中古品
¥168
+ ¥257 配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 book store 24
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 概ね良好なコンディションです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

道に迷う若者へ (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2013/7/12

5つ星のうち4.1 29個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2013/7/12
¥96
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

人は、何の為に生まれ、何の為に生きなければならないのか。
人間として生まれた以上、片時として離れることの無いこの根源的な疑問を抱く
すべての日本人に贈る、熱く魂を揺さぶる珠玉のメッセージ。

九州五大財閥に生まれ日本料理界のサラブレッドとして育てられた少年期。
父の命を守る為、一日20時間屋台を引き続けた10代。
志半ばで倒れた父の思いを受け継ぎ飲食業界での信念に直走った20代30代。
そして、ジャパンブランドを引っさげ世界に挑もうとしている40代。

栄光と没落、人間の生と死、理念と理不尽、幸運や不遇など、
世の中に存在するあらゆる両極の修羅場をくぐり抜け、
自分自身の運命との真剣勝負に挑み続けてきた著者が、
これから挑もうとしている世界との真剣勝負の渦中で、
不平等な出生、理不尽な社会、不正だらけの国家に苛まれながら、
自信も希望も存在意義さえも見失おうとしている現代の若者たちへ、
「人生とはなにか」「自分とはなにか」「生き様とはになか」
「お金とはなにか」「仕事とはなにか」「信念とはなにか」
の6つのテーマから、全身全霊の激励を贈る魂の書。


【先行販売の読者からいただいた感動の声】

読みながら動きたくなる衝動に駆られる一冊。居ても立ってもいられなくなった。何かしたい! (26歳・フリーター)
この一冊の為に出版社を立ち上げてまで世に出してくれた田中社長に、心からの「ありがとう! 」を贈りたい! (28歳・起業家)
著者と魂の対話をしながら一気読みしました。(44歳・会社経営)
息子にとって必要な時期が来るまで大切に保管しておきたい。(32歳・主婦)
今までの自分が誰かのルールの中で生きてきたことがとてもよくわかった。(26歳・会社員)
本当の意味で自分の人生に満足したい人は、必ず読むべき本だと思った。(20歳・学生)
読者一人ひとりに向けられた魂を揺さぶるメッセージ。(38歳・会社経営者)
世の中に溢れる似非成功者のキレイゴトを一蹴してくれた実に痛快な一冊。(37歳・WEBコンサルタント)
今、執筆中の原稿110ページ分、全部削除して書き直すことにした。(40歳・マーケッター)
読み始めたら止まらなくなった。魂から熱くさせてくれる名著! (45歳・会社経営者)
若者に限らず日本人であれば読むべき! (51歳・会社経営者)
「武士道とは死ぬことと見つけたり」現代版『葉隠れ』とも言える日本人の精神を呼び覚ましてくれる。バイブルとして自分の子どもにも読ませたい。(36歳・コンサルタント)
学生時代に読んでいたら、まったく違った人生を歩んでいたと思う。(39歳・会社役員)
17歳の息子に読んで欲しい。(38歳・デザイナー)
これほどの熱い言霊を発信できる著者が、この時代に居たことに感動した。(46歳・会社員)
もっと挑戦してもいいんだということが本当の意味で腑に落ちた。(22歳・学生)
悶々としていたこの数年間の靄が晴れた。早く動きたい。(38歳・コンサルタント)
言葉は厳しいのに、こんなに優しい感情をくれる本に出逢ったことがない。(36歳・OL)
著者の体験や経験に、終始感銘しながら読み終えました。凄い、素晴らしい本。(34歳・タレント)
この著者が本物であることは文章を読むだけでよくわかる。こういう本が売れる日本を取り戻さないとダメだ。(64歳・会社顧問)

出版社からのコメント

立志出版社は、この本を出版するためだけに立ち上げられた。
フリーの出版プロデューサーとして活躍していた田中克成は、
著者高取宗茂氏が以前に書いた10本のコラムを偶然目にし、本書の執筆を強く嘆願。
高取氏の想いや生き様に直接触れ、既存の出版社に託すのではなく、
自分で出版社を設立し、命懸けで売り広めると決意。
2013年10月より、東京を出発し、神奈川⇒静岡⇒名古屋と太平洋側を南下。
2016年5月末、約3年を要した全国行脚の旅は、河川敷や公園などでの寝泊りを繰り返し、総踏破距離6,248km、書籍手売部数12,447冊、自殺志願者180名超を救い、47都道府県を制覇し帰結。ゴールイベントには全国から1,000人を超える支援者が殺到した。
ちなみに、当出版社から2冊目となる作品の出版予定は、今のところない。


『道に迷う若者へ』の刊行にあたって

「我が子が将来道に迷った時、救ってあげられる書籍を残しておきたい」

出版に携わってきたこの数年間は、
そんな個人的な想いを果たすため、と言っても過言ではなかった。
以前、ぼくは家族を路頭に迷わせる不安に駆られていた。
「子どもたちを不幸にする為に俺は生まれてきたのか?」
それが自分の存在意義なのかもしれないと考えると、自分という存在が呪わしかった。
そんな時、「死亡保険金」という解決策を閃いてしまう。
だが、決行の直前、虫の知らせを受けた母の電話でぼくは生かされた。

ぼくが守りたかったもの。母が守りたかったもの。
そしてこの本を手にしたあなたが守りたいもの。
あなたに手渡した人が守りたいもの。
それは、いつの時代も目の前にいる大切な人の命なのではないか。
そしてその命の先に広がる子孫たちへと、命を懸けた生き様が継承されていくのだ。

ぼくの我が侭に本書の執筆を受諾してくれた高取氏も、
執筆中、これまで関わった一人ひとりに向けて語ったのだと教えてくれた。
本書を読み、将来ぼくはこの本で最愛の命を守ることになるだろう、と確信した。
本書が道に迷った若者へ届くことを願って刊行する。

株式会社立志出版社 代表取締役 田中克成 ───本書巻末より転載

著者について

髙取宗茂(たかとり・むねしげ)

実業家。飲食店経営。株式会社和僑代表取締役社長兼会長。
1971 年佐賀県生まれ。九州五大財閥旧髙取財閥の家に生まれる。1986 年に家業が倒産。
18 歳で単身福岡天神に渡り所持金7円から屋台を引き始める。23 歳から店舗展開をはじめ、現在は、全国各地で直営店舗運営の他、FC、流通、生産管理、コンサルティングなどを展開。「食」を通しジャパン・ブランドを世界に発信すべく活動している。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 192ページ
  • 出版社: 立志出版社 (2013/7/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4861136563
  • ISBN-13: 978-4861136566
  • 発売日: 2013/7/12
  • 梱包サイズ: 17.2 x 11.1 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 28件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 204,141位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
評価の数 29

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

28件のカスタマーレビュー

2018年7月10日
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年12月16日
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年3月7日
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年9月20日
Amazonで購入
2015年5月16日
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年11月2日
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年4月9日
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年10月3日
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告