中古品
¥198
+ ¥257 配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品の性質上、折れや破れ、書込み、日焼け、水濡れ跡や若干の汚れなど、一部瑕疵のある商品であっても、お読みいただくのに支障がない状態であれば、販売をしております。また帯や商品内のクーポン券などをお付けできる保証はございません。なお、絵本などの一部書籍は表紙カバーがない状態でも販売している場合があります。シリアルコード、プロダクトコードの使用有無は保証しておりません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


邪眼 単行本 – 2002/9


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1

ブックマイレージカード
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

寛永三年、柳生十兵衛三厳は左目に金色の神光を発し、ついに「邪眼」を発動させた。邪眼を与えられし者は、人智を超えた心魂と妖魔を滅する力を持つという。裏柳生開祖に任じられ、その神剣をもって修羅の戦いに明け暮れる十兵衛であったが、やがて非情の運命が訪れる。それは、徳川家光の寵愛を受ける弟友矩の暗殺命令だった。自らの魂を蝕まれ、心を失った十兵衛は、流浪の旅路の果てにあわいという不思議な界に転び出る。そこで、あやかという絶世の美女と出会った十兵衛は、左門という子宝にも恵まれるが、その裏面では恐るべき邪妖が蠢いていた。七百年の時を経て、神州の皇が復活を果たさんとする時、柳生一族の命運を懸けた、すさまじい戦いの幕が斬って落とされる―。時代小説を超える吃驚の問題作。

内容(「MARC」データベースより)

柳生十兵衛三巌開眼! その金色の目、邪眼という。七百年の怨、ここに甦るとき、柳生一族の命運を懸けた、壮絶な死闘がはじまる。徳川家光の寵愛を受け、友矩乱心。魔は姿を現し、やがて蠢き始める―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 399ページ
  • 出版社: 学習研究社 (2002/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 405401786X
  • ISBN-13: 978-4054017863
  • 発売日: 2002/09
  • 梱包サイズ: 19 x 13.6 x 3.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,194,256位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう