Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 380
(税込)
ポイント : 1pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[出口治明, 伊集院静, 林真理子, みうらじゅん, 町山智浩, 宮藤官九郎, 尾木直樹, 近田春夫, 土屋賢二, 宮崎哲弥, 柳家喬太郎, 東海林さだお, 益田ミリ, 桜玉吉, 伊藤理佐]の週刊文春 5月18日号[雑誌]
Kindle App Ad

週刊文春 5月18日号[雑誌] Kindle版

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 380
雑誌
"もう一度試してください。"
¥ 420 ¥ 80


商品の説明

内容紹介

■■■菊川怜と再婚IT長者・穐田誉輝には婚外子が3人■■■
「とくダネ!」で小倉智昭が絶賛したクックバッド元社長は
前妻と離婚後、2人の内縁女性との間に同時期に子供を……

■■■安倍一強崩し小池マドンナ14人奇襲■■■
・小池刺客は龍円愛梨、東大美人会計士、レゲエ歌手、同居秘書……
・安倍「都民ファーストは烏合の衆」菅「小池は落ちていく」
・下村都連会長とアモーレ弟の泥試合
・石原家お膝元は大苦戦
・安倍側近は本誌に断言「大負けはない。第一党を狙える」

■■■実録 老人を狙う甘え上手な詐欺師たち
サクラメールで一億円、未公開株で千六百万円…… 文・新郷由起■■■
警察庁によると昨年の“振り込め詐欺”の
被害総額は約三百七十八億八千万円にも上る。
ただ、高齢者の詐欺被害はこれに留まらない。
一通のメールをきっかけに、一億円も騙し取られるケースさえある。
ネットなどの普及で手口が多様化する、詐欺の最前線をルポする。

■■百年生きる「究極の長寿食」
百十七歳のモラノさんは九十年間毎日タマゴ3個!■■
牛肉、豚肉で動物性タンパク質/バナナや納豆も/
赤ワイン、コーヒー、チョコで抗酸化/
低糖質も大切/毎日同じ時間に規則正しくetc.

■■米朝もし戦わば「1時間で平壌制圧」元海自司令官らが断言■■
夜明けの数時間前、大量のミサイルが朝鮮半島上空を、直線飛行をせずに、
百キロから五百キロの距離を大きく迂回しながら飛んでいく。
米潜水艦・艦艇から一斉発射された巡航ミサイル「トマホーク群」だ。
攻撃目標は、南北の非武装地帯(DMZ)付近に布陣する
北朝鮮の砲兵部隊や、各地に分散して展開する弾道部隊である――。


●娘の結婚式も無視? 松田聖子、神田沙也加、男の趣味が違いすぎ
●ココリコ田中離婚、モデル妻を苦しめた別の顔
●休場巡り遺恨も、稀勢の里と親方のビミョーな関係
●仏大統領マクロン24歳上妻との“禁断のロマンス”
●今治親子殺傷 自殺した参考人女性の母を直撃!
●天才棋士・藤井聡太君に将棋以外の趣味を聞いてみた
●妊娠米、使用済み下着まで売買 メルカリを作った男
●阿川佐和子のこの人に会いたい 森山良子(歌手)

グラビア
●原色美女図鑑 広末涼子 撮影・熊谷直子

好評連載
出口治明/伊集院静/林真理子/みうらじゅん/町山智浩/宮藤官九郎/尾木直樹/近田春夫/土屋賢二/宮崎哲弥

※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 82012 KB
  • 出版社: 文藝春秋 (2017/5/10)
  • 販売: 株式会社 文藝春秋
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B06ZZVYFNH
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ロビーナ 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2017/5/12
形式: 雑誌
今までの常識をひっくり返す
「百年生きる究極の長寿食」の特集が勉強になった。

117歳で大往生したイタリアのエマ・モラノさんは
驚くほど偏食。若いとき虚弱で、医師に卵を勧められ、
毎日生卵2個+調理した卵1個=
合計3個の卵を、90年食べ続けて
野菜はほとんど食べなかった。

朝食はビスケットと牛乳or水。
ランチはミニパスタ入りスープと生ひき肉、
夜は牛乳だけで、果物は主にバナナ。
115歳までグラス半分の赤ワインを飲み続けた。

専門家の解説は「卵は、体内でタンパク質をつくるための
9つの必須アミノ酸を、十分に含んでいる。
生のひき肉からは、筋肉量を維持するタンパク質、
赤ワインからは、抗酸化物質のポリフェノールと
偏食だが、長寿に必要な栄養は摂れている」。

バナナでビタミン・ミネラルや
食物繊維も補えるから、それなりにバランスがとれていたのか。

日本人の例では一昨年、日本マスターズ水泳
100歳~104歳の部で、世界初の1500m完泳を
果たし、いまも泳いでいる102歳の
長岡三重子さんも偏食ぎみ。95歳から急に肉
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 雑誌
結構、面白い記事が多い。
しかし、例えば、頁123の「中動態の世界」とやらの本の著者が中動態を騙っている。中動態は、各種言語に今も残っているし、「哲学」と中動態とは全く関係がないだろう。少しは本を選んで紹介すべきである。
相変わらず出口治明はデタラメを書いている。出口によると、“「日本書」に「紀」がついて「日本書紀」になった言うのが今日の有力説です”。。。一体誰が、こんなことを言っているのだろうねえ。毎号、トンデモを書いているので、楽しみである。これは「出口の歴史冗談コラム」ですよね。文春様?

週刊新潮がスクープしている「疑惑の文春」ね。本当なら。。。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover