この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


適応型ソフトウエア開発-変化とスピードに挑むプロジェクトマネージメント (Object Oriented Selection) 単行本(ソフトカバー) – 2003/7/9

5つ星のうち4.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥5,094
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

商品説明

   ソフトウェア開発のスピードは増す一方で、不確定要素や要求の変更はあたりまえのように発生する。誰もが変化を実感していてさまざまなルールやタスクを設けるが、うまくいかないまま苛烈な状況に落ち込むことも少なくない。

   本書には、そんなソフトウェア開発プロジェクトの変化を柔軟に受け入れ、かつ創発的なプロジェクトに変えていくためのヒントが豊富に含まれている。従来のソフトウェア開発の極端な例として、「記念事業的ソフトウェア開発」と「場当たり的ソフトウェア開発」の2つの概念を提示し、そのどちらでもない新たな開発モデルを目指す。

   具体的なメソッドを提示するというよりは、プロジェクトのフレームワークを掘り下げていくことに本書の主眼は置かれている。とはいえ、堅苦しく抽象的な概念論に終始するのではなく、全編を通じて、的確で豊富な比ゆが読者のイメージを膨らませ、幅広い内容に反して意外なほどあっさりと読み進むことができるのが特徴だ。「プロジェクト終了時に開発チームが心身ともに健康であること」のように、開発効率を追求する一方で、人間への配慮も忘れない。特に第12章はプロジェクトマネージャ必読と言えるだろう。

   あらゆる組織にはそれぞれに特徴があり、成功への最短距離もそれぞれ異なる。本書の思想をうまく既存の組織に取り込み、それぞれの成功を目指してほしい。(大脇太一)

メディア掲載レビューほか

適応型ソフトウェア開発
期間が短い上に要件が急変するシステム開発案件に臨むとき、プロジェクト・マネジャにはどのような心構えが求められるか。この問いに対して、アポロ宇宙船の制御ソフトを開発した経験を持つ著者は、「プロジェクトが日々刻々と変化するものということを受け入れて“適応”するのが重要」と説く。マネジャは「自らの知識を過大評価することなく、学習・思索・コラボレーションを繰り返すべき」という指摘は興味深い。


(日経コンピュータ 2003/10/20 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画


登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
評価の数 1
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ
100%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
VINEメンバー
2005年9月29日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告