通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
進撃の巨人(10) (講談社コミックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

進撃の巨人(10) (講談社コミックス) コミックス – 2013/4/9

5つ星のうち 4.6 123件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 463 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品には新版があります:


この商品はセット買いができます
『進撃の巨人 1-22巻セット』 こちらチェック
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 進撃の巨人(10) (講談社コミックス)
  • +
  • 進撃の巨人(9) (講談社コミックス)
  • +
  • 進撃の巨人(11) (講談社コミックス)
総額: ¥1,389
ポイントの合計: 42pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まってしまう。

ウォール・ローゼ付近に突如現れた巨人の群れ。104期の面々を含む調査兵団は巨人の発生地点特定を急ぎ、ローゼ付近のウトガルド城で夜を明かすことに。だが、夜は活動できないはずの巨人が城を取り囲み‥‥!


登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 講談社 (2013/4/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063848396
  • ISBN-13: 978-4063848397
  • 発売日: 2013/4/9
  • 商品パッケージの寸法: 17.3 x 11.7 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 123件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
おいおい、わんさか巨人が出てきますよ。怖いよ。なんですかこの怖さ。謎が多過ぎてわけわかんないです。でもほんとおもしろい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
今後の物語に大きく関わってくるであろうユミルとクリスタそれぞれの秘密が明かされる巻。
そして今巻の最後では更に別の2人の秘密が明らかに。
ユミルの秘密がこの2人の過去と関係があるようで、それも気になる。
とにかく驚きの展開をみせる10巻でした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この巻である重大な謎が唐突に明らかになるのですが、大きいコマでドンッ!という感じではなく、普通のコマの隅っこでさらっと明らかになります。これについて「見せ方があるだろう」「作者は投げやりになった」と評価している方もいますが、あれも立派な見せ方の技法ではないでしょうか。それこそ、私達の「重大な秘密や謎はページをめくったら大きいコマを使って明らかにされるもの」という固定観念を上手く逆手にとったものだと思います。唐突なあの発言で登場人物だけでなく読者も困惑させ、「何を言ってるんだ」と思わせる。しかしページをめくるごとに真実味が増し、そのまま怒涛の展開です。私は終始圧倒されてしまいました。 この巻を読んだら、ぜひ一巻から読み直すことをオススメします。台詞の本当の意味や、張り巡らされた伏線に驚きますよ。
1 コメント 386人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
巻を追う毎に少しずつ謎が解けていくのですが、また新たな謎が出てくるといった感じで作者のネタの引き出しの多さに驚きです。
キャラクターの絵が変わってさらに謎が深まる点はご愛敬と言うことで。。。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
現時点で(コミックス15巻既出)物語の最も大きなオチがある巻ですが、その演出、表現、意外性、決して期待を裏切りません。

エレンと母親との死別に始まり、兵団としての厳しい訓練と仲間達との友情。巨人への壮絶な憎しみと戦い、、と、この作品はそれらをこれまでしっかりと描いているだけに、この10巻では極上のカタルシスを堪能できます。

ぜひ楽しんでください。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
配信アニメを一気見した後、すぐさまアマゾンでコミック10巻まで購入、それも二晩で読み終え、この作品の愛おしさに心を震わせています。

画力がないとの評判でしたが、私はその登場人物たちのいびつな肉体、細部が消えそうな手指、ぎこちない動き、安定しない表情に、この作品の主幹であろう

閉塞感とのあがきを、この作者が身をもって、作画する事によって、身動きできないところから自由になることは、それと同等の代償があるということを体現して

いるように思えました。

回が進むにつれ、ハッとするほどの美しい絵が見られます。しかしながら謎は深まるばかり。

体はいびつから解放され、愛と受容の精神の広がりを見せつつも、それさえ自分を縛る時がある。

まさに壁です。

それでも打ち破りたい、次の世界を見てみたい、そんな情熱あふれる作品です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
10巻はもう驚きの連続です…この作品は絵が下手だとか何だとか言われてはいますが、私は物語の面白さを気にする方なので深く考えられたストーリーに引き込まれ、一気にマンガをかっちゃいました(笑) さて、10巻ではアイツの正体がサラッとわかってしまうのですが…他にも物語に深く関係するであろう人物も判明します。 こうして色々な謎が判明しつつある10巻を読んだあと一巻から読み直しますとちゃんと初期の段階で「あ、」とおもえるのです(ストーリー・設定が初期の段階でシッカリしている、伏線すごい)そしてもっと感情を入れて読むことが出来ました。 10巻を読もうとしているor読んだそこのアナタ!もう一度1から読むことをオススメします!! 長文乱文失礼しました…m(_ _)m
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 吉じい 投稿日 2014/6/5
形式: コミック
テレビアニメを見てその続きを知りたくて今発行されている本を購入した。
第一印象はテレビアニメとの画像のギャップが大きいこと。“雑”の一言に尽きる。
読む気が失せてしまい2~3ヶ月そのままにしていた。少し気を取り直しまた読み始めた。慣れてくると、これはこれで有りかなと思うようになってきた。ストーリーの面白さは十分堪能している。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
最近ではよく登場人物が死ぬ漫画が多いですが、
個人的に読んでいてとても命が軽く感じられるものが多いです。
エンターテインメントという点を重視すると、
自然とカッコ良く見せ場があるシーンを演出するからでしょうか。
読んでいる自分もどこか醒めた目で見ている部分がある。

この作品では登場人物が大量に無残に死にますが、
一人一人のキャラクターに見せ場を作ってから殺されたりなんて演出がない。
強かった兵士たちが極限で錯乱したり嘆いたり、情けない死に方をするシーンも多い。
結構な重要キャラなのにあっさりモブのように死んでいく様が妙にリアルで、
逆にそんな演出だからこそ感情移入が深くなります。
今回10巻でサラッと明かされる重要な秘密も、
この作者だからこその演出だなと妙に納得してしまいました。

ウケる作品、売れる作品を描いている大人のあざとさがなく、
良い意味で子供っぽいというか純粋さが感じられるこの作品が好きです。
時間を忘れて読みふけったり、何度読み返しても面白いなんて感じられる作品は久しぶりに出会えました。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー