Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 2,160

¥ 216の割引 (9%)

ポイント : 21pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[株式会社モバイル&ゲームスタジオ]の遠藤雅伸のゲームデザイン講義実況中継
Kindle App Ad

遠藤雅伸のゲームデザイン講義実況中継 Kindle版

5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376 ¥ 1,200

紙の本の長さ: 376ページ
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

タブレット端末での読書には無料アプリ Kindle for iPadKindle for Android をご利用ください。


商品の説明

内容紹介

ゲームの巨匠が伝授する“面白い”の作り方

※この電子書籍は、「固定レイアウト型」で配信されております。説明文の最後の「固定レイアウト型に関する注意事項」を必ずお読みください。

遊びに必要な要素とは? 人がハマる仕組みとは? 数々の名作を生み出したゲームクリエイター・遠藤雅伸が放つゲームデザインの極意! 「面白い」の概念から、具体的なゲームへの応用まで、ゲーム設計の理論と実践を徹底解説。秘伝のノウハウが満載の一冊!

●目次
第1回 ゲームって何?
第2回 ゲームシステムのいろいろ
第3回 レベルデザインの原点
第4回 テーマデザインの基礎
第5回 多人数対戦ゲームのレベルデザイン
第6回 ゲームAIとはどんなものか?
第7回 カードゲームのゲームデザイン
第8回 ユーザーインターフェイス
第9回 シューティングゲーム
第10回 ドライブゲーム
第11回 アクションゲーム
第12回 ゲームにおけるサウンド
第13回 モバイルゲーム
第14回 オンラインゲーム
第15回 パズルゲームとテーブルゲーム

固定レイアウト型に関する注意事項(必ずお読みください)
この電子書籍は、全ページ画像の「固定レイアウト型」で配信されております。以下の点にご注意し、購入前にプレビュー表示をご確認の上、ご購入ください。

■使用できない機能
・文字拡大(ピンチイン・ピンチアウトは可能ですが、画面におさまらない場合は画面をスワイプ)/文字のコピー/マーク/ハイライト/文字列検索/辞書の参照/Web検索/引用

■推奨環境
・タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末
・Wi-Fiネットワーク経由でのダウンロード(Kindle端末の場合)

内容(「BOOK」データベースより)

遊びに必要な要素とは?人がハマる仕組みとは?ゲームの巨匠が伝授するゲームデザインの極意。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 97292 KB
  • 出版社: SBクリエイティブ (2012/3/27)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00I3U7AOS
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 79,570位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 カードサイズや角、紙質などによるコストの違いを遊戯王やMTG、ポケモンなどの身近なカードゲームで解説されており理解しやすく面白かったです。
 TVゲームのデザインに関する本はたくさんあるのに、カードゲームのデザインについて詳しく書かれている本が見つからない…と悩んでいた自分にとってはとても助かりました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
「ゼビウス」「ドルアーガの塔」「いただきストリート」の遠藤氏の著作。

大学院での講義ということで、
「おもしろさ」とは何かに迫ることを期待したが、その部分の説明は不足している。

すなわち、カイヨワの引用でお茶が濁されるのである。
しかも、残念なのは、カイヨワの4分類を無批判に(そう見える)紹介して、
・競争
・偶然
・模倣
・眩惑
その後の日常にあるおもしろい出来事の分析をはじめてしまうのである。

ちょっと待ってくれ!
そもそも、その4分類がおもしろさを解明しているようには見えないし、
相互の関連も議論の余地があるだろう!

その後のより具体的な、ゲームのルールに関する論理展開においても、そういう甘さがたまに見え隠れする。

ただ一方で、たとえば得点のカウントについては、ある基準から、
加点するか、減点するか、ゼロサムか、という全体を尽くした論理展開もあるので、
著者も理論的な弱さは気づいているのだろう。

おそらく、それ以上理論的に詰めることがなくとも、
おもしろいゲームが生み出せると考えているのだと思われる。

いわ
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 noven 投稿日 2012/9/16
形式: 単行本
なぜ今までゲームのことを面白いと感じていたのか、とてつもなくわかりました。これはすごい本です。

第一章の遊びの根本の話や、サイコロを入れるだけでゲームが面白くなる話など、読んでいてぐっとくるものがありました。

ゲームについて学びたい人には必読の本になるんじゃないかなー、とにかくお勧めですね
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 新井彗 投稿日 2012/11/19
形式: 単行本
この本は、もちろんゲームデザイナーの話ですが、話がすっごく面白くないです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover