通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
連合赤軍「あさま山荘」事件―実戦「危機管理」 (文... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 比較的状態が良く、目立ったキズなどはありません。中には書き込みがあるものもございますが、文章を読むのに支障はありません。Amazonより迅速に発送されます。Amazon倉庫にて保管しているので在庫切れはございません。【注文後24時間以内に発送】【クレジットやコンビニ払いも可能】【速達可能】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

連合赤軍「あさま山荘」事件―実戦「危機管理」 (文春文庫) 文庫 – 1999/6

5つ星のうち 4.1 43件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 586 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 連合赤軍「あさま山荘」事件―実戦「危機管理」 (文春文庫)
  • +
  • 日本赤軍とのわが「七年戦争」―ザ・ハイジャック (文春文庫)
総額: ¥1,275
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

死者三人、負傷者二十七人。動員警官十二万人。十日間に亘った事件を当時最前線で指揮を執った著者が詳細に再現したドキュメント

内容(「BOOK」データベースより)

死者三人、負傷者二十七人、動員された警察官のべ十二万人、報道陣六百人。テレビ中継の視聴率は史上最高を記録。厳寒の軽井沢の山荘で何が起きたのか?当時現場で指揮をとった著者のメモを基に、十日間にわたって繰り広げられた戦後警察史上最悪の事件の一部始終を克明に再現した衝撃のノンフィクション。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 349ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (1999/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167560054
  • ISBN-13: 978-4167560058
  • 発売日: 1999/06
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 43件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 83,829位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
名前は良く聞いていましたが、実際のところ「あさま山荘事件」がどんな物だったのかわからなかったので読んでみました。

あくまでも著者本人の視点であることを頭の片隅に置きつつ、団塊の世代の人たちのやっていたことやその思想を知ることが出来たように思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
危機管理の勉強になりました
昔、警視庁の機動隊に就職したかったけど 地元で消防士やってます
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
命令 指揮系統 組織の使い方など学ぶには良い教材と思います。私も勧められて読みました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
私は「あさま山荘」事件の時はまだ生まれていませんでした。
最近になって、「あさま山荘」事件の事を知り(私は20になっていないです)、
知らなければならない出来事であると思いました。
そして、たまたまアマゾンでこの本を見つけました。
この本を読めば大体の「あさま山荘」事件の事は分かります。
詳しく知りたい方も、何も知らない方もこの本を読んで、この当時の社会情勢の事を知った方が良いと思いました。
また、改めて左翼は本当に恐ろしいと思いました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
日本の高度成長も大詰めを迎え、国民が札幌の「日の丸飛行隊」の快挙に酔いしれていた頃、軽井沢の酷寒の山中で、腹背に敵を抱えて凶悪テロ犯に立ち向かった組織がありました。

爆発物処理班に、種馬に種付けをする技官の半分の危険手当しか支給されず、窒素凍結法も事務官・技官の対立で配備が進まない中、連合赤軍は警察官の家族に小包爆弾を送りつけて爆殺し、官邸・警察署の周辺に時限爆弾をばら撒きました。

左翼の弁護団は、説得する気もないのに警察に強訴し、警察から説得を許可する代わりに確認書に署名せよと言われると拒否し、警察は説得を拒否した「山狩り集団」だと喧伝しました。

マスコミは、警官に殉職が出れば「警備失敗」と書き立て、赤軍派に死者が出れば「過剰警備」と罵りました。部下の殉職に指揮官が涙を流せば「男が山中で泣いて女々しい」と書きました。

旧社会党の議員は事件後、連合赤軍はたった5人で「1400人」の警官と戦った、革命は近い、と喧伝したそうです。

警察は、こうした四面楚歌の状況下、本気で自分達を殺そうと思っているテロ集団に対し、彼らを一人も殺さないで逮捕するという、非常に困難な任務に直面したのです。

その結果警察官が得たものと言えば、同じ時間に同じ場所に詰めていた報道関係
...続きを読む ›
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 dubnobass 投稿日 2014/6/26
形式: Kindle版 Amazonで購入
独自の無線回線と指揮連絡系統を確立する経緯などは、一読の価値がある。いっぽうで、こういった独善的な人物でなければ危機管理という仕事はできないのだろうとも思う。勧善懲悪的な価値観で執筆された、とてもわかりやすい本である。悪く言えば年寄りの自慢話の類である。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 はらたいらさんに全部 トップ100レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/3/2
形式: 文庫
 あさま山荘事件と言っても、現在は「昭和の出来事10大事件」のごときテレビ番組でしか触れられないでしょうが、その事件解決の指揮を最前線で執った佐々淳行さんのこの著書は、第三者ではない当事者(と、あえて言います)としての目線を持って書かれたという点で、極めて希有なものであります。
 事件の処理に当たっては困難の連続といえます。本来事件の処理は長野県警の管轄。そこへ上司であった「カミソリ」後藤田警察庁長官の鶴の一声「君、ちょっと行ってな」で長野県警の指揮に「相乗り」。人質の救出は絶対、犯人は生け捕りにし、銃器使用の判断は現場では行えない等々、よく解決へ導いたものだと今更ながらに思います。
 テレビ映像でもおなじみの山荘への突入と、映像には映らない現場指揮の生々しい描写はこの本のハイライトと言えますが、それと同じく興味を惹かれるのが突入以前の描写。もう帰宅しようと思っていた矢先の事件の一報。長官とのやり取り、長野県警との作戦会議、突入準備段階でのあらゆる項目のチェックチェックチェック…。これらの記述は現実感を増すだけでなく、指揮官たちの、警察官一人ひとりの、事件を解決しようとする信念を見せられているようで圧倒されます。
 ともすればこういった事件の詳細は歴史の闇に埋もれやすく、また「お役所」お得意の「秘」の陰に隠れやすいともいえます。映像には残りにくい場所で命を賭して戦った警察官たち。火中の栗を進んで拾いに行った人々の、埋もれさせてはならない記録です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー