通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
運命を告げる恋人 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレク... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

運命を告げる恋人 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション) 文庫 – 2009/10/20

5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 437

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 運命を告げる恋人 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)
  • +
  • 永遠なる時の恋人 (二見文庫 ウ 7-2 ザ・ミステリ・コレクション)
  • +
  • 闇を照らす恋人 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)
総額: ¥3,394
ポイントの合計: 104pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

全米 No.1 のヴァンパイア・ロマンス!
運命に導かれて出会った孤独な戦士と高貴な娘…
兄弟か恋人か――身を捨てるほどの愛は?

貴族の娘ベラが、ヴァンパイアの宿敵 〝 レッサー 〟 に誘拐されて6週間。その行方は杳として知れないままだった。
葬儀も執り行なわれ、だれもがベラの生存を絶望視するなか、ザディストだけは彼女を捜しつづけていた。
自分でも気づかぬうちにベラに恋をしてしまったザディストは、仲間も震えあがるほどの残忍さでレッサーたちを
問いつめ、狩っていった。
やがて、ある場所にベラが監禁されている情報をつかんだザディストは 〈 兄弟団 〉 とともに救出に向かうが……
怒濤の展開の大好評ブラック・ダガー ブラザーフッドシリーズ、「 黒き戦士の恋人 」 、 「 永遠なる時の恋人 」 に続く第3弾 !
原題:Lover Awakened

内容(「BOOK」データベースより)

貴族の娘ベラが、ヴァンパイアの宿敵“レッサー”に誘拐されて6週間。その行方は杳として知れないままだった。葬儀も執り行なわれ、だれもがベラの生存を絶望視するなか、ザディストだけは彼女を捜しつづけていた。自分でも気づかぬうちにベラに恋をしてしまったザディストは、仲間も震えあがるほどの残忍さでレッサーたちを問いつめ、狩っていった。やがて、ある場所にベラが監禁されている情報をつかんだザディストは“兄弟団”とともに救出に向かうが…怒涛の展開の第3弾―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 653ページ
  • 出版社: 二見書房 (2009/10/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4576091492
  • ISBN-13: 978-4576091495
  • 発売日: 2009/10/20
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 193,332位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
シリーズ第三弾。今回は仲間内でも冷酷非情と恐れられている
Zことザディスト。
彼の過去は前作でも少し語られていましたが、今作で何があったのか
その全容が明らかになります。
これがもう、悲惨の一言で、人間の尊厳を(彼は吸血鬼ですが)
考えうる限りの残酷なやり方でズタズタにされてしまいます。
正直回想シーンは描写がエグいですが、この体験があったので
現在の彼があるのだと思うと、避けては通れないエピソードでした。

このシリーズはもちろんロマンス小説で、ヒーローヒロインの
恋の成就が本筋なのですが、今作に限ってはZの心というか魂の
「再生」の物語のように思えました。そしてその再生に大きく
関与するのがヒロインのベラ。彼女は自分にふさわしくないと
避け続けるZですが、ベラはあきらめません。このシリーズのヒロインに
共通していますが、彼女もまた強いです。いろんな意味で。

自分自身を否定し、周囲の仲間たちをも拒否してきた彼が、ベラと
出会うことで少しずつ変わっていき、双子の弟や仲間たちと心を
かよわせ、ベラへの想いを告げる終盤は本当に感動的でした。
また今作では他のキャラ達にも大きな転機が訪れます。
終盤はまさに「うそー!」という展開で、続きが気になって仕方
ありません。早く四作目が読みたいです。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
待望のシリーズ3作目。ロマンス小説の醍醐味を全部味わえちゃう作品でした。

強面のザディストがベラを崇拝する度合いがほんとスゴイです。崇めたてまつっています。過去が悲惨だっただけに、幸せになってからの彼の幸福ぶりはまぶしいぐらいでした。途中、読むのがしんどい箇所もあるけど、過去の暗さがあるから、先の幸せが引き立つんですよね。

これだけ愛されるベラがうらやましいです。それも当然と思えるような素敵な女性でした。ザディストの外側を見ず、内面を見る。そして一度愛するとずっと彼を信じ続けます。強気な女性だけど、尽くす女性でもあるんです。

その他、双子のフュアリーとの兄弟愛(切ない愛がまたいいです!)、ベラの謎めいた兄、戦士同士の男の友情、伏線となるロマンス、レッサーとの戦い、期待の少年、消えた戦士など読みどころがてんこ盛りです。けっこう分厚い本なのに、グイグイ読ませて、もっと読みたいという気にさせてくれます。
ラストの幸福な描写がすごく温かくて、うっとりとため息をついてしまい、次はどの本を読めばいいのー?とわからなくなってしまいました。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
面白いの一言に尽きます。
3作品の中では一番良かった。
主役のZが余りにも可愛すぎます。

強面の戦士で、超不幸な過去にも拘わらず、
彼の中にあんな美しい魂が隠されていたとは…。

それはもう思春期の青少年なみの純粋さで、
あまりのキュートぶりに読みながらギャーギャー騒いでしまいました。

ベラはベラでお嬢様のはずなのに強いわ逞しいわ。
Zは一生尻に敷かれそう。
でもZを救ってくれて感謝です。男見る目ある。

そして双子の兄弟フュアリーは今回不憫過ぎる。
彼にも幸せな物語が待っているのであれば良いのですが。

そして本編の展開も意外且つ残酷な方向に…。
続きが待ち通しいです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
・・・一気に読んでしまいました。ためしにという気持ちからまず1巻目を購入し、それから一気に買い集め、寝る間も惜しんで既刊全て読みきりました。なんといっても、この作品、ザディストがいい。1巻目を読んだときは、うーん、絶対このひと相手のロマンスは無理と思ってたんですが、彼の背負う過去の悲惨さ、自分が汚れきっていると言う思いに苦しむ姿、その思いから、思いを寄せてくるヒロインを頑として拒む姿は、「美女と野獣」のよう。ザディストには母性本能くすぐられまくりです。また、ヒロインも拒まれて傷つくだけでなく、時には逆切れして、ザデイストを黙らせる強さも・・。ヒロインがザデイストに泣いている理由を尋ねられ、逆切れのように「欲求不満」だからと答えられ、ザディストが思わず内心で、うっとなり、(・・そうくるか」とのけぞるシーンも面白かった。ここまで面白いと、映画化は?とか考えるのですが、これだけ、個性豊かなたくましい主人公達を集めるのは結構難しいでしょうねぇ・・。現在シリーズ4作目まで刊行。本の厚さは刊行を増すごとに増えてくるので、次作の発行はいつになるのか、とても待ち遠しいです。久々に面白いシリーズ本に出会った嬉しさで一杯です
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック