この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


適材適所の法則 コンピテンシー・モデルを越えて 単行本 – 2005/5/12

5つ星のうち 4.2 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 1,993
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

コンピテンシーモデルの限界を越えて不易の法則である「適材適所」を再定義し、組織と個人のミスマッチを解決する行動メニューを提案。

適材適所――。松下幸之助をはじめとして、経営者が古くから使ってきた不易の言葉です。現実問題としても、適材適所の職場に配属されず、思うように力を発揮できない不満を抱える若手社員、また限られた職種の中で人材をどう配置すればよいか頭を悩ます管理職はたくさんいます。ただこの言葉を明確に定義し、現場に落とし込もうとすると、たちまち困ってしまうのではないでしょうか。さらに現代では、転職率や正社員比率の低下、プレイング・マネジャーの激増とそれに伴う不適合、成果主義の導入による適材不適所と報酬低下の悪循環、せっかく導入したコンピテンシー・モデルがうまく機能しないなど、適材適所がますます重要になってきています。そこで本書では、この古くて新しいこの問題を掘り下げ、適材適所を今日に即した概念として再定義すると共に、それを実現するための行動メニューを、組織の期待収益と個人の成長という両面から提案します。

内容(「BOOK」データベースより)

いまの配属先、満足してますか?人材配置に悩むマネジャー、配属先に不満を感じる若手…企業が抱える「組織と個人のミスマッチ」を解決します。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 169ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2005/5/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569640362
  • ISBN-13: 978-4569640365
  • 発売日: 2005/5/12
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 858,125位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

3件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.2

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

3件中1 - 3件目のレビューを表示

2016年10月31日
形式: 単行本Amazonで購入
2018年5月19日
形式: 単行本
殿堂入り
2005年7月5日
形式: 単行本
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告