Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 810

¥ 810の割引 (50%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[マックス ギュンター]の運とつきあう―幸せとお金を呼びこむ13の法則
Kindle App Ad

運とつきあう―幸せとお金を呼びこむ13の法則 Kindle版

5つ星のうち 3.8 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 810
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 374

商品の説明

内容紹介

「不運な人」と「幸運な人」はどこが違うのか? スイス・バンカー仕込みの冷徹な観察眼で、人を翻弄する「運」の本質に迫り、「運」を向上させるための実践法則を提案。

ベストセラー『マネーの公理』に続く「処世術の名著」復刻!



[本書より]

運が良い人と運が悪い人の違いは何か。いつもツイている人がいる一方で、ほとんどツキに見放されている人がいるのには何か理由があるのだろうか?

この答えを見つけるために私は1000人以上の人生を観察してきた。その結果、運の良い人は幸運に恵まれやすく不幸を避けやすいポジションを目指しながら日々の生活を送っていることがわかった。

具体的に言うと、運の良い人は「一三の方法」を実践している。彼らが意識的にこれらの方法を使い分けているということではなく、また、13の方法すべてを実践しているわけでもない。実際には六つないし八つ程度の方法を実践している人が多いようだが、それで十分なのだ。一方、運の悪い人はせいぜい2つか3つの方法しか使っておらず、それも1つとしてきちんと実践していない。

あなたが運を向上させたいのなら、まずは「13の方法」をしっかり学ぶことだ。すべてがぴったり当てはまることはないかもしれないが、いくつかの方法はすぐに役立つだろう。残りは将来のためにとっておけばいい。

あなたの人生はいま劇的に変わろうとしている。乞う、ご期待。

内容(「BOOK」データベースより)

「不運な人」と「幸運な人」はどこが違うのか?スイス・バンカー仕込みの冷徹な観察眼で、人を翻弄する「運」の本質に迫り、「運」を向上させるための実践法則を提案。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 370 KB
  • 紙の本の長さ: 254 ページ
  • ページ番号ソース ISBN: 4822248496
  • 出版社: 日経BP社; 1版 (2012/4/23)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00F36MGHG
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 36,332位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
原題は『How to Get Lucky:13 Techniques for Discovering and Taking Advantage of Life's Good Breaks』である。
拙訳bすれば「運のつかみ方:人生での成功を発見し、つかむための13の方法」とでもなろうか。

著者は先ず「運」を定義する。
「運」とは「あなたの人生に影響を与える出来事ではあるが、自分で作り出せないもの」である。
ではこれをどうやって「つかめ」というのか。説く方法は意外と常識的である。

先ず全体では「運を否定するな」ということを言っている。私は思うが、蜘蛛が小さな巣を張り、
そこに昆虫がひっかるかどうかは運である。ところが地球大の巣を張ってしまったら、それはもう
運ではない。人はよく人を「地球大の蜘蛛を張れ」と説教してしまうのである。
以下に著者の言う方法と私の感想を書く。

・「運」と「計画」を区別する
 自分の思い描いた計画なんてのはいつでも変更可能にしておくことだ。「予定」とは「未定」のことだ。
・「人の流れ」に飛び込む
 人脈を作れということである。
・「スプーンいっぱいのリスク」をとる
 安全策だけでは運は回
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 マックス・ギュンターの本は、「マネーの公理」「ツキの科学」とあるが本書は「ツキの科学」とかなりかぶる内容。「ツキの科学」の発展型であり、テーマは「どうすれば運がよくなるか(原題は「How to get lucky」)」。ギュンター氏の20年以上の研究結果に基づく。
 曰く・・・
 (1)運良くうまくいったときには運がよかったと認めること。自分がうまくやったからと勘違いしない。状況は運によって左右されるので、できるだけ身軽でいて、いざというときに逃げられるように心がける。自分や作戦を過信しない。運はいつ変わってもおかしくない。
 (2)人の流れに飛び込み、幸運に巡り会うチャンスを増やす。多くの人と会い、自分が何者であるかを伝える。
 (3)自ら進んで(大きすぎない)リスクを取る。宝くじも買わなければ当たらない。ささやかな冒険でもいい。リスクに臆病になる習慣から抜け出す。リスクの割に報酬が大きいならチャレンジしてみる。
 (4)引き際をわきまえる。欲張らない。
 (5)損は小さいうちに切り捨てる。しばらく様子をみて、問題が落ち着くか消え去ってしまうかを見極め、ダメそうなら逃げる。
 (6)長期的計画を立てるのは悪いことではないが杓子定規にしたがってはならない。計画は目安であって法律ではない。思いがけない幸運が近づい
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
タイトルからのイメージでは伝わない真面目で奥深い内容で、行動経済学の研究観点からも参考になるデータの積み上げで構成されています。
全て「運」からの視点で幸運への13の方法とその使い方が書かれており、ちょっとした気持ちの切り替えと意識的な行動変化だけで誰でも容易に取り組める内容です。また、周囲にも教え広めることで、更に良い運(幸運の相乗効果)が期待出来そうです。
自分は運がイイ、または運が悪い、両方に通じる「幸運なポジション」に立つためのバイブルです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ルキア 投稿日 2014/11/2
形式: Kindle版
ごく一般的なありふれた内容すぎて飽きました。個人的には損した気分ですね。ほかにもっと良書があるかとおもいます
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ありがとうございました。とても良い取引ができました。また機会がありましたら、よろしくお願いいたします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover

関連商品を探す