通常配送無料 詳細
残り20点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
進撃の巨人(4) (講談社コミックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため少々カバーにスレがありますが、全体に良好な状態でございます。 アルコール清掃を行っております。 迅速、丁寧に発送いたしますので、ご安心してお買い求めくださいませ。発送はゆうメールにてポスト投函となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

進撃の巨人(4) (講談社コミックス) コミックス – 2011/4/8

5つ星のうち 3.8 100件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 463 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 進撃の巨人(4) (講談社コミックス)
  • +
  • 進撃の巨人(5) (講談社コミックス)
  • +
  • 進撃の巨人(3) (講談社コミックス)
総額: ¥1,389
ポイントの合計: 42pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まってしまう。

ウォール・ローゼの外壁に空いた穴を修復するため「巨人化したエレンが巨大な岩で穴を塞ぐ」という作戦が開始される。人類の存亡を懸け巨人化したエレンだったが、自我を失い暴走してしまう。エレンはアルミンの必死の問いかけにも反応せず‥‥。


登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/4/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063844692
  • ISBN-13: 978-4063844696
  • 発売日: 2011/4/8
  • 商品パッケージの寸法: 17.3 x 11.7 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 100件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
登場人物の顔の見分けがつかないほど
素人が見ても下手な作画力にもかかわらず
ぐいぐいと読ませるパワーを持ち、
これだけ話題のマンガも無いだろう。

本巻ではストーリーが過去へそして現在へと
めまぐるしく回帰するのだが、それを「見せる」
テクニックが下手すぎて、何度か読まないと
時称すら混乱する凄まじさである。

にもかかわらず、何度でも繰り返し
読まずにいられないという中毒性は
近年まれに見る傑作の証である。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
「この世に生まれたからだ!」
熱いですね。困難に立ち向かう人の強さを凝縮したような第14話「原始的欲求」。
正気を取り戻したエレンが穴を塞ぐべく岩を背負い行進するんですが、その周囲では
情け容赦なく人が死んでいく後ろめたさもあり、言葉は余計に重みを持ちます。

この巻では、そうした困難に立ち向かうことの明と暗の部分を浮き彫りにしているように思えました。

時を遡り、エレンらが訓練兵だった頃(第15話〜第17話)では明の部分。
絶望を下地にして、自身の目標や障害の克服といった展開が主立っています。

それがあるからこそ第18話が際立つんでしょう。暗も暗、思いっ切り暗です。
つい1ページ前まで笑っていた奴が無残に死んでるのに、キャラ達はそれに涙する暇さえありません。
絶望感は進撃の根幹ですね。

でも立ち向かう……のでなく、立ち向か「わなければならない」のでしょう。ジャンとマルコの言葉を借りるなら。
やっぱり熱い。ずんと踏みしめるような熱さです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
最近の少年漫画は本当につまらなくなったが久々の良作を見つけた、この4巻まで読んでみたが思ったよりレビュー点数が低い、絵が下手なのはわかるが、ストーリーがわかりにくい、読みづらいなどはワンピースみたいなバカにでもわかるような漫画しか読んだことのない人だと思う(ワンピースは好きです)あと1巻2巻の勢いがないと言う人は一体どんなストーリーなら良いのでしょうか?全巻巨人と戦闘が見たいと?僕は見たくありません、この4巻は少し停滞してもキャラ付けがはっきりしていろんなキャラに感情移入できる良い巻だと思います、作者もキャリアが浅く、前述のとおりまだ画力もなく実力が追いついていないですが、これだけのストーリーを練れる漫画家が少年漫画誌にあと何人いるでしょうか?話題性だけじゃない素晴らしい漫画家になってもらいたいです。
コメント 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
希望が芽生えるたびにたやすく打ち砕かれる、残酷なストーリー展開。1〜3巻を読んで少し絶望疲れ(?)してしまった人は、本巻で少し癒されるかもしれません。ようやく人類が小さな勝利を遂げます。
また、少年たちの訓練兵時代に戻り、キャラの掘り下げに努めているようなので、普通に少年たちの、友情、成長記としても楽しめるでしょう。

絵は相変わらず荒いですが、今は伏線を張り巡らせまくっている段階だと思うので、ストーリーを追うのに懸命になるうち、段々気にならなくなってきました。一部キャラの見分けがつかなかったのですが、本巻でようやくわかってきました。3巻までを改めて読み返してみようと思います。

個人的にサシャの天然ボケ的なキャラが気に入りました。殺伐とした世界で一服の清涼剤となっています。どこか一途で暗めのキャラが多い中、彼女の言動に魅力を感じる方は多いのではないでしょうか。

次巻あたりでようやく人類反撃の糸口がみつかりそうです。この先の物語を楽しむ上で、キャラ達に感情を注ぎ込むためには重要な巻となっていると思うので、3巻まで読んで先が気になる方にはおススメしたいです。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 †ACE† 投稿日 2011/8/6
形式: コミック
1〜4巻全て持ってます。

しかし、話の内容がなかなかつかめませんでした(汗)
個人的には、ジャンとライナーの区別がわかりにくい。

しかし繰り返し読むに連れて分かるようになってきました。

多分、一回読んで話の内容が全て分かる人はそういないでしょう。

何回も読むとキャラクターも分かってくるし面白味が増えます。

私が言いたいのは、絵とかを気にせず何度も読めと言うことです。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー