連続テレビ小説 まれ 完全版 DVDBOX1 がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 12,800
通常配送無料 詳細
発売元: エブリカムstore 【代引き・コンビニ決済可・即日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

連続テレビ小説 まれ 完全版 DVDBOX1

5つ星のうち 2.5 19件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 12,312
価格: ¥ 9,219 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,093 (25%)
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 9,219より 中古品の出品:5¥ 8,680より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 連続テレビ小説 まれ 完全版 DVDBOX1
  • +
  • 連続テレビ小説 まれ 完全版 DVDBOX2
  • +
  • 連続テレビ小説 まれ 完全版 DVDBOX3
総額: ¥42,964
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 土屋太鳳, 大泉洋, 常盤貴子, 葉山奨之, 小日向文世
  • 形式: Color, Dolby
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 3
  • 販売元: NHKエンタープライズ
  • 発売日 2015/08/21
  • 時間: 540 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.5 19件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00YP4Y6QG
  • JAN: 4988066211645
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 53,428位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

"「地道にコツコツ」がモットーで夢嫌いのヒロイン・津村 希が、能登&横浜を舞台に、
自分の原点だった「ケーキ職人」の夢を取り戻し、世界一のパティシエを目指し成長していく物語-。"

"★土屋太鳳 主演!(NHKドラマ多数出演、「大河ドラマ 龍馬伝」「連続テレビ小説 花子とアン」「連続テレビ小説 おひさま」など)
  連続テレビ小説ならではの豪華キャスティング!"
★最高視聴率22.7%を記録!(2015年6月1日現在/ビデオリサーチ・関東地区調べ)

"【物語】
津村希は、「地道にコツコツ」がモットーで、夢嫌いな女の子。
幼いころ、父が事業に失敗し、夜逃げ同然で、一家で石川県能登地方へ引っ越してきた。
仕事も恋も堅実第一だった希は、様々な出会いを通して、自分の原点だったケーキ職人の夢を取り戻し、
世界一のパティシエを目指して横浜で厳しい修業に挑む。
やがて、パティシエとして成長した希が選んだ道は―。"
"【作】篠﨑絵里子 【音楽】澤野弘之 【語り】戸田恵子 

【製菓指導】辻口博啓

【制作統括】高橋 練 【プロデューサー】長谷知記
【演出】渡辺一貴 一木正恵

【出演】
土屋太鳳 大泉 洋 常盤貴子 葉山奨之
鈴木砂羽 篠井英介 塚地武雅 ガッツ石松 板尾創路 ふせえり 中川翔子 
山﨑賢人 清水富美加 門脇 麦 渡辺大知 高畑裕太
小日向文世 /草笛光子 /中村敦夫 / 田中 泯 田中裕子 ほか

【内容】
第1週 「魔女姫バースデーケーキ」  第2週 「告白シュークリーム」
第3週 「卒業ロールケーキ」  第4週 「さよなら桜もち」
第5週 「情熱ミルフィーユ」   第6週 「母娘キャロットケーキ」

■映像特典
 ・内容未定
■封入特典
 ・特製ブックレット
○2015年3月30日~5月9日 NHK総合テレビで放送

ドラマ/セル/本編540分+特典/16:9LB/ステレオ・ドルビーデジタル/片面二層/カラー/3枚組/ブックレット付

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

「地道にコツコツ」がモットーの少女が、世界一のパティシエを目指す姿を描いたドラマのBOX第1弾。夢追い人の父・徹のせいで夢を追うことが嫌いな女の子・津村希。父の事業が失敗し、夜逃げ同然に能登の漁村に引っ越すことに。第1週から第6週を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

はっきり言って駄作どころか凶作ですね(笑)この脚本を書いた篠崎さんという方は、市役所職員さんや漆職人さんやパティシエの方々に謝罪していただきたいです。 漆は上さえきちんと塗ればごまかせる?はぁ?何言ってんの?篠崎さんはちゃんと取材した上で書いたんですか?漆って下地を粗末に塗ると、どんなに上辺だけ丁寧に仕上げたって凸凹になって売り物にならないのを知らないんですか?これだけ凶作ででたらめばかりのオンパレードだったドラマは朝ドラ史上初めてです。

