通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
進撃の巨人(21) (講談社コミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品です。コレクターの方や新品をお求めの場合はご遠慮下さい。お問い合わせはアマゾン経由のメールをご利用下さい。携帯電話・スマートフォンをご利用の方やメールが届かない場合は、アカウントサービスにある「メッセージセンター」をご確認ください。店舗併売につき、売切れの場合はご注文をキャンセルさせていただきます。土曜・日曜・祝日は休業いたします。郵便局の【ゆうメール】発送です。直接のお取引には対応できません。必ずAmazonマーケットプレイスからご注文ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

進撃の巨人(21) (講談社コミックス) コミックス – 2016/12/9

5つ星のうち 4.5 116件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 390 ¥ 145
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 進撃の巨人(21) (講談社コミックス)
  • +
  • 進撃の巨人(22) (講談社コミックス)
  • +
  • 進撃の巨人(20) (講談社コミックス)
総額: ¥1,389
ポイントの合計: 42pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「マンガ大賞2017」大賞は柳本光晴 『響~小説家になる方法~』に決定!
2位『金の国 水の国』、3位『ダンジョン飯』、4位『アオアシ』ほか >> 特集ページはこちら

商品の説明

内容紹介

巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まってしまう。

過熱する、調査兵団とライナー、ベルトルト、「獣の巨人」の戦い。作戦は通用せず、調査兵団は苦境に立たされる。そんな中、エルヴィンとアルミンは自らの命を懸け、リヴァイとエレンに敵を討たせることを決意。犠牲と引き換えに、残った者達が手にするものは……!?


登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 講談社 (2016/12/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063958159
  • ISBN-13: 978-4063958157
  • 発売日: 2016/12/9
  • 商品パッケージの寸法: 17.5 x 11 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 116件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
超おもしろいです。

前巻は兵団vs巨人の総力戦が圧倒的で最高でしたが、今巻は物語の核心に触れるという意味で、また最高におもしろかったです。

多大な仲間の犠牲を払いつつも、ついにイェーガー家の地下室に辿り着いたエレン達。
父、グリシャの地下室の引き出しに隠されていたもの、それは一枚の写真と、恐らく日誌と思われる、数冊の書物だった・・・。

以下、ネタバレを含みます。

エレンの父、壁の外から来た男・グリシャ。彼の残した写真には、裕福な身なりのグリシャと若い女性、産まれたばかりの子供の三人が写っていた。
そしてその裏にはグリシャの言葉で、
『これは、光の反射を焼き付けた写真というもの』であり、『私は、人類が優雅に暮らす、壁の外から来た。人類は滅んでなどいない』
という文字が・・・。

物語は、エレンが写真を手にしたカットから、グリシャの過去回想へ移ります。

曰く、記憶を無くす以前のグリシャが住んでいた都市は、エレン達の住む壁の中とは違う、近代的な科学の進歩した大きな国だった。

ある日、世界的な強国マーレに住んでいた少年時代のグリシャは、巨大な飛行船の着陸を見るために、妹を連れて街を抜け出す。
...続きを読む ›
2 コメント 157人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 KOKUYUME 村瀬 トップ1000レビュアー 投稿日 2016/12/9
形式: コミック
巨人側の思惑どころか、出自まで明らかになり、
世界観が引っくり返るような情報さえ明かされている21巻です。

ある人物が倒れ、ある人物が蘇生し……
とにかく大きなターニングポイントになっている巻なので、長期連載に疲れ
シリーズから離れてしまった読者の方にも、是非この巻は読んで頂きたいです。

そして恒例の嘘予告が、今回は一枚絵形式ですが、
主要キャラたちの現代(海外)学生コスプレとなっていてまた無駄にクオリティが高いうえに、
みんな幸せそうで泣けますw なんやこのミカサめっちゃくちゃ可愛い……連載して!!
1 コメント 112人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ネタバレ満載で。

早い展開は続く。壁の外が明らかに。

今までライナーやベルトルトの言葉が断片的すぎて想像するしかなかったが、やっと少しわかるようになった。戦士、悪魔の末裔…読めば必ず1巻から読み返したくなるだろう。

しかし個人的に衝撃だったのはエレン父の仲間。見たことがある特徴的な顔が…?コイツ確か1巻あたりで弱ったミカサを食べようとしてた巨人では?

それが正しいなら、最初にエレン母を食べた奴は…あの髪形…!?まさかねぇ。

どこまで仕込んであるのか。先が楽しみで仕方ない。
1 コメント 108人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
前回のまさかのあのキャラの死亡からの今巻。ついにあの地下室の扉が開かれます。
真実の方は恐らくまだ序盤なので、全てが発覚した訳ではありません。だからこそ、次が気になって仕方ない巻でした。
そして、あの選択の場面。恐らく初めてエレンがリヴァイと衝突した話だと思います。どちらの選択も間違っていないからこその衝突です。正直、私的には地下室の真実よりも印象的でした。
と言ったように今回は見所が沢山あります。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 y123456 投稿日 2016/12/24
形式: Kindle版 Amazonで購入
仲間との別れを受け入れて前に進めと諭されて、涙をとめどなく流しながら呆然とするミカサ。巨人に食われる直前に、思わず昔の仲間に助けを求め、それが無意味だと絶望を感じたベルトルト。妹を殺され無表情と化したグリシャ。キャラの表情が心を打つ。

そして、ハンジがミカサに言うセリフ。
誰だって別れはつらいよ、受け入れるなんてできない、正気を保つことさえも。でも前に進まなきゃいけない。

これは巨人の世界だけでなく僕らの世界でも言えること、と勝手に解釈して何度も読み直してしまう。。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
とにかく面白いの一言です。

ストーリーだけでも☆5をつけたいぐらいなのに、
登場人物一人一人の感情表現、
エレンとリヴァイを初めとする、
その感情のぶつけ合い、人間関係の交差の書き方が凄いです。

リヴァイの判断はおかしい、理論的ではない。
そんな違和感は全く感じませんでした。

複雑な人間心理を文章ではなく、
上手に絵だけで表現しています。

画力が高い漫画家さんを何人か挙げろと言われてこの漫画の作者を挙げる方は少ないと思います。
(徐々にレベルアップしていますが)

勿論、絵は上手ければ上手い方が良いです。
しかし、世界観や感情を読み手に伝えられるかどうかは
技術だけではない何かが必要であり、この作者はその才能が突出していると
個人的には思いました。

次巻も楽しみです。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー