この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

遺伝子の使命 (創元SF文庫) 文庫 – 2003/12

5つ星のうち 4.0 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 24,288 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【出版社の方へ】e託販売サービスの紹介はこちら


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

男性だけが人工子宮で生殖を繰り返してきた特異な惑星アトスで、200年使われた卵子培養基が疲弊しはじめた。しかし新たに輸入した培養基は、何者かの手ですり替えられていた。この事件を解明するため、青年医師イーサンは単身、外宇宙に派遣された。そこで彼が出会ったのは、傭兵提督マイルズの右腕、美貌の特命中佐エリ・クイン……初めて接する生身の女性にあたふたしつつも、謎の陰謀に迫る。訳者あとがき=小木曽絢子

内容(「BOOK」データベースより)

惑星アトスでは男性だけが人工子宮で生殖を続けてきたが、それを支える卵子培養基が疲弊していた。急遽新しい培養基が輸入されるが、途中で偽物にすりかえられていた。この一大事に一人の青年医師が宇宙に派遣される。銀河の要衡たる巨大宇宙ステーションに到着した彼は、初めて女性に出会った―彼女は美貌の傭兵中佐エリ・クイン。すべての背後には惑星間抗争に関わる秘密が。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 342ページ
  • 出版社: 東京創元社 (2003/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4488698115
  • ISBN-13: 978-4488698119
  • 発売日: 2003/12
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 191,047位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
買ってから放ったらかし、ようやく読めました。

ヴォルコシガン・シリーズの番外編。

外惑星に人類が移住した世界のSFです。

あいかわらずのズバ抜けた描写力、奇抜なアイディア、しっかりした構成力……感服です。

惜しくらむはシリーズ主人公のマイルズが出ないこと。あのインチキぶり(誉めてます)が快楽なのに……。

でも、番外編だから当たり前といえば当たり前。

「番外編」と名乗っていながら、本編となんら変わらぬ作品を垂れ流している出版関係者は猛省するように。

女性は不浄なものという宗教?が支配する、男性だらけの惑星から出た主人公が出会う、女性、他惑星、コロニー人たちとのカルチャーショックぶり、さすがの描写力です。

ヴォルコシガンを知らないヒトにも薦められます。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
マイルズ・ウォルコシガンシリーズの一作だがこの巻はマイルズ出てこない。美貌の傭兵隊中佐エリ・クインの冒険活劇もの。辺境惑星アトスは男性だけの世界。全ての子供は人工子宮で生まれる。精子は父親になる男達のものだが、卵子は培養基で培養される。ところが長年の使用から卵子培養基が疲弊、新しい培養基を輸入するが、途中で偽物に変わっていた!アトスの医師イーサンは、委員会の命を受け外惑星での調査と再注文の旅にでる。しかし外の世界には当然ながら女性がうようよ。生まれてはじめて女を目の当たりにしたイーサンの運命は(笑)!惑星規模の陰謀に巻き込まれたイーサンを助けるのがクインです。いきなり強烈な女性に当ってしまったイーサンは幸運か(?)世間知らずのイーサンが、男性達に故郷をアピールしようとマッチョバーに入って袋にされるシーンとか、思わず笑ってしまう。この手の男達に女のいない社会の素晴らしさなんか説いたらそりゃ殴られるって。この本の腐女子的萌えポイントは女の前でたじたじのイーサンがかわいい~~ということですが。アトスの社会をどう見るか、男性の意見を聞きたい本です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 男性だけの辺境の惑星アトスから、新しい卵子培養基を買い求めるために青年医師イーサンが派遣される。 
 ところが、身に覚えがないのに誘拐され、謎の事件に巻き込まれてしまう。

 男性だけの惑星から外の世界に…。
 主人公イーサンは生真面目な青年医師で
「人口受精」「受精卵の人工子宮での培養」
を専門とし、赤ん坊をこよなく大切に思っています。
 女性である傭兵中佐エリ・クインが
「好きなタイプの男かもしれない」
と、もらしてしまうような好人物です。
 青年医師が優秀な女性戦士とともに敵と戦う冒険活劇。
「惑星の未来のために新しい遺伝子を手に入れる」目的と
「なぜねらわれているのかも不明の敵」との戦い
が平行して繰り広げられるめまぐるしい展開。
 楽しい小説でした。
 どんなに、迷惑をかけられても
「謝る必要なんか、ぜんぜんないよ」
と相手を許容する度量の広い主人公の青年医師が魅力的にかかれています。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 シリーズ物ですが、私が読んだのはこれ1冊です。しかし、シリーズの背景を知らなくても、特に不都合はないように感じました。そこそこ楽しめました。
 しかし、せっかく「男性社会」で育ったという設定ですから、主人公がはじめて見る女性にいろいろな面で当惑するような場面を多く描けば、もっとおもしろかったのかなとも思います。事実関係にちょっと懲りすぎのような気もします。

 女性が妊娠しなくてもよくなり、さらには産む性としての女性は不要になるということで、深い思索が生まれる余地もあります。しかし、そこを扱うのはこのシリーズの守備範囲を超えてしまうんでしょうね。実はそこを期待したんですが…
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告