通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
進撃の巨人(22) (講談社コミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

進撃の巨人(22) (講談社コミックス) コミックス – 2017/4/7

5つ星のうち 4.8 86件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 200 ¥ 189
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 進撃の巨人(22) (講談社コミックス)
  • +
  • 進撃の巨人(21) (講談社コミックス)
  • +
  • 進撃の巨人(20) (講談社コミックス)
総額: ¥1,389
ポイントの合計: 42pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まってしまう。

ライナー、ベルトルト、「獣の巨人」との戦いの末、多大な犠牲を払いながらもエレンの生家へ辿り着いた調査兵団。その地下室にて、彼らはグリシャが残した3冊の本を手にする。その本に記されていたのは、グリシャの幼き日の記憶。そして、およそ1800年前、一人の少女が巨人の力を手にしたことから始まる二つの民族の暗黒の歴史。明かされたグリシャの過去と突きつけられた世界の真実を前に、エレンら調査兵団の進む道は…。


登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 講談社 (2017/4/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063959090
  • ISBN-13: 978-4063959093
  • 発売日: 2017/4/7
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 86件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
伏線が回収されるとかそんなレベルのモノではない。この物語を考えた作者は天才だとしか言いようがない。ただの苛酷な世界を描いた作品ではなく、壮大なドラマが待っていたとは。今後がますます楽しみになりました。
コメント 119人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
進撃の巨人って、ずっとなに?どうなるの?が延々に続きます。
まずはじめに、巨人ってなに?から始まり
え、しゃべれる巨人がいるの?
え?巨人って壁にもいるの?
巨人に変身できるの?
巨人を操れるの?
すべてのもととなる巨人がいるの?
巨人ってどこからくるの?
そもそも巨人ってなに?
え、すべてを駆逐してやるって思っていた巨人が同じ仲間?
じゃー、僕らの本当の敵はだれ?

こうなってくると、エレンがはじめに復習を誓った
母を殺した巨人はだれなのか
その巨人は、どうして巨人になったのか

話が本当にずっとうまくつながってるんですよね。
ずっと、こんな感じです。
そうやって、謎が謎をよび、一つ解決しては、また次の謎がやってきます。

これは巨人に限らず、
海を知らないの?
てか、この世界は読者の読む世界と違う地形なの?
845年っていつ?
東洋人ってことは、どこか同じなの?
太陽が西から登るの?
2000年後の君へって?
ずっと夢を見ているみたいだって?
え?なんで、エレンの父は回想シーンでエレンやミカサの名前がで
...続きを読む ›
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
これからどうなるのか、読めない不安な気持ちが、登場人物と同じ。地下室の秘密だけでなく、まだもう少し伏線が有りそうな雰囲気。待ち望んでいた海が、感動だけでないのが、あまりに切ない。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
表紙を見ると壁の外を夢見た初期の3人を思い出して感慨深いものがあります。

いよいよここまで来たかというところですがそこは進撃。
さらに先への展開に心踊ります。

※以下ネタバレを含みます。

連載既読の方、もしくは読後にお読みください

グリシャから受け継いだ『記憶』を辿るエレン。

記憶を辿るうちに次々と伏線が回収されていきます。

巨人といえば家族や仲間の敵であり、人類の自由を阻む障壁という悪への復讐劇であり、絶望的しながらも闘志を燃え上がらせ戦い続ける人々というイメージの作品でした。

ところがここにきて巨人ですら絶対悪という訳ではなくなり、真の敵は海の向こうにありいわば世界そのものであることが明らかにされます。

争いの経緯も次第に明らになり、いったい何が悪なのか、戦いの終着点はどこにあるのかわからなくなり記憶の中のグリシャも一度は立ち尽くしてしまいます。
戦いを放棄したかつての「壁の王」の諦観とも重なります。

ここに来て物語はまた新たな局面を迎えたと言ってよいでしょう。

今回特に異彩を放つのはクルーガーです。
敵味方ともに都合のいい歴史観を
...続きを読む ›
コメント 143人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 さくさく 投稿日 2017/4/11
形式: コミック
物語はもう皆さんが沢山言われているので、改めて言うことがないくらいです。
だがしかし、これだけは言いたい!

先生めちゃくちゃ絵うまくなった…!
命みなぎる絵だ。海は…感無量…
そして、敵の正体も…海の広さと同じくらい果てしない…
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
今回もやっぱりおもしろい!

内容は、前巻のラストシーンの続きの、エレンの父グリシャが息子の密告で治安組織に捕まった場面から。

最愛の女性・フリッツ王家の血を引くダイナと、グリシャ・イェーガーの間に生まれたエルディア王族の末裔であるジーク。そのジークに密告されたイェーガー夫妻は〈楽園〉と呼ばれる土地へ連行されてしまう・・・。

以下の粗筋はネタばれを含みます。

拷問の末に〈楽園〉へ連行されたグリシャをはじめとするエルディア人地下組織のメンバー達。
楽園とは、国家反逆罪に問われたエルディア人達を〈巨人化〉させて永遠に彷徨わせるための土地、パラディ島の事だった・・・。

前巻で明らかになったように、パラディ島こそマーレ人に敗れたエルディア人の一部がフリッツ王に従って逃れ、そこに壁に囲まれた国家を作った、あのエレン達の住む土地。
つまりエレン達を襲う巨人とは、強制的に巨人化させられた同じエルディア人達だった・・・。

そして楽園=パラディ島へ連行されたグリシャは彼1人だけ命を救われ、のちにエレンが受け継ぐことになる9人のエルディア人が持つ〈巨人化の能力〉うちの一つを、ある男から継承する。

歴代の継承者が自由を求めて進み、自由
...続きを読む ›
コメント 121人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー