闇で考えれば限りなく闇のイメージ。そしてまた、フランス現代小説における郊外地区の位置づけとは…

虚構なのか現実なのか、そんなことはどうだっていい。つまりは、「壁の中」の都市とは決定的に異なる郊外のメタファーをどのように散文形式で成立させリアリティーを獲得できるかということ。けだし、虚実が錯綜するかのような知的な文体は、きわめて興味深い空想の郊外論であるということもできるし、「壁の外」をめぐる斬新で新しい実験的な小説であるともいえるだろう。
『郊外へ』が1995年に白水社から出版されていることを思えば、この作家の比較的初期に属する作品といえる
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
あとがきで著者が書いているように、これは短編小説でエッセイではない。
この本に納められている13編の短編のキーワードは「パリ郊外」だ。あてどなく歩き、衝動的にバスに乗り目に映る郊外、様々な書物で語られる郊外。「壁の外」「へり」「玄関マット」「靴ぬぐい」(!)と呼ばれる中途半端な場所。

でもこの本は「郊外」に関心がある人というより、「文学」あるいは「本」に関心がある人の為の本だ。サンドラール、ドワノー、カフカの未完の小説等、ちりばめられているエピソードがとても魅力的だから。
堀江氏の文章はクールで、さりげないユーモアがある。
  「さすがに切れた私は、RERでレ・アールまで戻るとその足でフナックに駆け込み、腹立ちまぎれに五日分の収入をすべて本に換えてしまった。」
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
何かにはじかれるように、または導かれるように、パリ郊外へとさまよい出る「私」。日常から少しだけ離れてみることで、日常がより親密に感じられるようになる、ということが分かる。筆者も認める通り、エッセイのようで小説のようでもあり、紀行文のようでもある本。ジャンルや境界(国、景色、生活・・・)を進んで越えたところに何かを見つけられるかもしれない、というささやかだが強い決意のようなものが感じられる。「知識人」「詩的」と評されることも多いようだが、筆者の「私」は自分の足で歩き、自分の目で世界を見て、借り物でない自分の表現を探ろうとしている。単なる夢想に遊ぶのではなく、一寸先に闇を認める感覚を大切にしていると思う。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告