中古品
¥ 8
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに使用感(ヨレ、スレ、傷等)あり。中身は書き込み等ない状態です。万が一購読等に支障をきたすようなことがありました場合、アマゾンの規定に従いカスタマーサポートを通して適宜誠実に対応させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

道果ての向こうの光 (レガロシリーズ) 単行本(ソフトカバー) – 2008/2/18

5つ星のうち 4.6 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 8
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

聖女と騎士、そして、町娘だった少女の
出会いと別れの物語

話題のオリジナル小説サイト「Libera」の人気小説が書籍化!!

――残酷な奇跡に、私はなにをのこせるだろう。
平凡な町娘だったユーナの日常は唐突に失われた。真っ白い空間で出会った正体不明の「光」に請われるがまま、「聖女」の身体に入って生活することになってしまったユーナを待っていたものは、「聖女」の婚約者、神聖騎士アシュートの思いがけない侮蔑のまなざしと、侍女たちの努めて無感動な表情、そして、王宮をつつむ張りつめた空気であった。
わけもわからず混乱のまま、それでもなんとかやっていこうと決意するユーナであったが、ある夜、螺旋階段の奥に潜む「聖女」の罪を知り……!?

内容(「BOOK」データベースより)

平凡な町娘だったユーナの日常は唐突に失われた。真っ白い空間で出会った正体不明の光に請われるがまま、美しい聖女の身体に入って生活することになってしまったユーナを待っていたものは、聖女の婚約者である第一神聖騎士アシュートの思いがけない侮蔑のまなざしと、侍女たちの努めて無感動な表情、そして、王宮をつつむ張りつめた空気であった。わけもわからず混乱のまま、それでもなんとかやっていこうとするユーナであったが、ある夜、螺旋階段の奥に潜む聖女の罪を知り…。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 328ページ
  • 出版社: イースト・プレス (2008/2/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4872578805
  • ISBN-13: 978-4872578805
  • 発売日: 2008/2/18
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 176,858位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
 イースト・プレスのネット小説、書籍化シリーズ第三弾です。
 表紙の二人が手を取り合ってるイラストが凄く良くて、綺麗で購入してしまいました。
 
 あらすじを読んだ時には「暗い話なのかな?」っと、あまり期待していなかったのですが、読み始めると続きが気になってしかたがなくなり、数日間で読み終えてしまいました。
 全体的にとても読みやすく、次がどうなるのかと読み手の期待感を失わせないうまい書き方をしていると思います。
 キャラ一人一人、使用人さえもちゃんと自分を持っていて、丁寧に書いているのが伝わってきました。
 主人公のユーリは“ヒロインの定番”の性格をしています。じっとしていられなくて自ら行動する心優しい女の子です。
 そういうのが苦手な私はユーリの言ってることが『あからさまな綺麗事』に聞こえるので、もうちょっと言い方をうまい具合にしてくれたらな〜・・・っと思ってしまいました。
 
 後は、やっぱり続くのかと・・・
 イースト・プレスのネット小説シリーズは「華鬼」「やおろず」と買わせていただきましたが、「華鬼」も中途半端に終わり、この「道果ての」も完結せずに終わってしまいました・・・あとがきには“またご縁があって皆様にあえることを〜”って・・・「えー・・・次の巻でお会いしましょうじゃ
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
表紙の美しさに思わず購入してしまいました。中の絵はまずまずでしたが‥‥

でも内容に十分な魅力があったと思います。

一度死んで、ある都合によって他人の代わりにしばらく生活することになった主人公ですが、様々な困難に一人で立ち向かって必死に生きているのに、この子のすぐ先には本当の死があるんだなあと思うと、なんだか悲しいです。

なんとかして報われてほしいです。続編に期待してます。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 souma 投稿日 2009/12/9
形式: 単行本(ソフトカバー)
すっかりレビューを忘れていましたが、希望していた続編が無事発売とのことで、読者でありながらほっと致しました。
更に続いていく展開となっており、この先の刊行予定が気になるところです。
続きが書籍化しないのであれば、ネット公開分を読んでしまおうと思えますが、そうとも決まっていないので、続きを漠然と待つしかないのがイーストプレス出版の難点だと思います。
ともあれ、作品内容については言うことなし。とても引き込まれていく展開です。
ぜひ3巻へと続いてくれることを願っております。

蛇足になりますが、刊行期間が非常に長いので、いっきに物語を読みたい方には絶対にオススメできませんので、ご注意下さい。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
イースト・プレスさんのネットシリーズ本だからと買ったのですが、一気に読みました。

とっても面白かったです。
限られた期限の中、与えられた環境は「針のむしろ」な主人公が気の毒といえば気の毒ですが、戸惑い悩みながらも、ぎこちなく進もうとする姿に好感が持てます。

周りを固める人物たちもとても魅力的で、彼らが今後どう変わっていくかにも期待。
是非シリーズ化をと願います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告