通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
進化しすぎた脳 中高生と語る「大脳生理学」の最前... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

進化しすぎた脳 中高生と語る「大脳生理学」の最前線 単行本 – 2004/10/23

5つ星のうち 4.4 50件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 進化しすぎた脳  中高生と語る「大脳生理学」の最前線
  • +
  • 単純な脳、複雑な「私」
  • +
  • 海馬―脳は疲れない (新潮文庫)
総額: ¥4,136
ポイントの合計: 126pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「私自身が高校生の頃にこんな講義を受けていたら、
きっと人生が変わっていたのではないか?」

ベストセラー『海馬』の著者が、しびれるくらい美しい脳のメカニズムを語る。
自由意志からアルツハイマー病の原因まで、おどろくべきトピックスの数々。

●ラジコン・ネズミに自由はあるか?
●〈意志〉が目に見える?
●「悲しいから涙が出る」んじゃない?
●世界は脳のなかでつくられる?
●「見ること」は無意識?
●神経細胞は増殖してはいけない?
●脳があいまいなのには理由がある?
●神経に直接効く薬?

柔軟性を生むために発達したヒトの脳を、わかりやすく大胆に語った講義。

内容(「BOOK」データベースより)

自由意志からアルツハイマー病の原因まで、おどろくべきトピックスの数々。柔軟性を生むために発達したヒトの脳を、わかりやすく大胆に語った講義。「私自身が高校生の頃にこんな講義を受けていたら、きっと人生が変わっていたのではないか?」ベストセラー『海馬』の著者が、しびれるくらい美しい脳のメカニズムを語る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 373ページ
  • 出版社: 朝日出版社 (2004/10/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4255002738
  • ISBN-13: 978-4255002736
  • 発売日: 2004/10/23
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 50件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 172,720位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
著者の『記憶力を強くする』(講談社ブルーバックス)を読んだとき、凄い人がいるもんだと驚いた記憶があります。そして、その後、その本がベストセラーになったと聞いて、納得しました。
というのも、科学者には、「専門家」に対しては「専門用語」を駆使して自身の研究内容を語れる人はいるのですが、「非専門家(一般人)」に対して、それを出来る人は数少ないからです。
本書の中でもそれは実践されています。
聞き手はニューヨーク在住の高校生。高校生を相手に『Nature』(世界で最も権威のある科学雑誌)の論文を、平易な言葉で紹介しています。私が、自身の分野の論文を、高校生にも分かるように同じように説明できるか?う~ん、できるかなあ、と考え込んでしまいます。『Nature』という雑誌の性格上、『分かりやすさ』と『インパクトの大きさ』が高く評価されるとは言え、凄いですね。
また、双方的な授業がなされていることに好感が持てます。回答者(つまり高校生)が「間違った」答えをしても、それを「面白い意見だ」「そうゆう考え方もあるよね」と認めつつ、「でもこうは考えられない?」と持っていく流れが秀逸です。
本書の中で、『脳の地図は脳が決めているのではなくて身体が決めている』という言葉が印象的です。
著者のホームページも面白いですよ。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
コロンビア大学研究員で脳科学専攻の筆者が、慶応高校ニューヨーク校の生徒に行った講義をまとめた本。
この本が成功しているのは、講義形式をとったこと。通常の入門書は、筆者自身が基本的なことを説明しているつもりでも、説明の仕方が悪かったり、専門用語が単調に並びがちだったりして余り面白くなく、また頭に残らないことが多い。でも、この本は少人数の生徒を相手にした講義をベースにしていて、読者もそこに加わって、一緒に考えているような臨場感がある。筆者の説明も、生徒達の反応をきちんと踏まえながら、わかりやすい事例を多く挟んでいるため、脳科学の基本的なエッセンスが頭に入ってくる。
僕が一番面白かったのは、人間の行動の多くは考えられているほど意識的(自由意志)に行われているわけでないというところ。悲しいとか嬉しいといった感情も、基本的には外部刺激に対する脳の反射的な作用だし、人間の自由意志を象徴する言語も、その多くは無意識な反応によっている。人間は他の動物と違い、言語を持ち自らの意志で世界を解釈し、働きかけられる、というのが一般的な通念だと思うけれど、実際はそれ程でもないということだ。面白いのは、この点に気持ち悪さを感じているのも、やはり脳の働きによる点だ。脳が、自らの働きに対して違和感を感じる。このあたりの議論はこの本ではそれ程触れられていないけれど、僕にとっては興味深いテーマだっ
...続きを読む ›
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 すばらしい本。講談社ブルーバックス「記憶力を強くする」は面白かったものの、糸井重里との共著や学習術の本など、ややお気軽に本を出しすぎではと警戒心を抱いていた私だが、この本を読んで池谷氏の実力のほどを思い知らされた。単なる優秀な研究者じゃない。こんなに平易な言葉で、これほどの内容を語れるとは! この本のもとになった講義を聴けた慶応義塾ニューヨーク学院の生徒たちに嫉妬する。
 提示されている事実は、最新の知見も含まれているとは言え、大体はどこかで耳にしたことのある内容。むしろ細かい話はザックリ端折って、ポイントだけ拾い上げている。そこから描き出される脳の姿も、少なくとも大枠は、それほど奇抜なものではない。にもかかわらず、ストーリーの全体にみなぎるこの瑞々しさはどうだろう。
 私がこれまで読んだ脳関連本の中で、もっとも刺激に満ち、さまざまな可能性を孕んでいると感じられた。決して冒険的なスペキュレーションに走らず、未解決の問題は謙虚に余白として残し、むしろ読者を思考へと誘う。ダサいクオリア話なんて読んでる暇はないゾ!
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 どこかで見たことがあるのだけれど具体的に思い出せなかった”脳地図”に、「進化しすぎた脳 中高生と語る「大脳生理学」の最前線」で再会しました。体性感覚野の体部位局在の状況を表した図です。ペンフィールドの脳地図と呼ばれているそうです。

 この図を見ると、感覚にとっていかに顔と手の重みが大きいかを脳の実装として具体的に理解できます。いままで断片的にしかしらなかった脳についての知識がつなぎあわされ、隙間が埋まっていく喜びを感じます。シナプスのミクロな構造と脳全体のマクロな動きでは相当なギャップがありますよね。かつて、遺伝・発生におけるDNAと生体の間が次々と解明されているのに比べて、脳の領域の解明スピードが遅いのではないかと思っていた時期がありましたが、ただ勉強不足だけだったのかもしれません。

 また、脳単体のハードウェアとしてはイルカの方がいいのだけれども、入出力が人間のほうが多いので結果として利用効率がいい、なんていう話も、いろいろな想像をかきたててくれました。

 ちなみに、純粋に脳の知識を知る以外にも、個人的にどう脳を使えば効率がいいのか、どこに限界があるのか、といったことの役にもたつと思います。わかりやすさを追求して多少大胆に説明した部分もあると作者が最後に述べていますが、研究者ではない一般の人はまずは知的関心をもつことが優先なので完全な正確さをうんぬんしなくてもいいですね。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー