通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
進め!! 東大ブラック企業探偵団 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: ほぼ新品 | 詳細
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: Amazonアウトレットは、Amazon.com グループの一部ですので、Amazon.co.jpが発送やカスタマーサービス業務を行います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

進め!! 東大ブラック企業探偵団 単行本(ソフトカバー) – 2016/2/24

5つ星のうち 3.8 18件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 128

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 進め!! 東大ブラック企業探偵団
  • +
  • 東大式 スゴい[決算書の読み方]
総額: ¥3,024
ポイントの合計: 92pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「このままでは、日本の企業はぜんぶブラック企業になるかもしれないわ」
「な、なんだってー!?」
「これを見れば一目瞭然」
東大ブラック企業探偵団の団長・東大法学部3年のハルキ、そして経済学部のマオ、農学部のカンタが隠れたブラック企業を摘発、眠れるホワイト企業を見つけ出す・・・・・・。
東大ブラック企業探偵団とは、実在する「Tゼミ」(瀧本哲史京大客員准教授が顧問)をモデルにした、東大本郷キャンパスに部室をおく「秘密結社」。「Tゼミ」は、公開情報に基づく企業分析と政策分析を通じ、過酷な現代社会を生き抜くための意思決定方法を学び実践するゼミ。東京と京都を拠点にさまざまな大学の学生が参加している。投資コンテスト「バークレイズ大学生アナリストカップ」では2年連続優勝に輝いた。
本書は、ニュース共有サイトNewsPicksで話題となった「Tゼミ」企業分析ノートのノベライズ。問題企業、業界を徹底分析して実態に迫る、ますます残酷な社会となる日本で、幸せに「働ける会社」「働けない会社」とは?……『未来工業』『キーエンス』『日本M&Aセンター』……ニッポンを救うホワイト企業はここだ!!

内容(「BOOK」データベースより)

「このままでは、日本の企業はぜんぶブラック企業になるかもしれないわ」「な、なんだってー!?」「これを見れば一目瞭然」東大法学部3年のハルキ、経済学部のマオ、農学部のカンタが、隠れたブラック企業を暴き、眠れるホワイト企業を見つけ出す。日本「最強ゼミ」の企業分析ノート!ノベライズ!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 276ページ
  • 出版社: 講談社 (2016/2/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062195747
  • ISBN-13: 978-4062195744
  • 発売日: 2016/2/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 81,826位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
表紙やノリから言ってそうなのですが、「企業分析」とかって敷居が高すぎて…みたいな
学生が企業分析について興味を持つきっかけになる書としては意味があるのかも知れません。

ただ、テーマの選び方等に一貫性がある訳でなく、企業分析で押さえておくべきポイントが
網羅されているという訳でも全くないので、入門書とすら呼べないレベルだと思います。

本書で企業分析に興味が持てたら、それこそ国貞克則さんの本なんかを手にすると良いと
思いますが。

と言うことで、意味が無いとは思いませんが、言われてるほどの中身でも無いと思うので
星3つにしました。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
単に情弱であるだけで、または情弱じゃなくともネガティブな情報には目をつぶって「自分が見たいものしか見ない」ようにして、ブラック企業に入社してしまった新卒諸君の数は馬鹿にできないくらい多いだろう。そして、入社した後で実態を直視し、自分の選択を絶望的なまでに後悔することになるのだろう。

長ければ三年は勤まるかもしれないが、新卒の時期の三年をブラック企業に引き渡したリスクは人生の大きな痛手となる。それも勉強料、と割り切るしかないのだろうが、あまりにもそれはもったいない。これは、避けて通れたのであれば通らないにこしたことはない問題だ。

入社後、自らの情弱ぶりを呪い、また、入社の意志決定を「魔が差した」ものとして後悔する。そういう新卒を少しでも減らす、という意味でこの本は救いの書である。エリートではない就活生はぜひ一読し、会社選びの一助とすべき内容が詰まっている。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
働くことの、ブラック企業、ホワイト企業の実情が知りたかった。シーナ・アイエンガーのoptimizer(追求者)、satisifier(満足者)の就活後の仕事に対する満足度みたいなものがでてくるかなと期待して、購入したけれども少し期待外れ。そもそもの、ブラック、ホワイトの定義のずれが原因だと思います。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
正直ショボかった。
内容全然ないじゃん、誰でも書けそう。
みんな買わないほうがいいかも、、
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
タイトルと中身が乖離してると思いました。
ブラック企業に関する本だと思って購入すると、後悔するかも。

書いてる内容自体は面白い(勉強になる)んですが、
著者のオリジナルというより、既存の知見を「まとめサイト」に仕上げた印象。
1500円払わなくても、今のご時世web記事(無料)で充分かもしれません。。。その方が早いし。

それとホワイト企業、ブラック企業の定義が曖昧かつお高い印象を受けました。

ただ投資家としての視点を、小説という噛み砕いたフォーマットにまとめ、書籍として世に送り出したことだけは、筆者の唯一の功績なのかなと思いました。

※時事問題が多いので、今読むと賞味期限切れ感が生まれるかもしれません(マイナス金利が導入される前の金融業界の実態、電通の華々しい功績など)
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
労働者としてのホワイト企業と、投資家としてのホワイト企業は微妙に異なるように感じますが、この本は投資家の視点から企業分析しているようです。その点注意する必要がありそうです。

企業分析に関しては、外食、メディア、メーカー、金融の4つの産業に対して行われていました。どれも有用な知見を与えてくれました。大変面白い分析だと思います。

ライトノベルとしてのクオリティは素人レベルです。このレベルのラノベにするくらいなら、新書の方がいいと思うのですが、大人の事情があったのでしょう。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
東大理系の修士学生です.
面白かったです.
難しすぎることは大抵つまらないですが,この本は7割くらいのことが予め分かっていたので,理解しやすいという意味で面白かったです.

外食・テレビ局・メーカー・メガバンクがブラック化しつつある現状の分析に関しては賛同できます.
私も「これらの業界には人生をかけたくないなあ」などと思うばかりです.

紙面の都合やストーリーのシンプルさのために仕方ないとは思いますが,まるで東大ブラック企業探偵団は「ブラック企業以外を調査していない」(というか超自然的な力で回避している)ように見えてしまいます.出先で必ず事件に遭遇するコナンのようです.でもブラック企業が蔓延している状況(を描く作品)ですし物語的にはそのくらいがいいと思います.登場人物のステレオタイプ感も,読みやすさ重視ならば丁度いいかと思います.

文章中に(どちらかと言うとブラック的ではないか,超ホワイト的な論調で)触れられている電通,ゴールドマン・サックス,リクルートなどには個人的にも興味をそそられますので,その意味でも,次回は「超ブラック」以外の企業も題材にしていただけることを楽しみにしています.
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー