Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 400
ポイント : 4pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Kindle App Ad

週刊ニューズウィーク日本版「特集:トランプと世界経済」 〈2017年1/17号〉 [雑誌] Kindle版

5つ星のうち 3.0 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 400
雑誌
"もう一度試してください。"
¥ 460 ¥ 1

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

タブレット端末での読書には無料アプリ Kindle for iPadKindle for Android をご利用ください。


商品の説明

内容紹介

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

特集:トランプと世界経済

貿易戦争を煽り、企業活動に介入する「ビジネスマン大統領」
トランプ時代の世界経済とアメリカの行方は?

特集 ◆トランプと世界経済◆
予想 トランプが世界に巻き起こす大嵐
ビジネス トランプは本当に企業の味方か
自動車 フォード米国回帰の真相
雇用 シリコンバレーはアメリカを救えるか
課題 自由なくしてグローバル経済は栄えず
経済 トランポノミクスと新興国市場の展望
中国 「奇跡の成長」その第2幕は
主張 格差と寡占の拡大を革新的規制で防げ
視点 資本主義再生に本腰を入れるときだ

【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES オバマの支離滅裂な最終章
UNITED STATES 「情報機関嫌い」大統領のリスク
FRANCE 極右ルペンがトーンダウンした理由
ISRAEL ネタニヤフは汚職疑惑から逃れられるか
CHINA 中国の象牙取引禁止がアフリカゾウを救う?
EUROPE 欧州の命運を握る重大選挙
ASIA 民主化の行方が決まるアジアの注目選挙
SOUTH KOREA 新たな少女像が新たなアジアの火種に
Asia
JAPAN 日欧枢軸は自由の防波堤に
SOUTH KOREA 大統領弾劾で与党に逆風
CHINA 中国軍機が自衛隊機を尖閣上空から追放?
People
英女王の体調不良で「次は?」のざわめき

【FEATURES & ANALYSIS】
安全保障 米中衝突のカウントダウンが始まる
イギリス ブレグジットに翻弄される移民たち
社会 ロシアの医療は破綻寸前
健康 気付いてますか室内空気の殺人的汚染
犯罪 「セックストーション」に怯える少女たち
科学 タブーな悪態と脳の意外な関係
生態 あなたの家にもいる小さな同居人

【LIFE/STYLE】
Music ついに公開されたパープルの聖地
Relationship 似た者夫婦を科学で解き明かすと
Movies 下品でかっこいいデ・ニーロが絶妙
Movies ナチス戦犯を追った男の物語
Alcohol スペインのワイン産地に新しい風

【DEPARTMENTS】
Perspectives
Superpower Satire 「鉄のお碗」に殺到する中国の若者
Picture Power チャベスが遺したどん底国家
Letters
RearView

この雑誌について

すぐに役立つ「知とライフスタイル」ナビ

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 44490 KB
  • 出版社: CCCメディアハウス; 週刊版 (2017/1/11)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01N7HCILL
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 オーネスト. H. トップ100レビュアー 投稿日 2017/1/12
形式: Kindle版
僕がアメリカ人だったら、トランプが大統領になってしまったことを受け入れられなかったと思う。

だからといって、揶揄ではなく、トランプがどのような社会を作ろうとしているのかについて、もう少しきちんと分析した記事があっていいと思う。

同時に、他の評者も指摘しているように、ニューズウィークの中国に対する、甘い見方はどのような事実に基づいているのだろうか?
中国語版を抱え、かなり中国寄りの記事を載せてきたワォールストリートジャーナルですら、一昨年頃より方向転換し、中国の経済の先行きの不透明性や、米国企業の中国進出に対する警告、南シナ海進出において中国の無法ぶりを指摘しているのに対して、ニューズウィークでは中国経済は順風満帆、政治は透明性を増し、このままほっておくと全て世は事も無しですべてが丸く収まるので、他国は一言も口をだすべきではないという論調で、その楽観論に驚きを超えて、唖然としてしまう。

なんとか元の暴落を抑えようとして、海外へのお金の流出を抑えようと、中国で働いていた個人の僅かな金融資産の流出ですらあの手この手の手段で妨害している中国経済の現状や、空母(ナメクジのように遅い)をちらつかせて周辺国を脅しまくっている実態をここまで無視して記事にするとは、中国政府のお金がどれだけニューズウィークの記者や編集部に流れ
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 akrtmd 投稿日 2017/1/18
形式: 雑誌
米国は従来の中国一国主義から台湾独立へと舵を切ったようである。 トランプは国交のない台湾と外交関係を結ぼうとしている。 中国の東シナ海や南シナ海への牽制と考えられる。 日本、台湾,、フイリッピン列島で中国の太平洋への進出を食い止める意図のようである。 米国のパトロール船を中国が攻撃すれば米中戦争となる。 中国の潜水艦はすべて捕捉され、シナ海の海上基地は崩壊する。 台湾上陸も米軍に阻止される。 海南島も台湾領になる可能性が高い。 中国の空母も低速なので実戦には無力と見られている。 米国の圧倒的勝利である。 原爆は中、露、米ともに使用しない秘密協定を結んでいるのではないか。 中国が核の先制攻撃をすれば米国の原潜からの報復攻撃で北京、上海は一瞬に消滅する。 中国はニューヨークやシカゴ攻撃の原潜はまだ配備できていないのではないか。 習金平は核戦争に踏み切るほど無謀ではないとみられる。 第3次世界大戦はシリアから始まるのか東シナ海からか。 通常兵器による限定戦争と考えられる。 現代の世界の指導者は核戦争だけは避けるという良識を持っているようである。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
トランプの大統領就任式を日本時間で今夜、1月20日に控え、タイムリーな企画であった。1ヶ月後に、この特集のフォロー記事を見たい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 shatton 投稿日 2017/1/28
形式: Kindle版
面白い内容でした。
トランプ大統領の今後の行動が楽しみです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover