Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 400
ポイント : 4pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Kindle App Ad

週刊ニューズウィーク日本版「特集:プーチンのすべて」 〈2016年12/20号〉 [雑誌] Kindle版

5つ星のうち 2.3 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 400
雑誌
"もう一度試してください。"
¥ 460 ¥ 140

紙の本の長さ: 68ページ
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

タブレット端末での読書には無料アプリ Kindle for iPadKindle for Android をご利用ください。


商品の説明

内容紹介

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

特集:プーチンのすべて

世界を揺さぶる「最強の独裁者」プーチン
日ロ首脳会談の成否を握るその思考回路とは

特集 ◆プーチンのすべて◆
ロシア 世界を手玉に取るプーチンの本心
提言 ロシアとの交渉で成果を出すコツ
日ロ会談 北方領土、未完の戦後処理
外交 米ロ間に蜜月が訪れる日
ロシア経済 意外に底堅い? プーチノミクス
大統領 笑わぬ皇帝の多忙で孤独な日常
分析 黒帯プーチンの行動原理
プロフィール 「荒くれ者」神話の虚実
フォトエッセー 「新冷戦」の最前線はエストニア

【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES 孫正義から始まるお友達資本主義
TAIWAN 米台「首脳」会談が刺激する中国の怒り
SYRIA ISIS新報道官は影武者か
GERMANY 凶悪事件で沸騰するドイツの反難民感情
ITALY イタリアに山積するレンツィ後の難題
SOUTH KOREA 「弾劾」が物語る韓国政治の未熟
CHINA 「旧友」大使は意外に無意味?
TURKEY エルドアン娘婿とISISの黒い関係
ISRAEL 引き倒された黄金のネタニヤフ像
U.S. Affairs
ムスリム移民登録制度に日系人は警鐘を鳴らす
「 ピザゲート」はなぜ生まれたか
宇宙飛行士の草分けジョン・グレン逝く
Media
次期米国防長官の異名を「狂犬」と誤訳したメディア

【LIFE/STYLE】
Food 世界一の味はカジュアルに進化
Books 中国のSF小説を英語で読ませる男
Shopping ネットオークションで1ドル札を売ったら
Movies ゲイを怒らせたゲイ映画
Technology コンコルドを超える超音速機

【DEPARTMENTS】
Perspectives
Superpower Satire 解き放たれた禁断のビール
Good Science
Letters
RearView

この雑誌について

すぐに役立つ「知とライフスタイル」ナビ

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 44760 KB
  • 紙の本の長さ: 68 ページ
  • 出版社: CCCメディアハウス; 週刊版 (2016/12/13)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01N4D4GFL
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.3 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 雑誌
エリチンに指名されて突然ロシアの指導者に現れたプーチンとは何者か。 生い立ちから詳細に記述されている。 彼のKGBへの就職からドレスデンへの赴任も述べられドイツ語に堪能なのも記載されている。 夫人が精神疾患で離婚したことも報告されている。 しかし他書で指摘されているようなMI6の2重スパイであった疑いが詳述されていない。 ソ連崩壊時に英国へ脱出する経過も記載されていない。 エリチンもMI6の指揮下で動いていたと推測されている。 プーチンをクレムリンに送り込んだのはMI6ではないのか。 ソ連崩壊を仕組んだのはMI6やCIAではなかったか。 準備万端整えてシカゴボーイズたちがモスクワに乗り込み市場経済への移行に関与したのもロシアの資源を簒奪する予定であったという。 資源国ロシアは常に英米に狙われていたのである。 ヒットラーのバルバッサ作戦もソ連の土地と資源の略奪が目的であったとみられる。 プーチンがオルガルヒの野心を見抜いて国外追放してロシアの権益を守ったのは政治家としてすぐれた資質の持ち主であることを証明している。 彼の政治信条は柔道の精神だという。 米国の強欲な資源外交に対処できるのはプーチンを置いてほかにない。 中東の混乱もプーチンとトランプが協力して1%の金融寡頭勢力と戦い終焉させてくれるのではないか。 サウジ、カタール、イスラエル連合の敗北である。 
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
今週号の特集はプーチン。

謎に包まれたプーチンの実像に迫ろうとしている特集だが、それには約30ページが割かれていて、かなり本格的な特集と言える。
特に、プーチンの日常の過ごし方、交渉スタイル、柔道を介した人脈、人物史に紙面が割かれているが、どれも驚きの内容で、我々が一般的に描く「おそロシア」を指導する悪魔のような独裁者というイメージが大きく覆ると思う。
紙面で伝えられる実像は、まさに「
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 勝鬨橋 投稿日 2016/12/17
形式: Kindle版
ニューズウィーク日本版を読むためunlimitedを使っていましたが、突然対象外になった。運営が不安定すぎ。unlimited解約しました。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover