Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 432

¥ 31の割引 (7%)

(税込)
ポイント : 43pt (9%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[諫山創]の進撃の巨人(3) (週刊少年マガジンコミックス)
Kindle App Ad

進撃の巨人(3) (週刊少年マガジンコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.0 113件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 進撃の巨人(週刊少年マガジンコミックス)の22の第3巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 432
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 440 ¥ 1

紙の本の長さ: 200ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

「捕食者・巨人」VS.「餌・人類」。絶望の戦いが始まる!! ――大巨人の出現により壁が崩壊し、無数の巨人が壁の中に侵入する。ミカサは次々に巨人を倒すがエレンの死の知らせに動揺し、危機に陥ってしまう。そこへ巨人を襲う謎の巨人が登場し、ミカサの窮地を救う。だが、食べられたはずのエレンが謎の巨人の中から発見されたことによって、兵団員の内部に恐怖と疑念が生じて……!? エレンと謎の巨人を結びつける秘密とは?

内容説明

巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まってしまう。

大巨人の出現により壁が崩壊し、無数の巨人が壁の中に侵入する。ミカサは次々に巨人を倒すがエレンの死の知らせに動揺し、危機に陥ってしまう。そこへ巨人を襲う謎の巨人が登場し、ミカサの窮地を救う。何体もの巨人をなぎ倒し、遂には力尽きた謎の巨人。その正体は‥‥!!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 58979 KB
  • 紙の本の長さ: 200 ページ
  • 出版社: 講談社 (2010/12/9)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B009KYC6U4
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 113件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
地下室どうするんだろうか? どうやって向うのかものすごく気になります。 面白いです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
人間の葛藤を細やかに描いている第3巻。

士気を失いかけている兵たちをもう一度戦地に向かわせるピクシス司令の発言や、仲間たちに排除されそうになった主人公たちのピンチを救うアルミンの叫びは、妙に納得してしまう。何より心に響くものがある。

話の展開はスピーディーだが非常に分かりやすい。

しかし、この巻の本当の魅力は危機的な状況に直面した少年が精神的な壁を乗り越えまた1つ成長するというシーンだと思う。
つまり、アルミンの成長だ。

全体的に見ても、このマンガの主人公を含めた少年少女たちは非常に精神レベルが高いと感じる。齢14〜15歳の彼らは、いつも危機に頻していながら冷静に物事を考えている そういったキャラクターの精神面の強さが、圧倒的戦力を誇る巨人に対する1つの武器だと作者が言いたい気がしてならない。

私は期待を込めて断言する。この作品はまだまだ伸びると
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 望都 VINE メンバー 投稿日 2011/6/4
形式: コミック
自らの力を使いあぐねるエレンと仲間たちとの連帯を描く第3巻。

「この注射のせいで今からお前に記憶障害が起こる・・・ だから今説明してもダメなんだ・・・ だがいつか地下室に行けば真実が分かる・・・ 辛く厳しい道のりだが、お前はウォール・マリアを奪還して地下室に辿り着かなければならない・・・ この「力」はその時役に立つはずだ。使い方は彼らの記憶が教えてくれるだろう・・・」(59〜60頁)

一体、地下室には何があるのであろうか・・・
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
前巻の内容とは一転、巨人との戦闘もほとんどなく、少し落ち着いた展開になります。それは仕方がないとしても、台詞回しのせいで冗長に感じてしまう場面があったりします。前巻の勢いは今回は失われてしまった印象。

主人公が巨人化することも賛否両論のようですが、確かに「人間による巨人への反撃」が注目される本作でこう言った展開になると「結局人間じゃ巨人には敵わないのかよ」と思う人がいてもおかしくないと思います。とはいえ、巨人の正体や、なぜ巨人になれるのかといった謎は数多く残されているので、まだまだ本作に対する評価を下してしまうのはもったいないかと。

人間たちによる巨人への巻き返しが決行される本巻は、先の展開に期待がかかります。「人が恐怖を原動力にして進むには限界がある」という作中の言葉の通り、これまで人間は巨人駆逐の目途も立たず、ただ襲い来る巨人たちを撃退しているだけでした。しかし主人公の巨人化、および彼が口にした地下室の秘密の存在により、初めて人間が巨人に攻勢をかける展開になったことが本巻のメインの内容といえます。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この熱気は処女作でしか味わえないかもしれません。

「このマンガがスゴイ第1位」に引かれて興味本位で読んだのですが、これは今連載中で最も熱いマンガだと感じました。

作者の有り余るパワーが弾け飛んでいる感じです。中世の悪魔風のグロ表現もなんのその。絵柄の稚拙さをはるかに上回るパワー感が満ち溢れています。

また、作者は全てにおいて絵が下手ではないです。2巻のラストのミカサの表情の表現は、並の漫画では無理なほど内心がリアルに伝わる表現で描かれており、人間の身体と動きのデッサンは全くこれからでも、決して表現のセンスがないわけではないです。

エヴァンゲリオンや寄生獣、さらには大昔のデビルマンとも比較する人がいるようですし、おそらく相当の影響は受けているだろうことは感じます。そもそもSF志向がきわめて強い作品です。

1巻の冒頭の謎の始まりがものすごく気になっています。どうあの場面に結びつけるのか、父親との関係などミステリーの要素を交えたSF的なストーリーの構成は、東野圭吾的な小説の表現に近いものも感じており、数多くのバトルマンガよりストーリーが緻密に構成されています。

このマンガが高い評価を受けたのは十分わかります。今最も続きが気になるマンガであると思います。そして
...続きを読む ›
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
散々レビューで言われていることだけど、画力はお世辞にも高いとは言えない。
例えば隊長を制止したピクシス指令の左手など、素人以下に見えるような絵もあったりする。

しかしながらそれであってもなおキャラクターは魅力的で個性があり、女の子はかわいい。
キャラクターの動きも躍動感に溢れ、素直にかっこいいと感じられる。
人間の表情の描き分けは画力云々でなく純粋に素晴らしいと感じられ、巨人のぞっとするような和やかな表情と人間の絶望の表情の対比などはまるで悪夢のようで、心に強く響いてくる。

近頃絵の上手な漫画家はそれこそ吐いて捨てるほどいるわけで、そしてそのお上手な漫画家が素晴らしい漫画を描いてくれるかと言うとそれはまったくの間違いであり、もはや漫画を評価するにあたって、絵がこぎれいにまとまっているかなど評価の基準とすること自体がナンセンスなのではなかろうか。
そんなことよりもこの稚拙な画力であってさえ、読者の感情にダイレクトに訴えてくる漫画世界を作り出している作者の才能を評価したいと強く思う。

ただ、若干突っ込みどころがある点、例えば
「射撃で怯ませたり視界を奪ってから弱点を格闘で狙った方がどう考えたって有効じゃね?」
みたいな点が多少見受けられるのが少し残念、その点で減点して星4つとさせていただきたい。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover