通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
遺し書き―仲代達矢自伝 (中公文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2010年初版。全体的に良好です。書き込みやページの折れ等見られません。Amazon専用の在庫につき在庫切れはございません。速やかに発送をいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

遺し書き―仲代達矢自伝 (中公文庫) 文庫 – 2010/7/23

5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 905
¥ 905 ¥ 350

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 遺し書き―仲代達矢自伝 (中公文庫)
  • +
  • 未完。 仲代達矢
  • +
  • 仲代達矢が語る 日本映画黄金時代 (PHP新書)
総額: ¥3,799
ポイントの合計: 259pt (7%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「陰気は私のコンプレックスだった」。貧しさと飢えの中で育ち、敗戦で人間不信に陥った少年は、俳優座養成所で後の夫人と出会い、名優への道を歩み出す。黒澤明、小林正樹ら日本映画黄金時代を彩る巨匠の作品に出演、舞台俳優としても大きな足跡を刻んだ著者が、亡き妻との思い出を中心に綴った生涯の記録。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

仲代/達矢
1932年東京都生まれ。52年、俳優座演劇研究所付属俳優養成入所。舞台『幽霊』のオスワル役でデビュー。以後、舞台俳優として『どん底』『リチャード三世』『ソルネス』などで芸術選奨文部大臣賞、毎日芸術賞、紀伊国屋演劇賞ほか数々の賞を受賞。1975年から俳優を育成する『無名塾』を亡き妻・宮崎恭子(女優、脚本家、演出家)と主宰。2007年、文化功労者受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 285ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2010/7/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4122053447
  • ISBN-13: 978-4122053441
  • 発売日: 2010/7/23
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 430,440位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
若いころ仲代さんの舞台を何回か観ました。「声」の通りが素晴らしく圧倒されました。
この本でいつも奥様が客席の最後尾の席にいて、仲代さんが必ずその姿を見つけた、というくだりで
私が拝見した舞台でも奥様に向かって声をだしていたのかもしれない、と納得しました。
無名塾のみなさんが奥様の亡くなったときの仲代さんに「一緒に飲みましょう」と舞台で宴会に誘ったというのも真の思いやりというか敬愛の念を感じました。
心が温かくなる、幸福な読書体験をありがとうございました、と以前の舞台も含めて御礼を言いたいです。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ピノキオ 投稿日 2010/8/11
形式: 文庫
駅の本屋さんで見つけて移動中の暇つぶしに買ったのですが、
新幹線の中で涙が止まらなくなって困りました。
仲代さんは、日本人離れしたルックスで渋い演技をする大御所 というイメージしか持っていなくて、
このような生い立ちをもって、このような素敵な奥さんとの人生をおくられた
すばらしい人だったんだなあと改めて注目です。

特に奥さんのお話は、最近のモンスターペアレンツとは同じ人間だと思えないし(つめの垢をせんじて飲ませるというより
そもそも良さが理解できないでしょう。読書している間も後ろの座席で子供がキーキー金切り声を上げ、親は注意もせずにビールを飲んでいました)

ある程度年配のいわゆる できた奥さん でもこんなにすごい人はいないのではないでしょうか。
何度も生まれ変わってきた仲代さんの運命の人なんだなあと思ってしまうくらい素敵です。
筆者も作家を志したこともあるというくらいの人ですから、文章の力もあるとは思うのですが、つくづく美しい人です。
買ってよかったし、キオスクの人の選択眼にも感謝です。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 服部弘一郎 トップ500レビュアー 投稿日 2013/2/17
形式: 文庫 Amazonで購入
 2001年に主婦と生活社から刊行された同名の単行本に、2007年と2010年に取材された2本のインタビューからなる第二部「役者人生を語る」を加えて文庫化したもの。仲代達矢の自伝とあるが、実際には仲代達矢が妻・恭子との関係を書き下ろしたものだ。彼女は仲代達矢より1歳年上で、俳優座養成所の先輩に当たる。仲代と交際しはじめた頃は、俳優座の若手の中でも売れっ子だったというが、1957年に仲代と結婚してきっぱりと女優をやめてしまった。1970年代から脚本家として活動し、1975年には夫と共に無名塾を創立。その彼女が1996年に、前年発見された膵臓ガンで急死する。この本はそれから5年後に出たわけで、全編が仲代夫婦の歩んだ道のりについての記述で埋め尽くされている。

 第一章「男が独りになった時」は、恭子のガン発見から最初の手術、再発、突然の別れ、喪失感などを描いている。第二章「生い立ち、思い出の記」は仲代達矢の生い立ちや少年時代の思い出、役者になるまでの迷い多き青春時代の記録。第三章「二人でひとり」は、俳優座養成所への入学、恭子の生い立ち、夫婦の馴れ初め、結婚、恭子の脚本家・演出家としての歩み、無名塾の発足までを書いている。全体の構成としては冒頭に恭子の死という現実があるため、その後の思い出話なども、その死を前提としたものになる。全体に重たく暗いムードだが、それでも夫婦の
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
「遺し書き」とは幾らか内容がずれているように思う。「恭子夫人」に対する、断ち切りがたい未練、愛の不完全燃焼!男の咆哮!読んでいて涙が止まらない。これからも無名塾を育てて生きて行って下さるとこ、期待しております。
「人間の条件」も「飢餓海峡」も映画を観ました。深く感動しました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 一歩 投稿日 2012/12/7
形式: 文庫 Amazonで購入
これは読み応えのある作品です。何度も読み直しています。グッド!!
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告