通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
進撃の巨人(1) (少年マガジンKC) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

進撃の巨人(1) (少年マガジンKC) コミックス – 2010/3/17

5つ星のうち 3.6 411件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 440 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品には新版があります:


この商品はセット買いができます
『進撃の巨人 1-22巻セット』 こちらチェック
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)
  • +
  • 進撃の巨人(2) (講談社コミックス)
  • +
  • 進撃の巨人(3) (講談社コミックス)
総額: ¥1,389
ポイントの合計: 42pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第35回(2011年) 講談社漫画賞受賞

内容紹介

巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まってしまう。

巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まってしまう。


登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 講談社 (2010/3/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063842762
  • ISBN-13: 978-4063842760
  • 発売日: 2010/3/17
  • 商品パッケージの寸法: 16.5 x 11.7 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 411件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
漫画はあまり読まないほうですが、『進撃』は読んでみるとテーマが深くて驚き。おもしろい。

調査兵団とか、立体機動装置とか、自分も欲しいってくらいかっこいい。リヴァイかっこいい。でも、
中身がそれだけの、ただの少年バトル漫画じゃないのがこの『進撃の巨人』!

読者の、数多くの疑問。

人類が壁の中に住む理由は?

エレンが巨人に変化するのはなぜか?

百年前、壁の世界を築いた王とは?

etc・・・。

でも、その数々の謎も、その世界の真実も、すべては恐らく、深いテーマ性に根ざして用意されている。
そう予感させる演出が沢山あります。

(以下はネタバレを含みます。あと、少し穿った読みかもしれませんが・・・)

まず、進撃は壁の中の社会が、驚くくらいリアルに描かれていること。
そこから見て、王様は(偽物でしたが)、いわゆる死せる父親。あるいは超越的他者ではないでしょうか。
つまり、ニューアカブームの時代に浅田彰なんかがよく語った、共同体の構成員やその秩序を心理的に統一する神的存在、とされるアレです。
『王が偽物だと知られれば、住民は反乱する』
という
...続きを読む ›
コメント 306人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
絵は荒削りで、台詞も少なくて、昔の中だるみしていた某漫画のように一瞬思えることがありますが、やっぱりインパクトと面白さはすごいと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
三重の壁、人を食べる巨人、立体機動装置、これだけで掴みは完璧です。しかし、最終的に本作にハマってしまう決め手となったのは、主人公のエレンでした。

自分の見立てでは、日本人は他人の「怒り」の感情に実に不寛容です。たとえ凶悪犯罪の被害者であれ、法廷や手記で怒りの感情を表現すれば、インターネットには「なんかこの人、可哀想だけど苦手だわ…」といったような言葉が並びます。そんな光景を何度となく目にしては、やるせない気分になったものです。

その点、主人公のエレンは実に清々しい。巨人に「自由」を奪われ、母親さえも食い殺されたエレンは、巨人に対する「怒り」の感情をストレートに示します。あの有名な「駆逐してやる~」という台詞がその象徴です。ファンの間で「駆逐系男子」という言葉が流行りましたが、これはエレンのこの性質が日本の少年漫画の主人公としては異色であり、かつ多くの読者の目に魅力的に写ったためではないでしょうか。巨人を駆逐したいという怒りの感情をエネルギーに、時に同期とぶつかり、時に同期の賛同を得て成長していくエレン。その姿は、怒りの感情をタブーとするような空気を感じてきた身には、この上なく力強く感じられるのです。

しかし、そんなエレンの内面の変化もまた、楽しみにしているところです。2巻以降のネタバレになるため多くは語りませんが、随
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
アニメで進撃の巨人にはまってからマンガをよんだが、アニメのほうが詳しく描写してあった。
けど面白い
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2015/8/3
形式: Kindle版 Amazonで購入
ホラーなのかなぁこれはw 絵は下手だけど味がある。急いで描いて勢いついたんだろうなぁ。ー
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
絵がひどいことを前提に書かれたレビューを散見しますが、
私は逆に、ストーリーマンガにおいて
絵の善し悪しというのはストーリーの面白さの前には
大したことではないと再確認できるくらい、
魅力的な作品だと思いました。
また、私がこれまで読んだ中には
絵がひどくてさすがに読む気をなくすような作品もありましたが、
この作品はそのようなものではありません。

読んだあともしばらくは巨人の世界にさまよってしまう感じの
圧倒的な世界観です。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
流行っているので読もう読もうと思いながら月日が経ってしまい、今更ながら読み始めました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
一見奇をてらった内容に思えるが、実は古典的な思想を軸に描かれた物語だ
外界への渇望、それに付随する障害、至った先の新たな困難

真の意味では外の世界などなく、自らの世界は自らの中にしかない事をいずれ悟る
人はなぜ遠くの見たことない場所に理想を求めるのだろうか

果てしない海や空の先にすべてが許される場所が本当にあるのだろうか
絶望しかない戦いの先に一つ光があると信じて兵士たちは巨人の待つ戦場へと赴く

等身大の主人公達がどの様な結果を得るのか気になる作品
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー