この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

週刊真木よう子 中野の友人 [DVD]

5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:4¥ 1,247より 中古品の出品:2¥ 1,597より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【キングDVDマーケット】 ももいろクローバーZのライブDVDやアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』ほか、新着タイトルや人気ランキング、キングレコードのミュージックやアニメなどを今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


登録情報

  • 出演: 真木よう子, 井口昇, 小林きな子, 佐伯新
  • 監督: 山下敦弘
  • 形式: Color, Dolby
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.66:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: キングレコード
  • 発売日 2008/09/26
  • 時間: 23 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001AOB6YE
  • JAN: 4988003988791
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 256,403位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

「週刊真木よう子」は、毎週異なるストーリー、出演者、脚本家、演出家たちが繰りなす全12話のオムニバスドラマ。(+総集編1話)

全ての話数で共通するのは、毎回ヒロインとして出演する「真木よう子」だけ。

ラブストーリーあり、ナンセンスあり、コメディあり、ホラーあり…。なんでもありで、各話完結の「オトナのストーリー」を描きます。

「中野の友人」

人生負けっぱなしの男・岡田は二度目の国家公務員中級職試験に落ちてバイトの日々を過ごしている。そんな岡田が熱中しているのが中野のゲームセンターにあるピンボール台だ。あまり人がやらない台でハイスコアを出すことが岡田の密かな誇りであった。ある日バイト先でレジの金を横領した疑いをかけられた帰りにゲームセンターに立ち寄ると、例のピンボール台に先客がいて・・・。

映像特典:メイキング映像

原作:いましろたかし『初期のいましろたかし』「中野の友人」(小学館刊)

脚本:赤堀雅秋

(c)週刊真木よう子製作委員会

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

人気急上昇中の真木よう子を主演に毎回異なるスタッフ&キャストを起用した1話完結のTVドラマ。ゲームセンターにある人気のないピンボールゲームに夢中の岡田。ある日珍しく自分以外にプレイする女に出会い…。監督、演出を山下敦弘が務める。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

このシリーズは概ね外れなしだと思いますが、特に本作は面白い!公務員?を目指す崖っぷち男の主人公。彼をいたぶる書店の店員たち。もし試験に合格して公務員になったら、奴らより立場は上になれる…などとつい感情移入してしまう面白さ。それにしてもホントにいそうに演じてるあの人は、実は監督?かなにかとか。そして真木よう子。本作ではまるで男の子のような佇まいで登場してきますが、最後の街中のシーンの女子高生姿で見せる笑顔。ああ、やはり主演はこの人か!と思わせます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
出た!山下監督汁が出まくりの逸品。
極端に台詞が少ないのに、泣かせるあの不思議な世界は
たった30分のドラマにもちゃんと健在。
そして真木よう子は、やっぱり天才的な女優なのだった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
井口昇が主役で真木ようこの出番が少ない(ヘタすると小林きな子より少ない)のは、週刊真木ようこのコンセプトとしてどうなのだろうという思いはあるが
まぁそれなりに見れるものにはなっている

ただ、何か起こりそうで最後まで見てしまうが、結局それだけで、何も起こらないので二回目とかはまず見ないと思う

しかし、30分に満たないドラマ一本と5分ほどのメイキングでディスク1枚はディスクの無駄使いな気がする
それで音声や画質を高品質で入れているならまだ許せるが片面一層だし

値段設定ももうちょっと安くてもいいのではと思う・・・
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 真木よう子に興味が有るので観たがつまらなかった。『週刊真木よう子』シリーズって真木よう子が主演という企画ですが、この作品の実質的な主演は井口昇で、真木よう子はあまり出てきません。インディペンデント系の日本映画によく有るだらだらした日常の一コマを描写した内容です(この作品はTVドラマだが)。無名俳優による普通の男女の平凡な日常生活を観ても面白いと思いません。山下敦弘監督はファンが多いのですが、評判が高い『リンダ リンダ リンダ』も面白いと思わなかったし、相性が良くないのかもしれません。俳優の演技は巧く、井口昇は冴えない男、真木よう子は普通の女子高生(台詞が無いが)を好演しています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す