通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
週刊東洋経済 2017年4/29-5/6合併号 [... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: ほぼ新品 | 詳細
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: Amazonアウトレットは、Amazon.com グループの一部ですので、Amazon.co.jpが発送やカスタマーサービス業務を行います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

週刊東洋経済 2017年4/29-5/6合併号 [雑誌] 雑誌 – 2017/4/24

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
雑誌
"もう一度試してください。"
¥ 740
¥ 425 ¥ 120
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 週刊東洋経済 2017年4/29-5/6合併号 [雑誌]
  • +
  • 週刊東洋経済 2017年4/22号 [雑誌](東芝が消える日 16万人の社員はどこへ行く)
総額: ¥1,430
ポイントの合計: 45pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



表紙・巻頭 『忍びの国』 大野智
『シネマスクエア vol.93』予約開始 こちらチェック

商品の説明

内容紹介

【第1特集】トヨタの焦燥 トランプ、次世代カー、ケイレツ 三つの難題
巨人トヨタも焦る自動車業界の激変
part1 北米市場の期待と不安
現地ルポ メキシコ進出 覚悟は本物か
COLUMN│グアナファト州に自動車メーカーが集まる理由
「米国に工場をつくれ! 」予測不能のトランプリスク
規制強化で金看板の「プリウス」に大逆風
part2 激化する開発競争
トヨタは読み違えたのか エコカー開発の危機感
(完全図解) トヨタを取り巻くライバルたち
「MIRAI」は未来を作れるか FCV戦略の理想と現実
トヨタとは4年で決別 かつての盟友テスラ大攻勢
モータージャーナリストがズバリ解説! トヨタのクルマは「いいクルマ」か?
part3 鉄の結束は盤石か
揺らぐピラミッド ケイレツ変革のアメとムチ
INTERVIEW│信元久隆●協豊会 会長(曙ブレーキ工業 会長兼社長)
INTERVIEW│伊原保守●アイシン精機 社長
新体制から再就職先まで全解剖 トヨタ人事を読み解く
買収攻勢で技術を蓄積 欧州部品大手がトヨタ攻略
OBたちが振り返る 私たちの「トヨタ論」

【第2特集】伝わる・つながるコミュニケーションの技法 芸人・アナウンサーに学ぶ 最強のコミュ力
INTERVIEW│又吉直樹●芸人「伝わる」文章の極意
INTERVIEW│立川談慶●落語家 ビジネスに生かす落語
INTERVIEW│フリーアナウンサー・魚住りえの会話が弾む聞き方講座
INTERVIEW│キャスター歴30年・橋谷能理子の信頼される話し方講座

【第3特集】永田町で議論百出 教育無償化 真の争点
大学の無料化で何が起きるか
「無料より大切」 本当の重要テーマ

ニュース最前線
01 笑顔引きつる米中首脳 北朝鮮めぐる駆け引き
02 数値目標なき中期計画 イオン改革待ったなし
03 ローソン玉塚会長 「電撃退任」の全内幕
04 事務機依存も限界に 名門リコーの袋小路
05 ナイキとアディダスがスポーツ女子に照準

深層リポート
口コミビジネスに異変 カカクコム優良児のつまずき
INTERVIEW 畑 彰之介●カカクコム社長 「新興勢力もグーグルもまったく怖くない」

この雑誌について

ビジネスリーダー必読の本格派総合経済誌


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: 東洋経済新報社; 週刊版 (2017/4/24)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B06Y6GPMCF
  • 発売日: 2017/4/24
  • 商品パッケージの寸法: 27.4 x 19.4 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Bitter and Sweet トップ1000レビュアー 投稿日 2017/4/24
形式: Kindle版
日本の新聞社には「トヨタに関するネガティブな記事は掲載しない」という不文律がある。
最近の事例では、「ミライ」の今年2月のリコールを日本の新聞は全く報道しなかった。
リコールの件はFTが報道している。また、WSJは日産の新型ノートとプリウスの加速性能に圧倒的な格差があることを報じている。
国内マスコミはトヨタを忖度して記事を書いているのである。
トヨタの実像に迫るには、本誌の記事を読むか英字新聞を読むしか方法がない。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 雑誌
 今年は、トヨタ・グループの祖、豊田佐吉翁の生誕、150年、またトヨタ創立80年という、トヨタにとって節目の年にあたります。
 速報では、トヨタの生産台数は4年連続で1千万台の大台を超えましたが、2016年度は、WVに僅差で抜かれ、世界第2位になったようです。
 トヨタにとって順風満帆のように思えますが、しかし自動車業界では、今100年に一度ともいえる大きな変革期を迎えています。
 それはCASEで説明できます・・・Cとはコネクテッド:ネットと自動車の接続、Aとはオート:自動運転、Sとはシェアー:自動車の共有、
 Eとはエレクトリック:電動化・・・。
 御存じのようにトヨタが、一番力を入れてきて、セールス・ヴァリューになってきたのは、HV!
 自動運転、電気自動車、さらには自動車の共有は、トヨタがあまり力を入れていなかった分野ですが、
 今やこの分野が今後の自動車産業の趨勢を決めるとさえ言われているのです。
 さらにトヨタには、トランプリスク、次世代カー、ケイレツ、という独自の問題も存在しています。
 国内を見ても、HVのプリウスが、日産ノートのe-powerに販売で負けるという局面も出てきています
 あまり大きな声では言えませんが、プリウスのデザインに問題があるのでは、と考える人も
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告