週刊添い寝CDvol.08涼 初回生産分 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,890
通常配送無料 詳細
発売元: 背水堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

週刊添い寝CDvol.08涼 初回生産分 Limited Edition

5つ星のうち 4.6 36件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 3,470 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、スターライトメディアが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 週刊添い寝CDvol.08涼 初回生産分
  • +
  • 週刊添い寝CDvol.09隆弘 初回生産分
総額: ¥5,145
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2011/11/25)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Limited Edition
  • レーベル: BlackButterfly
  • ASIN: B005SMOY9I
  • JAN: 4560269473466
  • 他のエディション: CD
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 36件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 56,173位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

「週刊添い寝CD」とは、あなたが眠るまでの間、彼氏が添い寝をしてくれる疑似体験CDです。 全編立体音響効果のあるダミーヘッドマイクで収録。 あたかもあなたの耳元で囁いているようなリアルな感覚を体感して頂けます。 是非、ヘッドフォンやイヤフォンで楽しんでください。 2011年11月18日~12月22日の6週連続で全6枚リリースとなる第3シリーズ。 毎週発売される彼氏を全員集めるのも…… あなた好みの彼氏を見つけてみるのも……あなた次第です。 あなたの快適睡眠ライフのお供に。 第八弾は『気弱だけど一心にあなたを想う年下の彼』が登場。 彼との甘く優しい夜をお過ごしください。 ☆初回生産分には、ダミーヘッドマイクによるフリートークを収録。 なくなり次第終了となります。

アーティストについて

岡本信彦


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
安眠用に週刊で購入しました。
優しい、やわらかーい感じのちょっと若干頼りのない彼なのですが彼女のことを守ろうとしてくれるところにキュンときました。
しかし、個人的に聞き手(彼女)のことを「あなた」と呼んでいたのがとても気になりました。
ちょっと気弱な彼が彼女を呼ぶのであれば「きみ」の方が個人的には良いと思いました。
どのチャプターでも「あなたは〜」で、なんだか距離があるように感じました。
ときどき「あなた」であればよかったのかもしれませんが、しょっちゅう「あなた」連呼されてるよう感じて気になるとどんどん気になるループへ;

内容は良かったのですが、どうしても気になったので書かせていただきました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
添い寝は平川さん、吉野さん、鳥海さん、黒川さんを持っています。それらの添い寝CDは、格好いい男性と疑似恋愛のドキドキ感を楽しむという感じですが、今回の岡本さんの添い寝CDは、とにかく「可愛さ」で癒してくれます。これまでの添い寝CDの趣きとはちょっと違うという印象です。
しかし「可愛い」と言ってもあくまでもそこは男性、本当は自分がしっかり彼女を守ってあげたいという気持ち、また、しっかり一人の男性として、落ち込んでる彼女を癒してあげたい、年上の彼女が好きで好きで仕方が無い、という気持ちが伝わります。(その一生懸命さがますます可愛いのですが。)そういう意味では、年下といえど、甘えたいタイプではなく、彼女に甘えて貰いたいというタイプです。
乙女系CDは、どちらかと俺様系(添い寝の吉野さんもこれ)や、主人公を翻弄するタイプの男性キャラ(添い寝でいうと鳥海さんがこれかな)が多く、確かにそういうタイプの方がドキドキ感はあるのですが、振り回されるのではなく、自分に精一杯尽くしてくれる方が、癒されるような気がします。
その意味では、これまでの中で癒し度は一番高いかもしれません。特に仕事に疲れた社会人女性におすすめ。ドキドキ度は薄いので、☆は満点でなく、4つにします。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
演じている涼のキャラクターが、ラジオで聞いてイメージしていた岡本信彦さんのイメージに近くて、かわいくて優しかったので、私としては嬉しかったです。多分、このシリーズの中では、ソフトというかライトだと思うのですが、何度も聴くならこのくらいでちょうどいいです。彼女の設定が、一人で抱えて何でも一人で頑張ろうとする人、のようでしたが、まさに私自身がそうなので、すんなりと聞くことができました。誰にも頼らないから誰にも迷惑をかけていないし、一人で頑張っているのに誰も認めてくれない、感謝もしてもらえないという点で苦しむことが多かったので、岡本さんのセリフで「がんばっているね。」と聞いた時、恥ずかしいのですが、本当に涙が出てきました。一番誰かに言ってほしかった言葉なので。頑張りすぎて疲れている人には、励ましのCDになりますね。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
TIGER&BUNNYに登場する、折紙サイクロンことイワン・カレリンみたいな声です(^q^)
イワンくんが、好きな私は嬉しかったです♪
ちょっと頼りないけど、癒やしてくれます。
岡本さんGJです!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
あまり刺激の強い展開はないので、そういうのが聴きたい方向けではないです。
でも、可愛らしい声でひたすら励まして癒してくれるので、仕事などで落ち込んだ時や凹んだ気分の時は一番おすすめです。寝るためではなく、気分を落ち着かせるのを目的とすれば十分目的は果たせるかと思います。その点だと、森田さんのvol.9かこっちかの2択になるかと・・・。励まし>癒しだとvol.9で癒し>励ましだとこちらかと私は思いました。「ドキドキしたいとか思う余裕も無い・・・はあ。。。」みたいな気分の時は是非!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 みかみ トップ500レビュアー 投稿日 2011/11/28
形式: CD
CVが岡本信彦さん。
設定や岡本さんの声の感じから、年下くんの素直で従順な感じかなと予想していましたが、まさに。
予想を裏切らない内容でした。

逆にいえば、岡本信彦さんのイメージ=涼で、キャラに意外性もひねりもないのが物足りない部分もありました。
その意味で星3つとさせていただきました。
設定的には、ちょっと好き嫌いが別れるCDかなとも思います。
これまでがどちらかといえば、「相手の男に守られて眠る」という大半の女性のツボをついたストーリーが主軸だったように思うので、このCDは新鮮でもありますが、そのいわゆる王道?を求めていると、さっぱりあっさりしたように感じるかと・・・。

雰囲気の甘さも、キスの数も、他のシリーズと比べて少なめです。

コンセプトは、一途でかわいい、年下君。
ああ、可愛い。
こんな年下君彼氏がいたら、ああ、まさにこんな会話になるだろうなと簡単に自分を感情移入できてしまえました。

これまでのシリーズと比べて、全体的なつくりが女性主導で、まったく立ち位置が違うという点では面白いと思います。
あえて類似していたシリーズを探すとすれば、寺島拓篤さんのvol.4でしょうか。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー