購入オプション

割引: ¥ 10 (1%)

Kindle 価格: ¥815

(税込)

獲得ポイント:
69pt (8%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle App Ad
[小野幸惠]の週刊誌記者 近松門左衛門 最新現代語訳で読む「曽根崎心中」「女殺油地獄」 (文春新書)

週刊誌記者 近松門左衛門 最新現代語訳で読む「曽根崎心中」「女殺油地獄」 (文春新書) Kindle版

5つ星のうち5.0 3個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥815
新書 ¥825 ¥344

【Kindle Unlimited】
120万冊以上の本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「日本のシェイクスピア」とたたえられる近松門左衛門は、週刊誌のエース記者だった!?

心中事件があったと聞けば駕籠で駆けつけ、遺体を見ては、事件の翌週に舞台にかける。
恋、心中、姦通、横領、強盗、殺人……近松の描いたものは、いずれも「俗」の極致。
その「俗」にジャーナリスティックな視線で鋭く切り込み、人間の本質を描くことで、
近松は「俗」を「俗」に終わらせず、文学の高みにまで押し上げた。

町人の恋愛や風俗を描いた人形芝居のため「世話浄瑠璃」、その近松の初作となる『曽根崎心中』。
元禄時代の衝動殺人という衝撃的な事件を扱った『女殺油地獄』。
近松の代表作ふたつを取り上げ、平易な現代語に翻訳。日本人なら読んでおきたい近松作品を味わえる一冊。

出版社からのコメント

NHKのドラマ「ちかえもん」でも注目を集める近松門左衛門。300年たった現代でもなぜチカマツは新しいのか? 近松の知られざる正体とは? 文楽、歌舞伎の楽しみ方、見どころから、原作誕生の背景までこの一冊で近松の全貌がわかります! 現代語訳は癖のないニュートラルな翻訳を古典芸能に詳しい小野幸恵さんが、近松研究の第一人者、鳥越文蔵先生の監修で担当してくださいました。「俗」と「聖」の極致をお楽しみください。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1223 KB
  • 推定ページ数: 162 ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2016/7/20)
  • 販売: 株式会社 文藝春秋
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01IVDAOZS
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 142,366位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
評価の数 3
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

3件のカスタマーレビュー

2018年2月24日
形式: 新書Amazonで購入
2016年8月7日
形式: 新書
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト1000レビュアー
2016年11月1日
形式: 新書
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
click to open popover