通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
進撃の巨人(11) (講談社コミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

進撃の巨人(11) (講談社コミックス) コミック – 2013/8/9

5つ星のうち 4.3 117件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 463 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 進撃の巨人(11) (講談社コミックス)
  • +
  • 進撃の巨人(12) (講談社コミックス)
  • +
  • 進撃の巨人(13) (講談社コミックス)
総額: ¥1,389
ポイントの合計: 42pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『安眠ウエーブ枕 プレミアム 特製オリジナル枕つき 熟睡できて、首こり・肩こりも解消!』
『安眠ウエーブ枕』が進化。眠りやすさがアップし、首・肩コリの解消、自律神経の調整、疲れとり、いびき改善といったさまざまな体の不調の改善に役立つ。 今すぐチェック

登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 講談社 (2013/8/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 406394901X
  • ISBN-13: 978-4063949018
  • 発売日: 2013/8/9
  • 商品パッケージの寸法: 11.7 x 1.5 x 17 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 117件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 んんんh 投稿日 2013/8/9
形式: コミック
今巻では、いよいよ鎧の巨人とエレンが激突します。    
圧倒的力をもつ鎧の巨人の前でも、巨人への憎しみを糧に何度でも立ち上がるエレンの姿には
アニと闘ったときのような弱さは感じられず、むしろ巨人以上の恐怖を感じました。

血を血で洗い、肉を肉で断つこの闘いには、まさしく「死闘」という言葉がぴったりでしょう。
凄まじい迫力のある絵で描かれたこの死闘は、まさしく進撃の巨人史上、1・2を争う名戦です。

さらにエレンはこの闘いで、新しい闘い方を見つけます。
おそらく今まで負けてきた彼にとっては大きな成長でしょう。
しかし彼らはエレンが思っていた以上に強かった・・・・

そしてそんなエレンを見てきたハンネスさんがエレンの強さについて語ります。
ハンネスさんの言葉から、彼がエレンたちをどれだけ信用しているかが分かりました。
一巻の時、巨人から逃げてしまった彼と比べると、大きく成長しており、うれしく思いました。

そしてエレンはいよいよこの世界の謎に迫ります。
敵はエレンが思っている以上に強大なようです。

はたして彼らが壁を破壊する目的とは?
そしてあの「猿」の正体とは?
どんどん深まっていく謎に目が離せません!

12巻もとても楽しみです。
コメント 120人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 たおやか 投稿日 2013/8/9
形式: コミック
今巻は前巻で壁内人類の敵側に回った子供たちにスポットが当てられます。

読み終えてやるせない気持ちになりました。初期から絶対的な恐怖の対象として描かれてきた巨人も、中身の一個人はとても小さく、どこまでも人間です。

心を病んだ彼らの描写は、戦地に送り込まれる少年兵のドキュメンタリーを見ているようでした。倒すべきと教えられた敵は自分たちと何も変わらない人間で、それを個人がどれだけ苦悩しようが状況は変わらない。世界は残酷なんですね。
作者は善悪の概念からはなれた作品を作ろうとしているのではないでしょうか。
物語の終着点がこんなにも見えず、かつこんなにも知りたいと思わせる作品もなかなかないでしょう。

余談ですが、彼が心を病んでいることを踏まえて1巻から読み直すと、いくつかの違和感あるやりとりの真相を知ることができます。特に今まで直接的な描写を避けてきた既刊での彼らの内面を、46話たった一話だけで可視化させてしまう構成力には脱帽です。
この巻の前半のようないい意味で子供のように純粋で、見ていてワクワクさせられる間口の広い娯楽性と、読み返すとわかる徹底して理性的に組まれた構成を両立させてしまえる作者は本当に稀有な作家さんだと思います。
2 コメント 151人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
正体を明かしたライナーとベルトルト。
エレンは鋼の巨人ライナーと、超大型ベルトルトはハンジ率いる調査兵士との戦闘に突入。
信頼を裏切られたエレンの感情、走馬灯のようにアニとの訓練を思い出し戦い方に目覚めるエレン。
しかしライナーとベルトルトも負けられない覚悟と目的があり戦闘は意外な結末へ…

そしてライナーの行動の矛盾についても触れられています。
壁の破壊を目的として潜入するも、共に訓練兵として生活する仲間を裏切っている罪悪感に耐えられずに壁の外から来た戦士ではなく、壁を守る兵士としてのもう一人の自分を作り出してしまった。
それもライナーの実直な性格ゆえのもの。
この11巻では更に新たな謎も、エレンの「敵は何だ!?」の問いにユミルは「そりゃ言っちまえば、せー」そこでライナーが遮ります。遮った言葉は何なのか?気になるまま次巻へと続きます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
やっぱりハンジ分隊長がいい感じ。
あれだけ巨人に邪な恋慕を抱いていたのに
超大型巨人という巨人侵略のきっかけを作った激レアモンスターを相手に
冷静に討伐命令を出せる潔さに感銘を受けた。
実にいいリーダーだ。
変態だけどああいう所があるから部下は死ぬまで
ついていくのだろうな。変態だけど。
あと、巨人化したエレンと意思疎通ができてちょっとテンション上がったのが面白かった。

相変わらず渦中の人物でありながら蚊帳の外感がパない
エレン君。
たった数度の実戦で巨人の能力をほぼ制圧しつつあるあたり
その潜在能力の高さを感じさせてくれるので次巻はもっと大暴れしてもらいたい。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック