中古品
¥ 582
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆簡易クリーニング済み。アマゾン倉庫から迅速発送◆中古品になりますが商品にスレ傷・傷みなど少な目で状態の良好なものです。★ここに特に記載の無い特典・付録は付きません。★十分な検品をして出品しておりますが、もし商品の状態がアマゾンのコンディションガイドラインと異なる場合は、評価前にご連絡いただければ返金保証しております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

運のいい人、悪い人―運を鍛える四つの法則 単行本 – 2004/1/30

5つ星のうち 4.0 21件のカスタマーレビュー

その他(6)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 7,147 ¥ 2,395
単行本, 2004/1/30
¥ 167
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   英国でもっとも尊敬と人気を集める心理学者が、運の科学的原理について、革命的な研究を行った。

   運というものは、本当にあるのか? あらゆることにツイている強運な人と、不運な人がいるようにみえるのは、なぜなのか? 幸せで満足のいく人生を送る人がいる反面、失敗と不幸に見舞われ続ける人がいるのは、なぜなのか? これは単なる宿命なのか、それとも不運な人でも、運と人生を改善する方法はあるのか?

   そこで、リチャード・ワイズマン博士の登場だ。博士は10年前に、とらえどころのない運の要因をつきとめようと、思い立った。遺伝子、生い立ち、知性、スキル、性格などが関係しているというこれまでの仮説を受け入れるかわりに、博士が行ったのは、本人たちに直接会って、運のよい人、悪い人の、思考体系と体験を分析することだった。メディアによる全国的な呼びかけが効を奏し、ワイズマン博士の研究チームは、自分の生活を3年間の研究対象としてもよいというボランティアを400人も確保することができたという。果たして結果はどうであったか。運に対する斬新な見解が生まれた。研究対象中の運のよい人たちは、その姿勢と行動を通じて、自らの幸運をつくり出していたことがわかったのだ。

   ワイズマン博士は最終的に、幸運な人生を送るか否かを決定づける、4つの大きな要因を発見した。経験から得られた確かな事実に基づき、博士はこの研究結果を使って、自分を運が悪いとみなす人のグループに、運のよい人たちのように考え行動する方法を教えた。その成果は、驚くべきものだった。なんとほぼ全員の参加者が、運、自尊心、健康、自信、成功などの面において向上がみられ、人生に大きな変化が訪れたことを報告したのだ。

   ワイズマン博士の、この画期的な研究における原理は、運を高め、人生さえも変えてしまう方法を示してくれる。(Book Description) --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容紹介

ツキのある人生には理由がある

運のいい人と悪い人の違いはどこにあるのか。英国心理学の鬼才が、数千人のデータをもとに、科学的に分析した結果、明暗を分ける4つの大法則を発見した!BBC等で話題沸騰の注目の書、ついに日本上陸!


商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 259ページ
  • 出版社: 角川書店 (2004/1/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047914592
  • ISBN-13: 978-4047914599
  • 発売日: 2004/1/30
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 106,175位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2003/4/3
形式: ペーパーバック Amazonで購入
私も新聞の紹介で読みました。
平易な英語で書かれているので分かりやすかったです。
不運な人が「うすうす感づいている事実」
が分かりやすく紹介されています。
もと手品師の経験もある筆者が手品のトリックを使った例も紹介していて、
目からウロコものです。
幸運であるということは、結局どんな状況でも
「自分が幸運である」と思えるってことのようです。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
他の方のレビューは日本語訳の『運のいい人、悪い人』に対するものが多いようですが、私は原著を通読しての感想を書きます。
心理学者であるリチャードワイズマン氏が、アンケートや一対一の面談によって沢山の幸運な人と不運な人を調査、研究し、その結果から運をよくする方法を導き出したのが本著です。
被験者の体験談が沢山載っているためもあり、一行が六十数文字、一ページが三十九行と、内容量は多いです。
私のもとにこの本が届いたとき、内容の多さから、少し読んでやめるだろう、と思いました。しかし、難しい単語が少ないのと、「目から鱗が落ちる」ほどのことはなくても、各ページが少しずつ面白いので、最後まで読めました。
この本で運を高めるため、思考や行動を変えることは可能です。しかし本著によれば、『内向的』『外交的』という人間の性格の方向性が運に大きく関わっています。そのような方向性は生来の性格であることが多く、なかなか変えにくいので、限界があると感じました。
同じ著者による"The Little Book of Luck"という本も出ています。内容は"Luck Factor"のダイジェストではないですが、薄い本を読みたい人は"The Little Book of Luck"がいいと思います。
また、ワイズマン氏は本著"The Luck Factor"
...続きを読む ›
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
科学的に運を解明しようとするアプローチ、どの程度のものか、興味があって手にした。運のいい人は、「運のネットワーク」を築き、それを広げているという指摘は、4つの法則の中で、もっとも私にとっていい視点だった。この本は最後に幸運のワークショップという章で、運を鍛えるレッスンを紹介している。運は鍛えるものであり、鍛えられるという発想も新鮮な感じがした。実践してみる価値はあるだろう。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 この世に無神論者は多いのに、
 この原則が分かっていない。
 運、不運の発生確率は、人類皆同じ。
 神がいないという前提なら、全ての発生確率は老若男女
 古今東西、どんな人でも同じのはず。
 確率が同じなら、成功するために、どうするか。
 
 答えは、挑戦する回数を増やすということでしょう。
 10回挑戦する人と、1万回挑戦する人との差は、
 歴然である。確率が同じ10分の1なら、前者は1回。
 後者は千回成功するのだ。
 恋愛なら発生確率に個体差があるかもしれないが、
 ならば、挑戦回数を増やせば解決するだろう。
 だが、ほとんどの人はそれができない。
 一度の失敗で、自分は運が悪いから次挑戦しても意味がないと
 行動しなくなるのだ。そして自分は運が悪いと思ってしまう。
 失敗が、将来に対して何の因果関係もない。
 この事実を真剣に科学的検証、前向きに行動させる考え方を
 統計的に出した、大変ためになる書物でした。
 実行して、そしてさらに実行する。その意味がわかる良書です。 
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
日経新聞日曜日の読書欄にちょこっと紹介されていて、興味を覚えたので買ってみました。
世の中には運のいい人と悪い人がいる。幸運な人と不運な人の相違点をあげ、これを心理学的に分析した上で、幸運な人になるにはどうしたらいいのかがこの本には書かれている。運という捉えどころのないものをこうして科学的に分析することで、運の悪い人も運が良くなる確実な方法があるのだと納得した。
英語も比較的簡単で読みやすい。読んでよかったと思う本である。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/3/14
形式: ハードカバー
この本では、ラッキーな人とアンラッキーな人を数多く調査し、ラッキーな人に特徴的な4つの原理を明らかにしています。私は、実験方法などの面でいささか疑問に感じる点もあったのですが、この本は学術的なことは省いて、より多くのアンラッキーな人をラッキーに変えてしまおうという趣旨で書かれたものでしょうからこれでよいのだと思います。それなりに説得力もありましたし、ラッキーになるための実践的スキルも載っていて、読んで良かったと思いました。
英語も比較的易しく読みやすかったです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー