通常配送無料 詳細
通常9~13日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 通常平日は48時間以内に発送可能です。商品の状態は「非常に良い」です。中古商品ですので書籍の出し入れによる薄い細かな擦り傷、わずかな読み跡、付箋、軽微なマーカーラインなどはご容赦ください。帯は付属していないものもあります。仕入れ時は検品をしていますが、万一見落としでページ脱落などがありましたら全額返金対応致します。防水のビニール袋に入れて簡易包装(リサイクル封筒を利用する場合もあります。)の上、日本郵便のゆうメールにて発送いたします。大型書籍、2000円以上の商品または同時複数冊ご注文の場合は宅配便も利用します。土日祝は休業日となっておりますので、金曜日の午後以降のご注文は翌営業日の発送となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

週刊 東洋経済 2013年 3/9号 [雑誌] 雑誌 – 2013/3/4

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
雑誌, 2013/3/4
"もう一度試してください。"
¥ 710
¥ 710 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

この雑誌について

ビジネスリーダー必読の本格派総合経済誌


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: 東洋経済新報社; 週刊版 (2013/3/4)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00BIOGWUE
  • 発売日: 2013/3/4
  • 梱包サイズ: 28 x 20.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 望都 VINE メンバー 投稿日 2013/3/10
今週号のユニクロ社レポートは、まずはよくぞここまで書いたものよと、読みごたえがありました。「この数年間、ユニクロの新卒社員の3年内離職率は実に5割前後で推移している。数百人単位で新卒社員を採用する大企業としては、極めて異例の高水準だ」(52頁)。また、店長には残業代がつかないが、内実は管理監督業務に加えプレイヤーとしての現場業務の比率も高い「名ばかり管理職」の疑いがあり、うつ病などの精神疾患に罹患する店舗正社員も多い由(53〜4頁)。更に、パワハラ事例も多発している模様(55頁)。

若いときの強烈な苦労をものともせず、寧ろそれを糧として成長する人材も確かに多いであろう。しかし、そうやって急速に伸びてきた企業が、結局はコンプライアンス違反などの違法経営に走ったり、人的ロジスティックスが続かないなどの原因で、衰退していった事例もわが国では枚挙にいとまがない。同社の真の「グローバル企業」への道はいまだなお遠いとみた。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
こういった円安懸念は私は個人的に好きではありません。

円高のあの悲惨な状況を忘れて、慣れたら円安。

そうではなく、円安に対する政策などを含めて提言がもっと欲しいところです。

円安株高で今吹き替えそうとしているなかマスコミはネガティブってのはいただけない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告