通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
進撃の巨人(13) (講談社コミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

進撃の巨人(13) (講談社コミックス) コミック – 2014/4/9

5つ星のうち 4.2 85件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 463 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 進撃の巨人(13) (講談社コミックス)
  • +
  • 進撃の巨人(14) (講談社コミックス)
  • +
  • 進撃の巨人(15) (講談社コミックス)
総額: ¥1,389
ポイントの合計: 42pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 講談社 (2014/4/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063950441
  • ISBN-13: 978-4063950441
  • 発売日: 2014/4/9
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 11.7 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 85件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
4巻ごとに大まかな起承転結が行われるこの漫画の「起」にあたる巻ということで、
同じく「起」の5巻と似て、状況の整理→謎の提示と解決→そして今後お話が進む方向性の提示と、これからのための助走の巻という印象ですね。
5巻と異なるのは情報量の多さ。単行本2〜3巻分に渡る情報を1巻の内に(多少無理矢理気味に)押し込んだような、大量の台詞とモノローグで構成されています。
そのせいか8巻にあったような間の妙は鳴りを潜めていて、読んでいて疲れてきますね。

この巻で秀逸だと思ったことの一つが、今巻表紙の中心に据えられているクリスタというキャラの内面の描写です。
優等生然としているけれど実は腹に一物抱えているキャラ、というのは古今東西様々な作品で見るキャラクターですが、
そこにアイデンティティの獲得、喪失といった過程を盛り込むことで、あまり見ることのない、かつ読者に近いキャラクターになっているのではないでしょうか。

世界観先行で語られることの多い作品ですが、画風からは想像もつかない繊細な内面描写も、この作品の大きな魅力になっていることが分かる1巻でした。
あと今巻では12巻になかった嘘予告が復活。内容は…
コメント 98人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 マイケルちゃん VINE メンバー 投稿日 2014/4/13
形式: コミック Amazonで購入
巨人との絡みはありませんが、
ストーリーは進展します。
進展するものの、
さらなる謎が出てきて、
ますます混沌としてきます。
いつものことながら、
また次が気になって仕方ないですね。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
正直、12巻のドラマ展開が鮮烈に印象に残るものだったので、今回はそこまで
心躍ることはなかったかも。
ただピリピリするムードの中、104期生たちが無駄口を叩きながら掃除をするシーンと
リヴァイの神経質なまでに清潔へのこだわりを見せるところは
面白かったです。
絵に関しては、たぶん作者はできるだけ嘘のないように絵を描こうとしてるのでは
ないかと。見栄えがするように多少リアリティを削いでも技法で納得させるという
描き方をしない人かなと予想してみます。担架で運ばれるミカサの血の気の失せた
顔など含めて
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
登場人物たちの顔の見分けがつかないほど、また
作画途中で顔が変わりすぎて同一キャラに見えないほど
マンガの素人から見ても下手な作画にかかわらず
これだけぐいぐいと先へ先へと読ませる魅力を持ち、
中毒化するマンガも少ないだろう。

本シリーズも早13巻を数えるが、衰えないパワー、
そしてきちんと整理されていく数々の伏線には
「最初から計算されていたのか!」と、まこと舌を巻く。
投げかけられる謎のすべてが私たち読者を魅了する。
最後のページまで着実に前へ前へと畳み掛ける、
稀有なストーリー構成の疾走感は堪らない。

本巻では、ややありきたりではあるが、巨人≒ヒトであること
そして「真の敵」が「外」のみならず、どうやら「塀の中」
にもいるということが、おぼろげながら提示され始める。
いよいよ主人公の属する組織が、「正義の軍団」の様相を呈し
心躍るが、まだまだどんでん返しがありそうな匂いがする。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Snow トップ500レビュアー 投稿日 2014/4/11
形式: コミック Amazonで購入
ストーリー前半ではとにかく
人類が巨人を倒す!という所を重視していましたが、
ストーリーが進むにつれてそうではなく
様々な謎が出現してきます。
今巻では特にその謎に迫る描写が多く、
巨人とのバトルと言うよりも
巨人とは何だ?真相を知る人物は誰なのか?という
話が中心になっています。
まだ確定はしていませんが、
結局最後は人間対人間なのか?と思わせる今巻です。

バトルに謎解き要素も加わってきてよりストーリーに
深みが出て楽しい一冊になっています。
巨人とは一体だれが何のために作ったのか?
その答えがどうなるのかを考えさせる一冊です。
次巻に期待大です。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック