遠くの空に消えた [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,142
通常配送無料 詳細
発売元: 貴方に届けるDVD屋さん(迅速発送・年中無休24時間営業・在庫切れ無し)
カートに入れる
¥ 3,142
通常配送無料 詳細
発売元: ドットコム家電&ホビー
カートに入れる
¥ 3,145
通常配送無料 詳細
発売元: アラタショップ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

遠くの空に消えた [DVD]

5つ星のうち 3.4 17件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,990
価格: ¥ 3,142 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 848 (21%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、■TapoTapo storeが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 3,142より 中古品の出品:12¥ 380より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)で遠くの空に消えたを今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 遠くの空に消えた [DVD]
  • +
  • Little DJ 小さな恋の物語 [DVD]
総額: ¥7,840
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 神木隆之介, 大後寿々花, ささの友間, 大竹しのぶ, 小日向文世
  • 監督: 行定勲
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ギャガ・コミュニケーションズ
  • 発売日 2008/03/07
  • 時間: 297 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 17件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000ZLPT3C
  • JAN: 4571147372559
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 88,976位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

『GO』で数々の映画賞を受賞し、その後、『世界の中心で、愛をさけぶ』をはじめ数々の大ヒット作を手掛ける行定勲監督。その行定監督が7年間、温め続けたオリジナルストーリーが本作。神木隆之介、大後寿々花、ささの友間の3人に日本を代表する豪華なキャスト陣が集結。
光と影が織り成す美しい映像世界。夢見ることを忘れてしまった大人へ贈る感動作!
<ストーリー>
青い麦畑、どこまでも続く一本道、ビル一つない青空。時がゆったりと流れるのどかな田舎町は、今、空港建設を巡る争いに揺れていた。空港公団団長である父親(三浦友和)に連れられ都会から転校してきた亮介(神木隆之介)は、地元の悪ガキ公平(ささの友間)と、ふとしたことから友情を気付いていく。そして二人をさらに結びつけたのは、いつも一人で丘に立つ少女ヒハル(大後寿々花)。父親を連れ去ったのはUFOだと信じ、毎日空を見上げている。そんな中、大人たちの空港建設を巡る愚かな争いは日に日に激しくなり、子供たちの夢までも握りつぶしていくのだった。
「ヒハルの夢を叶えたい-」、そして失われつつある村を守るため、少年たちの“史上最大のいたずら”が始まる。
<商品仕様>
DISC1 本編144分 カラー/MPEG-2 片面2層 16:9LBビスタサイズ
音声 1日本語(5.1chサラウンド)2日本語(2.0chステレオ)[オーディオコメンタリー:行定勲監督]
字幕 1日本語 2英語
特典 劇場予告編/オーディオコメンタリー:行定勲監督/キャスト&スタッフ プロフィール(静止画)
DISC2 約153分(予定) カラー/MPEG-2 片面1層 4:3 スタンダードサイズ
音声 日本語
特典映像 ■メイキング(約38分)
■インタビュー集(約72分)・CASTインタビュー:神木隆之介|大後寿々花|ささの友間
・STAFFインタビュー:行定勲監督|撮影:福本淳|照明:市川徳充|美術:山口修|衣裳:伊藤佐智子|VFX:進威志|編集:今井剛|音楽:めいなCo. ■Metro Music Oasis ファンタジックナイト(2007.8.17 IN TOKYO)(約28分)
■初日舞台挨拶映像(2007.8.18 IN TOKYO)(約12分) ■フォトギャラリー(約3分)計:約153分

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『クローズド・ノート』の行定勲監督が神木隆之介と大後寿々花を主演に迎え、少年少女のひと夏の冒険を綴った感動ドラマ。時がゆったりと流れる田舎町で、少年たちの史上最大のいたずらが始まる。メイキングなどを収録した特典ディスクを封入。2枚組。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
あまり印象に残らない映画でした。
良かった点は、映画の舞台となる村の風景が美しいこと。それから個人的には大後寿々花です。

いまいちだった点としては、まず物語として焦点が定まらず、何をメインに見せたいのかが後半にならないと分かりづらかったです。それに関連して、正直、見終わった後に思い返すと「あのシーン必要だったかな??」と思わざるを得ないシーンが結構ありました。もちろん作者に言わせればどのシーンにも意味はあるんでしょうが、、でも内容のわりに映画の時間が無駄に長すぎる気がしました。

