通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
過ぎ去りし世界 (ハヤカワ・ミステリ1906) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【返金保証】状態は概ね良好。除菌クリーニング後、中身が見えない防水厚手ビニールパックにて発送致します。どうぞ、ご安心してお買い求め下さいませ♪【商品の不備などございましたら、送料含め代金全額を速やかに返金させて頂きます】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

過ぎ去りし世界 (ハヤカワ・ミステリ1906) 新書 – 2016/4/7

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 935

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 過ぎ去りし世界 (ハヤカワ・ミステリ1906)
  • +
  • 夜に生きる 〔ハヤカワ・ミステリ1869〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
  • +
  • 運命の日(下)〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕
総額: ¥4,666
ポイントの合計: 142pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

第二次世界大戦下のフロリダ州タンパ。抗争のさなかで愛する妻を失って以来、元ボスのジョー・コグリンは、ギャング稼業から表向きは足を洗い、一人息子を育ててきた。だが、そんな彼を狙う暗殺計画の情報がもたらされる。いったい誰が、何の目的で? 組織を託した旧友のディオンや、子飼いのリコらが探っても、その真偽すらつかめない。時を同じくして新たな抗争が勃発し、かろうじて平和を保っていたタンパの裏社会は大きく揺れ動く……変わりゆく社会の裏で必死に生き残ろうと足掻く男たちの熾烈な攻防を力強く描く。『運命の日』『夜に生きる』に続く三部作完結篇!

内容(「BOOK」データベースより)

第二次世界大戦下のフロリダ州タンパ。抗争のさなかで愛する妻を失って以来、元ボスのジョー・コグリンは、表向きはギャング稼業から足を洗い、一人息子を育ててきた。だが、そんな彼を狙う暗殺計画の情報がもたらされる。いったい誰が、何の目的で?組織を託した旧友のディオンや、子飼いのリコらが探っても、その真偽すらつかめない。時を同じくして新たな抗争が勃発し、平和を保ってきたタンパの町は揺れ動く…変わりゆく社会の裏で必死に生き残ろうと足掻く男たちの熾烈な攻防を力強く描く、巨匠の最新作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 329ページ
  • 出版社: 早川書房 (2016/4/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4150019061
  • ISBN-13: 978-4150019068
  • 発売日: 2016/4/7
  • 商品パッケージの寸法: 18.7 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 44,092位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
哀しい調べのベースがずっと聞こえているような中で読み終えた。
1930年代のアメリカ、タンバを舞台としたギャングたちの非情な世界観。
惹きつけられた。
コグリン三部作の、三部作目。

生きていくために殺し、だまし、裏切り、死んでいく。
ひとつの美なんだろうか。

かっこいいとか言っていいのかわからないが、映画化されるんだろうなあと思いつつすっかりはまってしまった。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
『運命の日』物語が何処に向かうのか分からず、私にとっては面白さもそ<そこそこ>程度の出来
『夜に生きる』物語の焦点が”ジョーコグリン”とその仲間たちの<成り上がり>に絞られ、あの『俺たちの日』に似た
テイストを醸し出した”面白本” 物語はコグリンが、ボスから顧問に格下げされて終わるのだが、それが否が応でも
次作に期待を持たせる出来。
そして本作。いやァ~、待った甲斐ありの”超”面白本。細かいストーリーは読めばわかるが、終盤ボスでもない顧問のコグリンが
命を狙われる理由に思い至ってからの、畳みかける展開と、どんでん返し、登場人物が多いので、じっくり読まないと張られた伏線
を拾えないのだが、そんな事無視してでも次を読み進めたくなるページ・ターナーな展開に気持ちよく圧倒され、そして哀愁に溢れた
ラストにたどり着く。前半から登場の”幽霊”が最後の最後に駄目押しの哀愁を打ち付ける。本当に上手い!
追記*このままなら間違いなく今年のベストミステリーNo.1だと思うが、ところが今月は、あのドン・ウインズロウ『犬の力』の
   続編『ザ・カルテル』がやってくる。米国amazonのレヴューみたが、1000近いレヴュー集めており、なんと
   その90%弱が☆4&☆5 各誌の絶賛の書評が並んでいる。果たして本作を上回るのか? 愉しみ。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 物語の展開がスピーディーで分かりやすく面白かった。
 それゆえ前作まで読んでいなくても楽しめると思う。
 個人的には三部作の中では一番よかった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
夜を生きるの続編。ジョーに関しては終わりになったのですが、多分また、続きがあるのでしょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック