通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
運を超えた本当の強さ 自分を研ぎ澄ます56の法則 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付き。カバーに少しヤケあり。ページは良好な状態です。書き込み無しです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

運を超えた本当の強さ 自分を研ぎ澄ます56の法則 単行本(ソフトカバー) – 2011/11/25

5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2011/11/25
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 380

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 運を超えた本当の強さ 自分を研ぎ澄ます56の法則
  • +
  • 運を支配する (幻冬舎新書)
  • +
  • 負けない技術──20年間無敗、伝説の雀鬼の「逆境突破力」 (講談社+α新書)
総額: ¥3,173
ポイントの合計: 97pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

◆20年間無敗の雀鬼が初めて語る「勝負の向こう側にあるもの」
先行きが不安、不透明な時代には、人間が本来持っているもの、
いわば「野生の勘」や「感覚」の重要性が問われているのではないか、
という危機意識から本書はスタートしました。
感覚を研ぎ澄まし、麻雀の道を切り拓いてきた著者は「20年間無敗の雀鬼」という異名を持ち、
それこそ「野生の勘」、いわばアウトローの知恵で生き抜いてきました。
そうやってたどり着いた「本当の強さ」について、本書で初めて語ります。
インタビュアーとして、著者が稀代の勝負師として認める、羽生善治氏が聞き手の1人を務めております。
勝負師が勝負師に尋ねることで、著者から独特の感覚値をこれまでにない言葉で引き出しております。

◆「運」「身体」「感覚」「勝負」「生き方」
~5つのキーワードからひも解く、強く柔らかい生き方
勝負師として著者が残した数々の伝説は、
「ツキ」や「運」を超えて(第1章)、
「身体」を柔らかく使い(第2章)、
「感覚」を研ぎ澄まし(第3章)、
「勝負」を超えた面白さに身を置いたことで(第4章)、
強い「生き方」を手に入れた(第5章)
から、と言えます。

本書は、この5つのキーワードをもとに、「運を動かし、いかにコントロールをするか」「緊急事態でも瞬時に対応できる身体の使い方」「感覚をいかに研ぎ澄ますか」
「勝負の雌雄を決するもの」「勝つことよりも、強さを目指せ」「勝負を超えた向こう側に見えるもの」「柔らかく生きる」など、勝負に関わる人はもちろん、
仕事や人生でも活かせるヒントが満載です。

内容(「BOOK」データベースより)

自分の道をつくる強く、柔らかい生き方。20年間無敗の雀鬼が初めて語る勝負の向こう側にあるもの。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 210ページ
  • 出版社: 日本実業出版社 (2011/11/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4534048920
  • ISBN-13: 978-4534048929
  • 発売日: 2011/11/25
  • 商品パッケージの寸法: 19.7 x 13.3 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 80,719位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

将棋の羽生善治氏が、「20年間無敗の雀鬼」の伝説を持つ桜井章一氏に
勝負や生き方についてインタビューした本!

桜井氏は、「2011年の名人戦で、羽生さんが名人位を失うことを予見していた。
しかし格好の良い負け方でうれしかった」と、本人を目の前に話しており、
羽生さんもそれに、淡々と答えている。

「天気に晴れや雨があるように、勝負にも勝ちや負けがあるのが当たり前。
 それよりも全力を尽くすこと、勝負に価値を見出すこと」

を体現しているお二人の勝負に対する姿勢がすがすがしい。
そういう考え方だからこそ、長期間にわたって、それぞれの分野の
トップであり続けられるのだろう。

他に、
・恐怖の根っこは、生物の持つ攻撃性であり、愛すらも攻撃かもしれない
・体の動きを本来のものに戻すことで、局面が見えてくる
・運は貯めこまずに、分けてあげることで、場を活性化させる

といった、桜井氏独自の話も非常に含蓄があり、
羽生さんがその言語表現能力を巧みに駆使して、
桜井氏の深い話を引き出している。

また、桜井氏と羽生さんの、頂点を極めたものにしか分からない会話も
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
桜井章一氏と羽生善治氏の対談です。
私が別々に興味を持っていた二人が揃うなんて
私にとっては夢の共演でした。

羽生さんがインタビュアーに徹した内容で、
もっと羽生さんのコメントがあってもいいのに
と思いながら読み進めました。

その辺のことは「あとがき」で触れているので
書きませんが、私としては面白く読ませていただきました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トップ100レビュアー 投稿日 2012/1/23
Amazonで購入
羽生さんが桜井さんに聞くという形である。
.対局していて、一見この指し方は損をするけど、その一局の後のほうで得をするな、というのは分る。でも、いつ得をするかは分らない。
.大リーガー有数の投手で、引退した時の言葉「打たせようとしてやってきた」。
.私は、「孫に遊んでもらっている」。「遊んでやっている」のではなく。
.実績は、リセットする。終わったらチャラ。「運」は手放すとまた、戻って来る。
.麻雀は、「考え」てはいけない。感覚と動作である。
.動物、あるいは葉っぱのような植物でもその動きは物凄い。ただ、生きようとしている。正否はない。善悪はない。美醜もない。今の人には見つからない。
.「考える」に限界を感じているので、そろそろ身体を使う方にシフトしようかと思っている。
.麻雀は、身体で打つ。そして、その動作も見えなくなる。
.どうしても自我は捨てられない。但し、そこに他人の気持ちを入れる。
.柔らかくというのは筋肉をほぐすというのではない。それは、身体が本来持っているもの。「自」に囚われないもの。動物のように道具を使わない本来の動きのことである。
.「感情」は、損得である。自然そのものに「感情」はない。
.「自然」に入るとは、花を見て、「わあ、きれい」と離れては駄
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 坂本D男 投稿日 2011/12/30
運を自分の中に溜め込まない。っていう記述に少々何かを感じてしまいました。

私を含めてだと思うが、知識でも金でも情報でも人にはあげないよーみたいな風潮が世間にはある。自分だけで取っておきたくなる。情報は金になるからである。

だからダメなんだと筆者はいう。時と場合にもよるが、そんな考えだからダメなんだと行っているように感じた。自分が良くなりたいんならもっとお金でも運でも回していかなければならない。自分のこの文章能力では伝えきれないのでそこはこの本を読んんでみてください。勝負の向こう側にあるものっていうのは手にとって見れないものなんでしょう・・・。人間の不思議さでしょうか?

麻雀の世界は勝ってなんぼの世界。何かを極めた人の心の奥の深さでしょうか?

時折、桜井氏の麻雀みてみたいなぁとも思いますが、現役は引退しているかのようでした。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告