受信料半年分返してもらいたいですね。篠崎さんは一から脚本家としての勉強をし直すべきです。買うに値しない作品です。
コメント 77人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
世界一のパティシエになる!という壮大な夢を主人公に抱えさせた割には、パティシエの修行期間がたった4年とか…、ナメすぎ。仮に超絶な才能があったにしてもね、短過ぎる。
修行シーンもほとんどなく、恋愛メインとなり、だらだらの妙な四角関係に陥り…、意味のないただのドタバタに時間をさく演出。
遠距離結婚などと、主人公も彼氏(旦那)も、お互い修行中の身ではあるし、修行、精進が必須な専門職についていながら、いずれも、そのように中途半端になり、旦那を支えると行って、修行途中だが、能登に帰ってしまう。
そして、双子妊娠、出産と…。たかだか30年前後の人生にあれこれと詰め込みすぎ。性急すぎる内容だ。
大家族(血縁のない他人家族)とのキズナってやつを演出したい為だったのか、みな、能登でいつまでも同じ家に居座っている。各々成人し結婚までしているのに独立せず、世帯も一緒の不自然さと気持ち悪さ。主人公にしても、無理に20代くらいの中で、恋愛、結婚、出産、子育て、店の開業とめまぐるしく入れなくてもよかったんじゃないかと思う。
主演の、土屋にしろ、山崎にしろ、実年齢も、まだ若いので、結婚はともかく、出産、子育てとなると、当然ながらリアリティに欠け、家庭、家族といっても、どこそこ、ママゴトじみている。
父親、母親というよりも、近所の優しいお兄さん、お姉さん
...続きを読む ›
コメント 64人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
何を伝えたかったのか?
よく「あまちゃん」と比べられますが、全然足元にも及ばない作品ですね。
あちらのヒロインは、不器用ながらも、まさに「地道にコツコツと」一つずつ壁を乗り越えていました。
が、まれの場合はどうでしょう?
パティシェ修行も半端。おかみ修行も半端。製菓学校もフランス留学も未経験。本場の味も知らないのに、いきなり本格フランス菓子の店?
もう、訳が判りません。
また、たびたび出てくる紙芝居が謎。
あれでは孫達がお祖父ちゃんを馬鹿にしても、決して尊敬出来る内容ではありませんよね。
しかも、周りも誰も止めないで笑っている。
まぁ、確かにどうしようもない男でしたけど…(笑)
これ、出演者は全然悪くないです。
脚本や演出が行き当たりばったり過ぎて、やけになってしまったとしか思えない作品でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
職場のテレビで毎日見てましたが、ヒロインの『希(まれ)』がどうも『身勝手』過ぎて、『夢』が嫌いという自己中な性格面が全く好きではありませんでした……☆また自分が認めるまでしつこくつきまとったりする所も何だかイラっとした事も何度かありました!

ちなみに自分ヒロイン役の『土屋』自体は別に嫌いではありませんが、前の『花子とアン』と『るろうに剣心(2014年実写版)』に出ていたのがとても良かったです♪
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
どうにかならなかったの、ストーリー的に。ただただ雑な感じでした。
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 名無し 投稿日 2015/10/10
星の1つも付けたくない駄作。
まず、主役が厚かましいうえ、完全な
ヒールヒロイン。地道にコツコツは嘘っぱちで
男に溺れ、パティシエ修行は、おろそか。
フランス行きも蹴っ飛ばす。
主役演じてる人も、製菓練習もせず、
エアー演技でつまみ食いばかりして、
アンパンマンのように太る。
脚本家の糞さと主役の糞演技を
上手く調理した最低の駄作。
こんなもの買ったら、金をドブに
捨てると同じ。
1 コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 devidead トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2015/10/21
本作メインとなった時代、21世紀初頭に朝ドラは行き詰っていた。
バブル期の中流家庭を扱った「青春家族」以降、現代モノが増えたが世の中が便利になり女性の社会的立場も向上する等、
外に「壁」が無くなり、一方ではバブル崩壊による不景気など女性も小さく纏まるようになってきた。
ヒロインのやる気だけが争点になると民放ドラマ1年分のボリュームを支えるには
脚本家に並大抵ではない力量が必要で連続テレビ「行間スカスカ」小説が大量生産される事になったのだ。

本作も導入で「夢アレルギー」という設定の捻りはありましたが希がさかんに口にする「地道にコツコツ」を
ドラマとして面白く魅せるのが一番、難しく、ヒロインが市役所に就職してからの展開が製作側の力量が問われるところだった。
結果は「能登の風景」「W田中や紋次郎といった行間を埋めてくれる役者の力量」といった
放映開始時の僅かな貯蓄を使い切ると後は突飛なだけの展開と人物描写の羅列。

バブルの再現的内容でヒットした「あまちゃん」(大々的な再放送や設定の類似等)にあやかろうといった
安易な発想で制作されたのだろう。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す