この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

遺伝子が解く!万世一系のひみつ 単行本 – 2006/5

5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,543 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 2,800 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

出生率低下対策、腰のくびれの魅力、ペットと飼い主の相似…動物行動学から見れば、すべてが違って見えてくる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

竹内/久美子
1956年生まれ。79年、京都大学理学部卒業後、同大学院に進み、博士課程を経て著述業に。専攻は動物行動学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 276ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2006/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163681701
  • ISBN-13: 978-4163681702
  • 発売日: 2006/05
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.3 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 872,732位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 vatmideo 投稿日 2009/7/10
形式: 文庫
確かに面白い生物学的エッセイです。「なるほど」という話もあれば、「本当なの?」という話も多々ありました。疑問符のついた内容の一部をPubMedなどで調べてみると、批判の多い論文をそのまま用いていたり、結論の一部や推測部分を引用したりしています。
そのため面白いのだけれど、本当なのか。そうだったらすごいのだけれど、そのまま信じてよいのか。
そんな風に読み進んだため、消化不良気味です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 日常のさまざまな問題というか、どうしてそうなんだろうという事のあれこれに遺伝子的というか生物学的なアプローチから解明をしていくサイエンスエッセイです。 
 例えば、子供のうちは男女とも甘いものが好きだけれど、大きくなると女性は甘いものがすきだけれど男性にあまいものが好きな人が減っていくのはどうしてか? 実は男性ホルモンと女性ホルモンにその原因がある。とか、
 腰のくびれた女性のほうが何故モテるのかスタイルがいいとして認識されるのかは出産との関係でセックスアピールに留まらない生物学的なものである。とかそういうのがたくさん出て来ます。またそれだけに留まらず、女系天皇を認めるのではなくて、男系天皇で継いで行かなければならないかをあくまで政治や宗教を抜きにして生物学的な物差しで語るくだりもあります(このときにはまだ紀子さんが悠仁親王を出産していなかった)。このあたりも読み物としてはなかなか面白かったです。
 いつものごとく、それは強引だろうというような展開のものもあるし、文化人類学だとか政治学からアプローチする方法もあるだろうという部分もありますが、彼女は生物学者なのでそちらからみるとこう見えるのかというのもそれはそれでとても面白いです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
表紙きれいで思わず手にとったら
今をときめくアートディレクター寄藤文平さんの仕事でした。

よくある雑学本よりも科学や生物のことを色々扱っているので
自分の子供がもう少し大人になったら読ませてみようかなと思います。
ただ性の問題も扱っているからやっぱり大人向けなのでしょうか。
質問形式で読みやすいのと、全体的にとぼけたひねりが効いてるところもいい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
週刊文春連載「 ズバリ、答えましょう」からの単行本化第五弾です。

タイトルの「万世一系」は女系天皇論争を生物学(遺伝学)的観点からの考察をしたもので、「なるほどな。」と一応「男系」にこだわる理由があることを思い起こさせてくれました。

でも、この本は、従来からの、よろずの疑問に生物学的観点からの理由を考察するのが主です。

例えば後半の「サクラの枯れ際」で、一斉に咲き、一斉に散る「ソメイヨシノ」の誕生と、その問題点を解説したり、「やせの大食いのひみつ」で基礎代謝の違いを最近の遺伝子研究の成果を紹介しながら解説されたところがグッド。

どんなものにも理由があるはずです。僕たちが知らずに「タブー」や「倫理」としているものにも生物学的(環境適応的)理由があります。別に知らなくても良いのですが、その理由を知ってみたい人にはお勧めの一冊です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
本書を読むと、生き物はやっぱり遺伝の要素が大半を占めるようだ。
こればっかりは努力ではどうにもならない。

真実は残酷で、人はそれに耐えられない。だからみんな目を背ける。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告