¥ 929
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

運が99%戦略は1% インド人の超発想法 (講談社+α新書) 新書 – 2016/5/20

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 929
¥ 929 ¥ 239

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 運が99%戦略は1% インド人の超発想法 (講談社+α新書)
  • +
  • 新しいニッポンの業界地図 みんなが知らない超優良企業 (講談社+α新書)
総額: ¥1,836
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

世界的企業のトップを次々と輩出するインド工科大学が、著者の山田真美氏に「わが校に日本の文化を教えにきなさい」と声をかけた。
グーグルやマイクロソフト、日本ではソフトバンクの幹部も、同大出身者なのはよく知られている。ちなみに、アメリカ航空宇宙局NASAも4人にひとりがインド人技術者。果たして同大に学ぶ生徒とはどのような人材か?
さらに、インドに10年近く居住し、1990年よりブリタニカ国際年鑑でインドの内政・経済・外交記事を担当、各界の人物にも会ってきた山田氏。その氏が、「大部分のインド人は、最初に会ったときがいちばんすごい」と述べるインド人のプレゼン上手さ。日本人はその逆、自分をできるだけ小さく評価するが、良いところをあとから次々出してくる。一事が万事、身をもって日本人とインド人の「すごい違い」と、日本人には目からうろこの「強み」があるのを実感。その比較と分析を痛快に語る。

内容(「BOOK」データベースより)

世界的企業のCEOを輩出する大学で教えてわかったインドパワーの秘密!どん底から約20年で中国を抜く経済成長を遂げたインド。そこに日本の「明治維新」の影響があった!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 256ページ
  • 出版社: 講談社 (2016/5/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062729377
  • ISBN-13: 978-4062729376
  • 発売日: 2016/5/20
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.6 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 150,610位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2016/7/21
形式: 新書
インドの国民性やインド人の気質について紹介した本。著者は長年インドとかかわっている日本人女性。インドの大学で教鞭をとった経験など、自らの体験を多く交えながら、ちょっとしたユーモアも加えて、インド人について以下のようなことを語っている。

・時間を守らない。他人の時間にいい加減だが、自分の時間についても寛容。
・Thank youもSorryも言いたがらない。自分が遅れても「No Problem」で済ます。
・人生を「アルタ(実利・冨・財)」「カーマ(愛・性愛)」「ダルマ(法・義務)」の3つで考える。
・押しが強く、自己主張が強く、自己PRがうまい。「国際会議では、インド人を黙らせることと、日本人に発言させることがもっとも難しい」。
・疑り深くなければすぐに騙されるし、嫌なことをさっさと忘れなければやっていけない。
・ものごとが究極のトップダウンで決まる。
・アルコールに対して非常に厳しい。特に、女性の飲酒には厳しい。
・白黒のハッキリしたドライさを持っている反面、ウェットで本音と建て前がある。
・食べ物は超保守的で、3食家族の手料理を望む。自分の家の料理が一番だと信じており、最高のおもてなしは家庭に呼んでの会食。
・「インド人が2人集まれば政党が3つできる」と言われるくらい
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
とても読みやすく、ユーモアあふれて笑いとともに読み進められるのに、籠められた情報は何かと広く深い。
著者のバイタリティと、培われた活動の密度がそうさせているのだろう。
万人にお勧めできる。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
あまりにも面白くて,あっという間に読み終わりました.

今までインドに関する本はたくさんありましたが,ここまでインド人の本質に踏み込んだ本はなかったと思います.各章の最後にインド人と付き合う上での秘訣みたいなものが書いてあり,これだけを集めれば「インド攻略法」ができます.

新書ということで,これからインドとビジネスをする人向けのようですが,インドに旅行に行く人やインドに興味のある人にとっても,必読の書と思います.
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
日本人的にはNGなことも、海外では当たり前のこともある。
この本を読んで特に感銘をうけたところは、「性善説は時として仇となる」の項。
疑うことって私たちにとってなんだか罪深いことのように感じるけど、きちんと疑ってあげることがその人のためにも自分のためにも良いってことをこれからの日本でも生かしていかないとならないのではないかと思う。
これから海外で仕事をする人も、そうでない人も、多様化する時代の流れの中でぼんやりしていたらいけない。
日本で通じる常識も、これからは変わっていくと思われるので、読む価値のある一冊と思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック