日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

過去を逃れて(字幕版)

 (30)
8.01時間36分194713+
ガソリンスタンド経営者で元私立探偵ジェフはギャングのボスから情婦キャシーを探すよう依頼される。しかしどうしようもなくキャシーを恋した彼は彼女を連れてサンフランシスコへ逃げてしまった過去を持つ。結局キャシーに裏切られ、新たな恋に生きようとするジェフだったが...。

プライムで¥0で視聴できます

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

提供
ジャック・ターナー
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち4.1

30件のグローバルレーティング

  1. 41%のレビュー結果:星5つ
  2. 40%のレビュー結果:星4つ
  3. 15%のレビュー結果:星3つ
  4. 0%のレビュー結果:星2つ
  5. 5%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

東亰仮面2019/09/03に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
美貌の悪女に翻弄される男たちの物語。
確認済みの購入
ジェーン・グリアが演じる美貌の悪女キャシーに振り回される若き日のジェフ(ロバート・ミッチャム)やウィット(カーク・ダグラス)たちの物語。こういう女性は自分の美貌を武器に悪を悪とも思わずに平気で振る舞い、その時々で強い方について、自らは常に贅沢な暮らしを続けていくので、本当に嫌ですね。皆さんも騙されないようにしましょう、と言いつつも、実際に目の前にこんな美女が現れたら騙されちゃいますよね、人生はだだ狂いになりますけど。
で、話は前半は現在と過去の入れ子構造になっているのですが、途中から両者が現在進行形で融合するので、ちょっとややこしいです。
最後にヴァージニア・ヒューストン扮するアン(ジェフの現在の恋人)が、ガスステーションで働いていた耳の聞こえないキッドに「ジェフは本当にキャシーと逃げようとしていたのか」と尋ねるシーンがあり、キッドが首を縦に振ったことでアンは幼馴染の警官の車に乗って去って行きますが、キッドはそのことを報告するようにジェフのガスステーションの看板を見上げて微笑みます。ジェフは無垢のアンが幸せになるよう、キッドに嘘をつくように言ったようですね。なぜなら、ジェフはキャシーと車で逃亡する前に自分で警察に連絡しているわけですから。ちょっと難解だけれど、粋なラストシーンだと思います。
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
K.Sato2021/05/12に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
フィルム・ノアール史上最高レベルのファム・ファタール
確認済みの購入
 監督は『キャットピープル』(1942年)、『私はゾンビと歩いた! 』 (1943年)のジャック・ターナー。音楽は『奥様は魔女』(1942年)のロイ・ウェッブ、撮影は『らせん階段』(1946年)のニコラス・ムスラカ、1947年の作品です。
 元探偵のジェフ(ロバート・ミッチャム)はガソリンスタンドを経営しているのですが、そこにカジノの親分のウィット(カーク・ダグラス)の手先のジョー(ポール・ヴァレンタイン)が頼みがあるとやってきます。
 ウィットの所へ行く途中、ジェフはこれまで隠していた過去を、付き合っているアン(ヴァージニア・ヒューストン)に話始めます。
 かつてウィットは、40千ドルを盗んで行方をくらませたキャシー(ジェーン・グリア)を探してほしいとジェフに依頼したのですが・・・。
 作品全般を通してキャシー役を演じたジェーン・グリアのファム・ファタールぶりが凄いです。その場その場で嘘をつき何人もの男が死んでいきます。何が彼女をこんな女性にしてしまったのか、それを描いただけでも別の面白い作品が出来そうです。
 さらにミータを演じたロンダ・フレミングの悪女ぶりも見ものです。
 ラストに、残されたアンのこの先を思って嘘をつくキッド(ディッキー・ムーア)の優しさが心に沁みます。素晴らしいラストです。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
塩化鉄2019/06/24に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
ミッチャムのタフネゴシエーターぶりも空しく
確認済みの購入
人間関係が入り組んでいて顔と名前を覚えるのが大変だった。
若きロバート・ミッチャムとカーク・ダグラスが出演しているので見逃すわけにはいかない映画だが、クレジットの最初の方にに出てくる役者が次から次に死んでしまい、とうとう主演の二人まで死ぬ。
得をしたのはGSで働いていたキッドか? あのほほえみは何なんだ?
ミッチャムものちに演じることになるフィリップ・マーロウだったら死ぬことはないのだろうけど、あんなに浮気性では命を落とすよね。
ミッチャムとダグラスとの取引があんなにまとまるものなのかというところにはひっかかるものがあるけど、そういうこともあるのかなあとも思える。

しかしジェーン・グリア演じるキャシーは怖い女だ。
それにしても、ミッチャムはタバコ吸いすぎだよ。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
リド2019/05/01に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
悪女に恋した探偵の物語。
確認済みの購入
まず俳優のメイクがツルンとしていて、台詞がアドリブ一切なしの紋切り型(もんき・り・がた)なんで、なんだか芝居をインプットされたアンドロイドが演じているような奇妙な感覚を覚える。登場人物が(聾唖の少年も含めて、)全てハードボイルド的なのが矢鱈カッコ良かったりする。それと、40年代の(今なら)ヴィンテージカーが普通に走っている風景もどこかSFぽかったりして楽しい。
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
カンパネルラ2019/07/10に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
果たして、過去を逃れられたのかどうか...
確認済みの購入
振り返りたくない過去をリセットして、新天地で新しい生活を始める男に、過去が襲いかかって来る。過去と格闘して清算しようとするが、殺し、寝返り、わなに翻弄され、何を信じていいか、視聴者も分からなくなる。
何を考えているのか、つかみどころのない元探偵をロバート・ミッチャムが怪演。ジェーン・グリアを初めて知ったが美しい。後の「恐怖の岬」出演のロバート・ミッチャムも必見おススメ。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ジェフ2020/02/05に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
冷血な女殺し屋!
確認済みの購入
ギャングのボスで実業家カークダグラスの情婦ジェーングリアが金を盗んで姿消す。ボスは私立探偵ロバートミッチャムを雇い女を探させるが逆に探偵は女に誘惑され匿うが探偵の相棒に感ずかれ女は相棒を射殺する。探偵は殺人を犯した女と逃げるが二人はボスに捕まってしまう。女はボスを射殺し探偵まで射殺して金を持って逃げるが、警官隊に発泡してハチの巣になって果てる。なんとなくロバートミッチャムがだいぶ年配になってから主演した「さらば愛しき女よ」に似ているが、こっちの女の方が怖いです。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
POPO2021/06/06に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
ジェーン・グリアが美しくも冷酷な役どころ。
確認済みの購入
面白いサスペンス映画でした。ロバート・ミッチェムもカーク・ダグラスもみんな良い。釣り竿で人を殺すのは斬新ですね。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
qweasd2021/11/12に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
「おそらく最も重要なフィルム・ノワール」
確認済みの購入
と、『斜めから見る』(ジジェク)で言及されていた作品。「重要な」というのは、この映画の結末がラカン的な「倫理的態度」「純粋な主体」の例を提示するものだという論脈ですが、具体的に書くとネタバレになってしまうので、、観てください。
すべてのレビューを表示