¥ 463
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
進撃の巨人(22) (講談社コミックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

進撃の巨人(22) (講談社コミックス) コミックス – 2017/4/7

5つ星のうち 4.7 122件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 343 ¥ 208
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品はセット買いができます
『進撃の巨人 1-22巻セット』 こちらチェック
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 進撃の巨人(22) (講談社コミックス)
  • +
  • 進撃の巨人(20) (講談社コミックス)
  • +
  • 進撃の巨人(19) (講談社コミックス)
総額: ¥1,389
ポイントの合計: 32pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まってしまう。

ライナー、ベルトルト、「獣の巨人」との戦いの末、多大な犠牲を払いながらもエレンの生家へ辿り着いた調査兵団。その地下室にて、彼らはグリシャが残した3冊の本を手にする。その本に記されていたのは、グリシャの幼き日の記憶。そして、およそ1800年前、一人の少女が巨人の力を手にしたことから始まる二つの民族の暗黒の歴史。明かされたグリシャの過去と突きつけられた世界の真実を前に、エレンら調査兵団の進む道は…。


登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 講談社 (2017/4/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063959090
  • ISBN-13: 978-4063959093
  • 発売日: 2017/4/7
  • 梱包サイズ: 17.2 x 11.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 122件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
テンション高いです。会話がメインのストーリー進行ですが、伏線回収がしっかりしてるし、21巻での急展開とこれからの物語へのブリッジ的な役割なのかな?と思いました。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ほんと伏線に痺れます!
番外編のイルゼの手帳にまで伏線張ってたとは驚き!
89話を読んだら是非とも5巻も読み返して欲しい。
あーリアルタイムでこの漫画を読めるなんて幸せ。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
一巻から読み返すと伏線が至る所に散りばめられていることがわかります。初連載でここまでストーリーを練り上げた作者の力量には脱帽させられました。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
伏線が回収されるとかそんなレベルのモノではない。この物語を考えた作者は天才だとしか言いようがない。ただの苛酷な世界を描いた作品ではなく、壮大なドラマが待っていたとは。今後がますます楽しみになりました。
コメント 156人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
海を見つけて終わりではなかった。物語がここまで壮大とは思わなかった。また最初から読みたくなる。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
これまでの伏線がほぼすべて回収され、かなり面白かったです。
凄い世界観だと思いました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
これまで謎とされてきた壁の向こう側が明らかになり、壁の外に足を踏み入れることに成功する。でも成功と幸福は一致せず、人生は残酷である、とまたしても想い知らされる。敵だった巨人と味方だった人間。その根本的な前提が崩れ去る。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
ようやくたどり着いた海は新たな壁でもあった。
散々、語られているように、当初からこの構成で物語を考えていたのなら天才的である。
それを持ち込みの時に開示していたのであれば、講談社があの画力にも関わらず採用したのは当然だと思う。
そして集英社の眼力のなさには恐れ入る。別に本誌でなくとも幾らでも載せるところはあったろうに。
とまれ物語は今しばらく続くが、次からは海の向こうに舞台は移る。この凄まじい物語の果てに何が待つのか、リアルタイムで体験できる幸せを味わいたい。
完結の暁には寄生獣を超え、デビルマンに並ぶ傑作になるかもしれない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
伏線回収が凄いというのは何人ものレビュアーさん達が書いておられるので触れません。
個人的に進撃の巨人という漫画の一番凄いと感じる所は何処なのかと考えた時に、それは情緒描写やその演出での極めて繊細な部分だと思っています。
この漫画の情緒的な部分の描写は、インパクト狙いでただ登場人物が泣き叫んだり無闇に悲劇ぶったり驚愕して見せたりというような創作物を見慣れた読者にとっては少し物足りないと感じる程に抑えられていると思います。
感情を露にするのがエレン一人に見えるくらいに、少年少女の兵士達も主要人物の大人たちも落ち着いているし、起っている出来事の大きさや無残さに対しての感情描写や演出は淡い。
そういう方面でもっと湿っぽく大袈裟にするならいくらでも方法があるだろうけど、進撃の巨人ではそういう展開にはならないのです。
絶望に抗う人類の代弁者であるそのエレンすら、一時期「らしくない」と言われ仲間達に励まされるほど精神的に疲弊する過程を経て、ただ無邪気に自分が一番正しいと信じて怒り叫ぶ直情的な少年では無くなってしまう。
きっと壁の外にが自由が―――「ある」と断言する事が出来なくなってしまった。
あれだけ見たいと望んで降り立ったその海の向こうには、自由と言う希望でなくそびえ立つような絶望がある。
美しくも悲しいシーンです
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 さくさく 投稿日 2017/4/11
形式: コミック
物語はもう皆さんが沢山言われているので、改めて言うことがないくらいです。
だがしかし、これだけは言いたい!

先生めちゃくちゃ絵うまくなった…!
命みなぎる絵だ。海は…感無量…
そして、敵の正体も…海の広さと同じくらい果てしない…
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー