通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
週末起業 (ちくま新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

週末起業 (ちくま新書) 新書 – 2003/8/6

5つ星のうち 3.9 79件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 756
¥ 756 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 週末起業 (ちくま新書)
  • +
  • 1万円起業
  • +
  • はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術
総額: ¥3,780
ポイントの合計: 115pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

商品説明

   リストラの不安におびえるくらいなら、いっそ会社を辞めて自分でビジネスを始めてはとすすめる起業の指南書は多いが、本書はその逆で、会社は辞めるなという。なぜなら、起業するには経済環境が悪すぎるうえ、住宅ローンや教育費、税金や医療費などの負担が増しているときに収入を途絶えさせるのはリスクが大きいからと。また、転職や資格取得、副業も有効ではないという。

   そこですすめるのが、休日をフルに活用する「週末起業」である。これなら「サラリーマンの不況対策」になるほか、将来の本格的な起業に向けたトレーニングにもなると。そんな時間はないと言いたくなるが、起業すると仕事が楽しくなって寝ていられなくなるはずだという。

   本書では週末起業の経験者でもある著者が、その成功の秘訣をさまざまに指南する。ポイントは、小資本で借金をしないこと、インターネットを駆使すること、自分の趣味を活かしたビジネスをすること。それを踏まえた上で、どんなビジネスモデルがあるかを実例とともに紹介したり、年代別の起業スタイルを提案したりする。とくに副業を禁止している会社への対応や本業の勤務中に問い合わせが来たときの対処法などは具体的で、「二足のわらじ」に相乗効果をねらう視点が参考になる。

   一方で、税金や法人の仕組みをひも解いて、週末起業ではどういう申告方法や事業形態にメリットがあるかもアドバイスする。「資本金1円」でも会社が設立できる「確認会社」を読み解いているのも注目である。

   不況下のサラリーマンを取り巻く一筋縄ではいかない状況や不安定な心理を、じつによくくみ取った本書。無理せずやろうというメッセージが現実的である。(棚上 勉)

内容(「BOOK」データベースより)

「リストラされたらどうしよう」「老後の生活が気がかり」「いまの仕事で喰っていけるのか」―。景気が冷え込むいま、先行きに不安をおぼえている人は多い。そんな不安を解消する方法があった!それが「週末起業」。これは、会社に勤めながら、アフター5や休日の時間を利用してローリスクで“起業”するというもの。本書では、その魅力と方法を解説し、ビジネスパーソンが「こんな時代」を生き抜くための「複」業生活を提案する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 206ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2003/8/6)
  • ISBN-10: 4480061274
  • ISBN-13: 978-4480061270
  • 発売日: 2003/8/6
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 79件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 104,874位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
10数年前に出版された本なのか!?と疑うほど、先見性に富んでいると感じた。まさに、給与が安定的でない今、給与に頼らない生き方をしている人が身近にも増えているのを実感する。
自分のキャリアプランを考えるきっかけになりました。
出来ることとやりたいことのマッチングを意識しながら、余生を楽しみたいものです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Hobo 投稿日 2015/3/11
形式: Kindle版
 2003年刊行。
 10年以上前の本だが、今でも週末企業の基本的な考え方は重要なものだと思う。
 会社に一度就職してしまえばそれで自分の人生は安泰という時代はすでに過ぎ去っている。終身雇用も崩れてきているし、年功序列も将来の昇給を保障するものではない。将来の経済的な不安定要素は増えていく一方だ。そこでリスクヘッジとしての副業を始める人も増えてきているが、本書は副業からさらに一歩進めてそれを週末起業にしようと勧めている。

 副業として空いている時間にアルバイトをしたり、別の会社に掛け持ちで働いたとしても、それは結局、誰かに雇われている立場であることには変わりがない。会社の意思一つで自分の去就が決まるのは同じことだ。だったらいっそ、自ら起業したほうが、すべて自分の裁量で出来るのだからよっぽど面白いだろう。自分の好きなことや趣味を仕事に出来れば、やりがいもある。
 こうしたやりがいを求める仕事は、個人にとってだけでなく、社会全体にとっても必ず利点になると思う。チェーン店ばかりで、マニュアル化された仕事ばかりの国よりも、個性的な仕事が増えたほうが、経済活動に多様性が生まれるし、消費者にとっても刺激的だろう。著者も日本を起業家で溢れる国にしたいという思いから本書を書いたと述べている。

 今では起業も非常に簡単になった
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
週末起業の本、HP、セミナーなど、花盛り。ある人の薦めで読みましたが。。。これを読んだだけでは、起業のノウハウは分かりませんね。もっと知りたければ、次の本を買え、セミナーに参加しろ、ということなのでしょうが、もう少し実践的な内容を期待していたので、失望しました。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
基本的には今の安定収入を捨てずに新しい収入ルートを確保しようと言う話。

新しく起業するにあたって現在の職業から撤退するのではなく、まずは週末に小さな規模で開始し安定したら本格的に転職しても遅くはないという事で、その方法を簡単に説明している。

現在の収入源は黒字事業部と考え維持して行こうと言う考え方は賛同できるし保険的な観点では有効だと思う。そうして本書ではリスクを抑えて気軽に週末に起業する旨が書かれているが、実際には週末を仕事に費やし平日の本業と兼業で生活するのはよほどのやる気がなければ難しいと思う。

また、本書はページ数が少ないので広く浅く情報を展開している為か、一部税金等の説明もあるが把握すべき内容からみると少々物足りない。更に最近の新会社法施行により、現在では本書の内容とは合致しない点があるだろう。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hit4papa トップ500レビュアー 投稿日 2012/9/30
形式: 新書
『週末起業』は、会社を辞めずに起業する をテーマに、ひとつのワークスタイルを提示するものだ。10年くらい前の新書なので、旬の情報かというと隔世の感は否めない。古びたのではなくて、週末起業というワークスタイルが一般的になったということだ。アフィリエイト、ドロップシッピング、ネットショップなどネットを使ったビジネスが、ひと昔前よりお手軽にできる環境が整っている。今では、(大きな利益をうむかは別として)何らかのかたちで実践している人が多いだろう。

日本経済の先行きが不透明感を増すばかりなので、本業以外に収入を求めることを、企業側も積極的に認めるようになっているのじゃないだろうか。だから、本書が掲げている課題”会社にバレたらどうする”については、それほど対策に神経を使わなくともよい時代にはなってきている。

著者のいう大きな金をかけず、トライアンドエラーでビジネスを育てていくという方向性は、ごもっともである。税対策とか法人化についての知識は、おいおい覚えていけばよいというのも納得できる。まずは、始めてみるということが一番重要なのだ。

本書の読者は、まず何を期待するだろうか。

やはり”何をするべきか”ということを知りたいはずだ。それに対する解は、”自分の熱中できること”をビジネスにするべしということになる。
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー