遊星からの物体X ファーストコンタクト DVD がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,607
16pt  (1%)
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 物流MK2014
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

遊星からの物体X ファーストコンタクト DVD

5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,944
価格: ¥ 1,591 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 353 (18%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:12¥ 1,591より 中古品の出品:2¥ 1,600より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

DVD・ブルーレイ 春の大セール
50%OFF以上多数。対象商品はこちら。 今すぐチェック

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 遊星からの物体X ファーストコンタクト DVD
  • +
  • 遊星からの物体X [DVD]
  • +
  • 遊星よりの物体X 《IVC BEST SELECTION》 [DVD]
総額: ¥3,563
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: メアリー・エリザベス・ウィンステッド, ジョエル・エドガートン, ウルリク・トムセン, アドヴェール・アキノエ=アグバエ, エリック・クリスチャン・オルセン
  • 監督: マティス・ヴァン・ヘイニンゲンJr.
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2016/03/16
  • 時間: 138 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B019GVJ2W0
  • JAN: 4988013478183
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 19,906位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

低価格版「おトク値!」シリーズで登場!


それは、細胞の一つ一つが単独で生きている
それは、生物に同化して擬態する
それは、すでに我々の中にいる…

[内容解説]
★あの衝撃から30年。全世界が絶叫した、史上最も恐ろしいSF映画の“3日前"が明らかになる。
ハワード・ホークス製作の「遊星よりの物体X」(51年)、巨匠ジョン・カーペンター監督の「遊星からの物体X」(82年)と
2度にわたり映画化された短編小説が、30年の時を経て82年版の前日談として誕生。
★新旧の力が結集した、過去と今を繋ぐ傑作の誕生!
前作「遊星からの物体X」のプロデューサーであるスタッフが製作総指揮を務め、
「ドーン・オブ・ザ・デッド」のマーク・エイブラハムとエリック・ニューマンがプロデューサーとして参加。
伝説的な傑作である前作に最大限のリスペクトを捧げながらも、21世紀にふさわしいスピード感をミックスし、
疑心暗鬼の緊張感に満ちたサスペンスが出来上がった。


繰り返される同化、擬態。そして疑心。
2万7000時間後、人類は細胞さえも残らない…

【STORY】
どこまでも雪と氷が広がる南極大陸。
考古生物学者ケイトは、氷の中で発見された、太古の昔に死んだと思われる生命体の調査のため、ノルウェー観測隊の基地へと降り立った。
しかし、“それ"は、まだ生きていた。調査の中、ケイトたちが解き放った物体は、狙いをつけた生物の体内に侵入、細胞を同化して、
その生物になりすまし、自らの生存のため人間同士を争わせようとする宇宙からの生命体だったのだ。
そしてケイトと12人の観測隊員たちは、氷に閉じ込められた南極基地の中で、突如人間から変形して襲いかかる“それ"の恐怖と、
誰が“それ"に乗っ取られているのかすら分からない疑心悪鬼に巻き込まれていく…。

[特殊内容/特典]
【映像特典】
★未公開シーン/★最新技術で過去を描く/★炎と氷/★予告編集

【音声特典】コメンタリー2種
※1.★監督&プロデューサーによる音声解説
※2.★鶴田法男監督&鷲巣義明(映画文筆家)による音声解説

[スタッフキャスト]
【キャスト】
ケイト・ロイド:メアリー・エリザベス・ウィンステッド
カーター:ジョエル・エドガートン
サンダー博士:ウルリク・トムセン
ジェイムソン:アドヴェール・アキノエ=アグバエ
アダム・フィンチ:エリック・クリスチャン・オルセン

【スタッフ】
監督:マティス・ヴァン・ヘイニンゲン
脚本:エリック・ハイセラー
原作:ジョン・W・キャンベルJr. 「影が行く」
製作:マーク・エイブラハム/エリック・ニューマン
製作総指揮:J・マイルズ・デイル
撮影:ミシェル・アブラモヴィッチ
編集:ジュリアン・クラーク/ピーター・ボイル
音楽:マルコ・ベルトラミ
特殊メイク&クリーチャーデザイン:アレック・ギリス、トム・ウッドラフJr.



[発売元]ポニーキャニオン

(C)2011 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ジョン・カーペンター監督作『遊星からの物体X』の前日譚を描いたSFホラー。南極大陸で調査中のケイトが解き放った物体は、細胞に同化し人間から変形して襲い掛かる宇宙からの生命体だった。それは人間を疑心暗鬼に陥れ…。“おトク値!”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 島村ジョー VINE メンバー 投稿日 2016/3/20
形式: DVD Amazonで購入
1982年のジョン・カーペンター版への限りないリスペクトに満ちた作品。
女性をヒロインに設定しているが、全く無理がない。
カーペンター版への「つじつま合わせ」で、やや慌ただしい展開だが、
CG過剰にならないクリーチャーの造形も好感が持てるし、
思わずうなるセンス抜群のエンディングは、これもジョナサン・デミへのリスペクト作だった
ブラット・レトナーの「レッド・ドラゴン」を思い起させる。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 まきもどし トップ500レビュアー 投稿日 2016/5/29
形式: DVD Amazonで購入
あの「遊星からの物体X」の前日談を描いた映画で評判も良いので楽しみにしていたのですが...
当然かもしれないけど「物体X」の衝撃には遠く及ばない感じでした。
前日談として破綻もなく手堅く纏まっている映画だと思います。
でも前日談と言う事に囚われ過ぎて自由な発想が失われているような感じを受けました。
クリーチャーのデザインも大人しく面白みが無く、ストーリーも結局「物体X」をそのままなぞっているだけ..。
登場人物の名前も憶える間も無く惨劇が始まるオリジナルの欠点もトレースしてしまっているのも駄目だと思いました。
ただ逆に、この雁字搦めになった状態だからこそオリジナルへのリスペクトを感じられたのも事実です。
映像特典のメイキングを見ると全部CGに見えたクリーチャーもちゃんと可動式の造形物があって少し感動しました。最終的にCGで調整すると途端に味気無くなってしまうのが勿体無いです。不思議なんですが作り物感が少し残っている方が何故か観ていて心地よい気がするのです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ストーリーの続き、ではなく前のお話という形での「続編」では最近でも「エイリアン」の前日譚、「プロメテウス」といった作品もあります。いずれも良くできた作品だと思います。
(ここからは少々ネタバレ的なお話になりますのでご注意を)
本作ではさすがに今風な「生き残るヒロイン」が特徴ですが、彼女が生き残ったことで「後」のアメリカ隊の生き残りに救援が間に合う結末、があるのかもしれない?と思えてくるのが実は本作を見終わったあとで、なんとなく「救われる」気持ちを持たせてくれる要素です。
最後、犬が逃げてヘリが追い始めたラストを見終えたら「遊星からの物体X」をやっぱり見ましょうね。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
遊星からの物体Xのほうが
一段上で面白かったかな
惹きこまれる感覚は向こうの方が上
だけど起点なので、見なければ腹の据わりが悪いように感じます

遊星からの物体Xを見た人なら、見るだろうなあ
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
昔に観た「遊星より物体X」が面白かったのでこちらも観てみたく購入しました。うーん微妙かな?やはり昔の作品には及ばず残念。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す