中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★若干使用感ございますが程度良好です。★アルコール消毒・清掃後に中身の見えない防水袋にて梱包★中古品につき多少の小傷・スレ・ヨレ・折れ・凹み・日焼け・シミ・黄ばみ・軽い汚れ・匂い等がある場合があります★帯の状態については免責となります★過度の汚損破損・商品違い・付属品欠品・その他問題をお感じになりました際は、Amazon右上「アカウントサービス」→「注文履歴」→該当商品右側「出品者に連絡する」から返金をご依頼下さい。迅速対応致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

進化論という考えかた (講談社現代新書) 新書 – 2002/3/14

5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「人間の心」と「情報」から読む研究最前線行動や言語を進化で説明しようとする進化心理学と、DNAの情報のシステムとして進化をとらえるバイオインフォマティクス。進化論の新時代をやさしく案内する。

内容(「BOOK」データベースより)

進化論はいま、人の心や行動、「文化」の謎にまで迫りつつある。科学と人間をつなぐ思想として読み直す。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 224ページ
  • 出版社: 講談社 (2002/3/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061495984
  • ISBN-13: 978-4061495982
  • 発売日: 2002/3/14
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 559,807位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
進化論の歴史は概念拡張の歴史でもあり,これは数学が数の概念を自然数から整数,有理数,実数,複素数,超実数と拡張してきたのとよく似ていて,一度くびきを放たれたら近代的知性とはこのようにばく進できるものなのだという威力を示してくれる.進化論の場合,その本質は「中立でランダムな変異と,その変異と環境との相互作用により決まる自己増殖率の差異に基づく淘汰」というアルゴリズムである.本書最大の功績はこのアルゴリズム性をくどいまでに強調していることと言ってよい.
このアルゴリズムは強力で,その強力さに恐れをなした反対勢力の攻撃は今でも続いているが,もはや勝敗は明らかであろう.私にとってはこのアルゴリズムは汎用性のある宇宙的原理とさえ思える.ところが伝統的な西欧的知性にとっては,明確な因果律に基づかないランダムな変異というものはいかにもいかがわしく,そこが最も嫌われるのだろう.しかしこれは西欧的知性の歴史経路依存性によるものである.
ダーウィン進化論をすでに知っていて,ランダムな変動という物理現象になじみがある人には素直に読み進められる.
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 わたしは進化論という考えかたにウサンくささを感じていた。というより、人間心理や社会規範までも進化論で説明できるとするその自然主義にである。しかし、本書の後半部は私の疑念に真摯に答えようとしている。
 本書は4度の転換点をもつ現代進化論の変遷史を概説する。そして、人間と情報をキーワードに諸問題を整理し、変遷史の根底にある「自然選択」という考え方を浮き上がらせる。後半は進化論の考え方の説明というより、その考え方を使う上での注意書きである。
 後半が真摯だという理由は、科学言説の物語化に相対主義を持ち込まないところである(前半で自然選択の普遍性を提示している以上、それも当然なのかもしれない)。
 ちょっと難をいえば、悪しき物語化(ヒットラーの優生学利用など)への処方箋として、物語手の集団の雑種性(第三の文化)と語り手のセンス・オブ・ワンダーを使うというのは、いささか甘い気がする。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 萩原 湖太郎 トップ1000レビュアー 投稿日 2002/7/10
形式: 新書
 タイトルが悪い。何故なら「あとがき」に「進化論をおもしろく紹介するというよりも、進化論を使って知的冒険を展開してみたかった。」と書いてある通りの本なのだが、そんなの読む前にはわからないからである。

 僕は、このタイトルを見て「進化論をおもしろく紹介している本だろう」と思って読んだこともあって、進化論の歴史について書いてある第1・2章は面白かったけれど、あとはちょっと…。

 全体として何と言うか、わかる人には当然のことばかり書いてあり、わからない人にはピンとこないことが書いてある本、という印象を受けた。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/3/9
形式: 新書
進化論とその隣接学問の、過去から現在、そして将来を論じています。言葉遣いも非常に平易であり、何気なく買って読んだのですが、非常に分かりやすいものでした。
進化論に関しての完結した入門書というよりも、進化論をより理解するための橋渡しと、進化論を根底において他の領域へ知的冒険をするための序章という位置づけの本と捉えました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 志村真幸 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2007/1/12
形式: 新書
 進化論の現在について分かりやすく紹介した著作。学界での最新の研究動向が手軽に理解できるということで有用だ。著者は科学史家で、啓蒙的な意図から書かれた入門書が多い。そのなかで本書は、やや抑えた筆致。以前の著作に批判もあったことから、慎重に書いていることが伝わってくる。そのぶん、切れ味は鈍くなったか。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告