それからこれはどうしても気になった点。
ラストの「どんな奇跡を起こす」のかという大事な内容が、予告で既に見せてしまっていたことです。「奇跡で何を起こすんだろう」ということが分からなければ、まだ驚きも大きかったと思いますが、、残念でした。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ
私が持っていたならば、私は英雄のような誰かを見つける必要があります。 映画撮影技術は息をのむようです。 私の兄弟と私は一緒にそれを見ました。 私は映画より多くの悲しい少し終わったならば、それはより良いと思います。 計画ねじれです。 この映画は非常にいいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 一色町民 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2007/12/18
形式: DVD
空港開発という現実的な設定ではありますが、その舞台となる村はワルガキたちがはしゃぎ回る古き良き時代の趣。さらに、そこの住人たちはエキセントリックで、奔放で、アブノーマル。(笑) かつての日活映画のような無国籍感と和製ウエスタン調のチンピラ、バーにはフェリーニ映画に出てきそうなアバンギャルドな楽団に異人(ロシア人)の娘たちが登場。
流れ星を採ることが出来るレトロな天体望遠鏡や、木で組んだパラボナアンテナといった小道具も面白い。

ストーリー的にも、空港建設への反対運動を中心に環境問題などのテーマはあるものの、亮介と公平、ヒハルを中心にした子供たちのエピソード、亮介の父と村人たちの大人のエピソード、さらには結婚を控えたサワコ先生と天空からやって来た鳥人(?)とのファンタジックな恋のエピソードと、まるでバラバラに展開する。
色々な要素を詰め込みすぎで、サワコ先生と婚約者との関係とか描き足りない部分もあります。特に、ヒハルの後半の描き方が薄すぎる等、色々不満な点も多い。

でも、なんだかいい気持ちになれた映画ではありました。ポジティブで、大人も子供も本当はこうあれたらいいのに、という監督の描きたいものには共感できます。
たとえば、生物学者である公平の父親(小日向文世)の台詞がよかった。「蜂は航空力学的に言えば、飛べる構造
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
物語はとうとう完成した空港の一角にうずもれた1足の靴型から始まる。

ちょっとに似た少年少女思い出物だ。最初から脚本と音楽のコンビネーションが拙劣で一体これはどうなるのか先が危ぶまれたが、三日月が満月に膨らむ頃には監督の脳髄に浮かんだ夢と浪漫の幻想譚は次第に大きな輪郭を描きはじめ、人力飛行機が夜の森に舞う。

ヒコーキは高級物理学上では飛行できないのに、それを可能にするのは飛ぼうとする意志であるというシナリオは日ごろのわたくしの考えと一致していてうれしかった。ラストは冒頭に戻って予定調和の美しい円弧を描く。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ファンタジーなのだ。物語がどう着地するかは自由だし、着地しないでフィニッシュしても全然OK。空港建設に反対している村民がいて、新しい空港公団の団長・楠木(三浦友和)が息子・亮介(神木隆之介)を連れてやって来る。亮介が地元の悪ガキ・公平(ささの友間)たちと仲良くなっても、観てて気持ちよければ、それでいいのだ。

UFOに父親を連れ去られた少女ヒハル(大後寿々花)や、弟を失って頭がちょっとおかしくなった鳩飼いの青年・赤星(長塚圭史)、7年ぶりに村に帰って来た生物学者で公平の父・土田(小日向文世)など、突飛な設定があったとしても、配役にわくわくできて、その演技を楽しめれば、それでいいのだ。 2時間24分の長尺がまったく気にならない。もっと観ていたかったほど。観終わって、幸福感が胸にジワ〜ッと広がったのだ。

この映画の主役は、舞台となる架空の村「馬酔村(まよいむら)」でしょう。この村の自然といったら素晴らしいとしか言いようがない。俳優では、「リアリズムの宿」で主演の長塚圭史が気になった。今後が楽しみ。それから、鈴木砂羽が伸び伸びとやってて、うれしかった。行定勲監督は、「セカチュー」はつまんなかったし、「GO」のイメージしかなかったけど、このファンタジーは新しい代表作になるね。「ボードビル・ファンタジー」っていう映画の新しい路線を作ったのかもしれない
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す