通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
遥かなる大和 上 (角川文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

遥かなる大和 上 (角川文庫) 文庫 – 2010/8/25

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 926
¥ 926 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 遥かなる大和 上 (角川文庫)
  • +
  • 遥かなる大和 下 (角川文庫)
  • +
  • 青雲の大和 上 (角川文庫)
総額: ¥2,737
ポイントの合計: 47pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

改革を推進する聖徳太子の期待を背負い、遣隋使に加わった留学生・高向玄理と南淵請安は隋都で大使・小野妹子から密命を受ける。高句麗侵略前夜、失踪した通事の行方を追う2人が見たのは帝国の疲弊した現実だった。

内容(「BOOK」データベースより)

大和朝廷で改革を進める聖徳太子の期待を背負い、遣隋使に加わった留学生・高向玄理と南淵請安は、隋都で大使・小野妹子から密命を受ける。通事(通訳)・鞍作福利が、奪われた隋帝の国書を追って失踪したため、その行方を探ることになったのだ。高句麗侵略の準備に騒然とする隋で2人が見たのは、帝国の疲弊した現実だった。国書は誰に、なぜ奪われたのか?東アジアの視点から古代日本を活写する、全く新しい歴史小説の誕生。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 527ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010/8/25)
  • ISBN-10: 4043828098
  • ISBN-13: 978-4043828098
  • 発売日: 2010/8/25
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 93,212位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 隋唐革命を描く場合、普通は李世民に焦点をあてて、中国だけで話が完結します。ところがこの作品は、同じ隋唐革命を描くにしても、着眼点が全然違います。遣隋大使小野妹子や隋への留学生、高向玄理、南淵請安を橋渡し役にして、倭人の目からみた大陸の疲弊と希望を描いているのです。しかも、玄理や請安は革命軍の幹部と昵懇になるし、英雄李世民はなぜか悪役扱いされるしで、革命の主役に李世民ではなく李密の方を据えていたのも新鮮でした。
 この小野妹子は本当に恰好いいです。白皙の容貌でかなりの男前なのですが、清廉で度胸があり、権威や脅しには屈しない硬骨の魂を持ち、聖徳太子を尊敬し、反蘇我の旗手となっています。大陸で隋の実態を見てきた妹子の言葉に、倭の外交方針転換をはかる斑鳩の太子。それを阻む、新羅と通じる蘇我。しだいに広がる太子と蘇我の溝。勃発する水面下での死闘。新羅からの刺客などあやしげな人たちも次々登場し、目がはなせません。
 最後は、玄理や請安が日本に帰ってきて終わるのですが、この請安はちょっと通常のイメージとは違う面白い性格をしていますので、ぜひこのあとの活躍も見てみたかったですね。中臣鎌子あたりを主役に、大化の改新も続編で描いてほしいものです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
引き込まれますね。産経新聞に載っていたものです。難しい漢字が出て来るのは、歴史物なので仕方無いですが。こういった本格的な歴史小説を読むのは初めてです。自分は飛鳥時代に興味があるので買いました。東アジアの視点から古代日本を活写する、前代未聞の正当派歴史小説です。高まる緊張の中、小野妹子は留学生に密命をくだします。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ヨンゲソムンという韓国ドラマを見たばかりで、ちょうどこの本と時代が重なる、、、テジョヨンもついでに見ると、韓国側から見た中国、隋、唐への意識がわかり、とても面白いです。この本で描く内容がドラマでは色がついているので、わかりやすいです。教科書では教えてもらえない歴史物語をわくわくしながら読み進みました。続いて読んでいこうと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
る蘇我氏と新羅の関係が具体的に主張されている。また単に国内の政治争いでなく大陸と連動した動きがわかり楽しく読むことが出来る。現代でも続いている大陸と日本との関係の原点がよく著されているのではないか。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
遣隋使、遣唐使をはじめ、教科書に載っている人物がいっぱい出てくる豪華なキャスト。
隋から唐、朝鮮半島、大和朝廷と舞台も欲張りで盛りだくさん。
いろいろと話が広がってゆくので、ひとつひとつの考証はおそらく大雑把ではあるけれど、あちこちダイナミックに話が進んでゆくのが爽快、痛快なエンターテイメント。
巨悪蘇我に対して、小野妹子ら反蘇我チームが熱く突っ走っているのがいい。それぞれの立場で、太子の理想の実現を信じて奔走している姿に、各々の理想や焦りが入り混じる。
史実を知っているだけに、終盤に向かって辛いのだが、太子を失い大きな挫折を感じながらも、何年、何十年先を見据えて次に繋いでゆこうとする姿に救われる。

気になったのは「(刀を帯に)ぶちこむ」等「ぶ」「ぶっ」のつくの表現。何度も繰り返し出てきて違和感がある。もったいない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告