遠い空の向こうに [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

遠い空の向こうに [DVD]

5つ星のうち 4.8 157件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,543
価格: ¥ 927 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 616 (40%)
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 786より 中古品の出品:4¥ 1,057より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルストア】 -外国映画新着ニューリリースや『ブルーレイ2枚 3,090円』などユニバーサルの最新情報はNBCユニバーサルストアへ

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 遠い空の向こうに [DVD]
  • +
  • オーロラの彼方へ [DVD]
  • +
  • グッド・ウィル・ハンティング~旅立ち~ [DVD]
総額: ¥5,334
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジェイク・ギレンホール, クリス・クーパー, ローラ・ダーン, クリス・オーウェン
  • 監督: ジョー・ジョンストン
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジェネオン・ユニバーサル
  • 発売日 2012/05/09
  • 時間: 107 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 157件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B006QJSUCY
  • EAN: 4988102060893
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 1,935位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

あの感動との再会を
新たな感動との出会いを

ユニバーサル 100周年
ユニバーサル シネマ・コレクション DVD


宇宙に想いを馳せた少年の夢、それは、ロケットを飛ばすこと!NASAのエンジニアの自伝を映画化した、爽やかな青春ドラマ。

【キャスト】
ジェイク・ギレンホール/クリス・クーパー/ローラ・ダーン/クリス・オーウェン

【スタッフ】
監督:ジョー・ジョンストン

制作年:1999年

(C) 1999 Universal Studios. All Rights Reserved.

※映像特典、商品仕様、ジャケット写真などは予告無く変更となる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ジョー・ジョンストン監督が『ブロークバック・マウンテン』のジェイク・ギレンホール主演で贈る青春ドラマ。NASAのエンジニア、ホーマー・ヒッカムの自伝を元に、ロケットに夢を賭けた若者たちの姿を描く。“ユニバーサル・シネマ・コレクション”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
スターウォーズやゴッドファーザー、ローマの休日、バック・トゥ・ザ・フューチャー等、名作と言われる映画は多く観てきました。
もちろんどれも素晴らしい作品で感動もしたのですが、どうしても観る前に他の人の感想や宣伝が目に入ってしまい、純粋な意味でゼロから観て感動したとは言えませんでした。自分の中で「これらは名作と言われているんだから感動するんだろうな」「良いと思わないといけない」という気持ちがわずかですがありました。名作と言われる絵画を観て「名作と言われているんだから凄いのだろう。凄いと言わないと分かってない人と思われる。」という感じと同じです。観ていなくても聞いたことのある有名なストーリー、有名な俳優、名シーンの数々。これら断片的な情報を抱えたまま観ていたので、感動も「予想どおりの感動」といえるものでした。

この「遠い空の向こうに」を最初に観たのは高校生の頃です。英語の授業で先生が英語の教材として皆に観せてくれました。
おそらくですが、クラスメートの誰もこの映画を観たことが無かったと思います。いつもどおりのどこか集中が欠けた、おしゃべりの聞こえる授業でした。映画が始まり、設定は昔のアメリカ、知らない俳優、聞いたことのない題名。当然、クラスのやんちゃ君達はお喋りしていました。しかし、映画が終盤にさしかかる頃には誰一人喋っていませんでした。自分も最
...続きを読む ›
コメント 129人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
恥ずかしながら、この作品のことは全く知らず、監督やキャストの名前もいまいちピンとこなかったのだが・・・何故、今まで知らなかったんだ!?とも思える程、近年では、その知らなさ加減と見終わった後の感動の差が最もあったといえるほど、とても素晴らしい作品だ。ソ連の打ち上げた初の人工衛星「スプートニク」に驚き、感動し、やがてロケットに夢を馳せる青年たちの実話を基にした青春ストーリーがとても爽やかな感動を与えてくれる傑作。炭坑町のなかで誰もがやがて炭坑夫になるしかないというレールから、そこから飛び立つという夢をロケットに重ね合わせ、やがてその夢を叶える・・・その一方、友情、応援者、そしてやはり、最後は「家族愛」という2大テーマが最高にマッチした映画となっている。内容もさることながら、最近のCGではない、落ち着いた映像とでも言おうか、50年代の雰囲気と言おうか、山、川、空、家、ファッション、車・・・等々の「自然美」が見ていてとても美しく、見る者を落ちつかせてくれる映像も大変に気に入った。また、随所に挿入されるエルビス、バディ・ホリー、プラターズ・・・といった珠玉の50’Sオールディーズ(当時は最新曲?)の数々もとてもいいアクセントになっている。本当に見てよかったと言うか、知ってよかった!そんな「夢って良いな!」と教えてくれる大推薦の一本。
コメント 90人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 ドキドキハラハラの映画は多いけど、何度も聞き直し見直す映画は少ないなあと思っていました。
 ものすごくハラハラする場面は少ないけど、未来に対する夢がわく映画で、子供にも見せたいと思いました。自分の英語鍛練用としても使うにも最適と思います。DVDを購入する時の自分の基準として、こういう「何度でも静かな感動と明るい気持ちで見返せる映画を手元に置きたいから」という項目ができました。
 主人公の青年、父親役の俳優それぞれはまり役です。せりふも良い。ぜひ手元においてしみじみと味わってください。
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 東の風 VINE メンバー 投稿日 2008/1/18
形式: DVD
 人々が見守る中、少年たちの夢を乗せて、はるか空の高みに向かってまっしぐらに飛んで行くロケット。何度か登場するそのロケット発射のシーンがすごくよくて、清々しさにあふれていて素敵でした。
 自分と同じ炭坑の仕事についてほしい父親と、空に向かう夢の道に進みたい息子との衝突。ロケットを飛ばしたい夢を応援し、主人公のホーマーの背中を後押しする教師の力強い励まし。いくつかの試練を経て、それでも夢をあきらめずに、ロケットの打ち上げにチャレンジし続けた「ロケット・ボーイズ」の四人の少年たち。
 久しぶりに見たのですが、「こんなに胸が熱くなる、素敵な映画だったんだなあ」と、改めて感動しましたね。ソ連の人工衛星スプートニクが夜空に描く光の軌跡を見て、ホーマーがひとつの夢を見つけるシーンをはじめ、あちこちで目頭が熱くなりました。
 原題は、宇宙に向けてスプートニクが空を飛んだ1957年10月にちなんで、『October Sky』。「Rocket Boys」のアナグラム(単語のつづり換え)になっているところも、心憎いっすねぇ。
 1999年製作のアメリカ映画。全体の雰囲気は、でも、イギリス映画の肌触りがしたんですけどね。
 もうひとつ。オープニングあるいはエンディングで奏でられる弦楽器(チェロでしょうか)の調べが、作品にあたたかな彩りを添えていたのも印象に残ります。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック