この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


道具としての会計入門 これならわかる企業会計原則 単行本(ソフトカバー) – 2008/1/31

5つ星のうち3.4 2個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥252
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

会社は、決算書をつくらなければなりません。ただし、決算書を勝手につくってしまうと、会社同士を比べることも、前年と経営状況を比較することもできません。そこで、企業会計原則や会計基準といったルールが定められています。会社法や金融商品取引法が施行され、税法にも変化がみられます。

経理・財務の担当者ばかりでなく、今日のビジネスパーソンは、このルールを知り、道具として上手に使いこなして、自社の経営状況と他社の動向を理解しておく必要があります。
会計制度が目まぐるしく変化する今日にあっても、企業会計原則は、企業会計の基本となる道具です。本書でその全貌と変わりつつある会計制度の動きをつかみ、切れ味を高めておきましょう。

内容(「BOOK」データベースより)

企業会計の一般原則、財務諸表の作成原則、会計処理のポイント、法人税との関係、最新の会計基準…会計のルールをビジュアルで解説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 206ページ
  • 出版社: 日本実業出版社; A5版 (2008/1/31)
  • ISBN-10: 4534043422
  • ISBN-13: 978-4534043429
  • 発売日: 2008/1/31
  • 梱包サイズ: 21.2 x 15 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 616,690位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.4
評価の数 2
星5つ
48%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ
52%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件のカスタマーレビュー

2014年9月19日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
VINEメンバー
2013年2月25日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告